So-net無料ブログ作成
検索選択

睡眠時間の意外なデータ [生活のワンポイントアドバイス]

元電通キッカー!藤沢教授のメルマガシェアです。

今日は、誰でも、きっと一度は自慢したことがある
お話だと思います。

それではどうぞ!!!
__________________________
ワシントン州立大学の研究チームが発表した
睡眠に関する実験結果によって、
とても興味深いことがわかりました。

2週間の間、毎日6時間しか寝なかった人と、
2日間徹夜をした人が、脳波や心理テストにて
ほぼ同じ結果になったのです。

本人達が体感する身体の状態は、
明らかに違います。

私自身も、6時間未満の睡眠が続く時と、
徹夜した時の体調を比較すると、
徹夜の時の身体のダメージの方が
圧倒的に大きいように感じています。

しかしながら、私達が気付かないところで、
睡眠不足が身体のどこかを蝕んでいる、
ということがわかったのです。

また、Fitbitのビックデータ(40億件)でも、
健康を維持するには、
 7時間以上寝ることが重要である」

ということが、科学的に立証されました。

世の中には、明石家さんまさんのように、
ショートスリーパーの方
(短時間睡眠でも十分に元気な方)が
いらっしゃいます。

私も、さんまさんとお仕事させていただきましたが、
連日の寝られないハードスケジュールの中、
楽屋でもスタッフを笑い転げさせるエネルギーには、
圧倒されました。

ただ、あのような力は
特別な体質の方だけに与えられたもので、
一般的には、7時間熟睡するのが理想だ、
ということですね。

6月上旬、私は投資を学ぶために、
睡眠時間を大幅に減らし、平均、
2-3時間睡眠で頑張っていました。

しかし、日中に眠くなってしまったり、
集中力が突然途切れてしまうなど、
身体が少しずつダメージを受けていることを
感じていました。

人生を変えるためには、
一時的な負荷は致し方ないですが、
それはそのまま、一番大切な「健康」を
害してしまっているということを
認識しなければいけませんね。

日本人は特に、
「寝てない」自慢をしがちなので、
それはそのまま、命に関わることだと
理解すべきだと感じました。


追伸1;
投資を学び続けたことが実を結び、
昨日のFOMCは、100pips以上取れました!
そして、本日も順調です!

私に基礎から応用まで教えてくださる先輩方と、
共に戦う仲間達に感謝です^^


追伸2;
本日の写真は、子供達の
「寝顔」コレクションにしました^^

http://bed-ex.jp/Lcc67306/715931


◆社長ブログランキング、応援をお願いいたします!

あなたの応援によって、
日々、一生懸命書き綴ることができています!

本日も、こちらからバナーをクリックして、
応援してくださいね^^

http://bed-ex.jp/Lcc67306/815931


これからも、有益な情報をお届けしていくことを誓います。

いつも、本当にありがとうございます!!



藤〇涼
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: