So-net無料ブログ作成
検索選択

『実るほど頭を垂れる稲穂かな』 [生活のワンポイントアドバイス]

メールタイトル

という言葉をご存知でしょうか?

私も大好きな言葉の一つです。

この意味はネットには
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
稲が実を熟すほど穂が垂れ下がるように、
人間も学問や徳が深まるにつれ謙虚になり、
小人物ほど尊大に振る舞うものだということ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と書かれています。

私の実体験に照らし合わせるなら
「成功している人ほど腰が低い」
と表現しておきたいと思います。


今まで私がお会いしてきた成功者の方々は
ほとんど全員、腰が低く、丁寧な喋り方で、
とてもスマートな立ち振る舞いをしています。
(たまに例外もいますが 笑)



例えば、数十社のグループ会社を持つ会長さんは
「今度また是非遊びましょう」
と気軽に言って下さいます。

「俺と会えるだけで凄いことなんだぞ」
というような雰囲気が一切なく、
とてもフランクです。

実際、お会いするだけで凄い方なのですが・・・


ある年収4億円社長は、
カフェで店員さんがコーヒーをこぼしたのが
服にかかってしまったのに、
「いや~そろそろクリーニングに出そうと
思ってたから丁度良いきっかけになったよ。
はっはっは!」と笑っていました。


ある東大卒の社長さんは
「東大卒業するとはスゴいですね」
という周りの言葉に
「いや、東大卒は年間何千人もいるんですよ。
それよりもスポーツ選手とか芸能人のほうが
倍率は高いし、熾烈だと思いますよ」

と、言って高学歴をひけらかすことはありません。


他にも、ここでは言えないような
大物の人とお会いするのですが、

【本当に偉い人ほど偉そうな態度をしません】

これは、本当です。



逆に、小物の人ほど横柄な態度を取ります。

喋りも乱暴ですぐに逆ギレします。

自分勝手で他者責任。

「詐欺」
「返金」
「保証」
「権利」
「一か八か」

のような言葉を連発します。


私も色んな方とお会いしたり
喋ったりしていますが、

本当にその人の言葉の節々に、
「人間としての器のレベル」を
垣間みることが出来ます。


『成功者になりたいのなら成功者のマネをしろ!』

よく聞く言葉です。

私もその通りだと思います。


成功者の人達が腰が低いのなら
私も含めて皆、腰を低くするべきだと思います。

横柄な人は嫌われます。

少なくとも私は嫌いです。


丁寧で、且つ、キレイな言葉を使っている人が
成功している事実。

その事実を見据え、
私も実践していきたいなと思っています。



あなたもご参考にされてみて下さい。



最後までお読み頂きありがとうございました。



PCが無くなる時代が、そこまできてますよ?! [生活のワンポイントアドバイス]

これまでは
インターネットで稼ぐといえば・・・


文章を書くライティング能力が優れている人、
資金力がある人、分析力を活かした人が
難しいシステムを駆使して稼いでいました。


1800年~1900年の100年と
1900年~2000年の100年
そして・・・
2000年~1010年の10年間

どれが一番変化が激しいと思いますか?

何となくわかりますよね?

いやなんとなくじゃなく

確実にわかりますよね!



そして時代はさらに、
この3年で大きく変わりました。


国内のスマートフォンの普及率は
現在49.7%に膨れ上がり
約1年前では36.9%だったので、


わずか1年間で12.8ポイント
伸びていることになります、


ということは、
二人に一人がスマートフォンを利用する
時代となっているわけです。


逆にパソコンの出荷台数は国内に留まらず
世界的に減少の一途をたどっています。


毎日電車に乗る人は
一目瞭然で分かると思いますが
パソコンはおろか新聞や雑誌を広げている人
さえ少数派です。


多くの人が情報のソースをスマホまたは
タブレットから入手しているのです


つまりこれは、
何を意味するかと言えば・・・

スマホで稼ぐ時代が目の前に広がっている
ということなんです。

⇒ http://nmq.y-ml.com/_cs?m=sosial&c=2986&u=23243

今後10年後のことを考えたら、
戦略としてPCを捨てても良いぐらいです。

ぜひともスマホ王国のビジネスを攻略して下さい。




死の宣告を受けた時のリアルな出来事 [生活のワンポイントアドバイス]

今日は、山田様のリアルな出来事を紹介させて戴きます。


それではぞうど!!

今日は、17年前に命がけで悟ったことを伝授します。

大げさでなく、
自分の人生がグルッと180度変わったのです。


1999年当時、私はものすごい腹痛に耐えられず、
病院に駆け込みました。

私は、午前中に診察が終わったら、
会社に行くつもりでした。


医者「とんでもない。午後も精密検査しますよ。」


私「エーッ」


精密検査後。

医者は、難しい顔で

奥さん、ご兄弟、家族の方を呼んでください。

一緒に話をしましょう。」


私「あの、会社は、、、、、」


医者「なにも言っているのですかあ!

命の問題です。

医者として、許可しません。」


びびりますよね?


その夜、医者は私たちに言いました。


医者「大腸が悪い、とても悪いです。」


私「大腸がんですか?」


医者「そうかもしれないですね。

早急に手術します。」


絶望。


私は、死の覚悟をしました。


「俺は死ぬのや。」

激しい後悔がわいてきました。

「俺は、人生でやりたいことの半分もしていない。

いや、10分の1もやっていない。」

「俺は、周囲の人間が喜ぶようなレールに敷かれた人生を歩んでいる。

しかし、死を前にして、
周囲の人間の思惑なんかクソみたいなものや。

他人にどう思われても自分の生きたいように生きるべきやったんや。」

「俺は生きたか?俺は愛したか?」


絶望的なほどの深い後悔、悔恨。


私の知ったこと。


「人間、『やったこと』は後悔しない。」

「人間、『やってしまったこと』は後悔しない。」

「人間、『やらなかったこと』を後悔する。」


死の前になって、人間が後悔するのは、『やらなかったこと』です。

これ、他のひともそう言っているので、ほんとです。


私、『やってしまったこと』は、
まったく後悔しなかったです。

警察学校を一ヶ月で辞めたり、
暴力である人を病院送りにして、大問題になったり、、、。

問題のある人間(笑)でしたが、
『やってしまったこと』は、まったく後悔しなかったです。


死の前に後悔したのは、
『やらなかったこと』です。

せっかくの一度の人生、
やりたいことをやりまくる人生のほうがよい。


「石橋を叩いても渡らない」慎重な人は、
死の前に激しい後悔をします。


幸いにも生を得て、退院した私。

こう思いました。


「もう、『人間の山田』は死んだのや。

ほんとに死んだのや。

これから生きるのは『鬼の山田』や。」


やはり、死を間近に経験した人間は強いですね。

それからの私は、なにも恐くなくなりました。

だから、行動、行動、行動です。


たまに

「先生、すごい行動力ですね。

どうしたら、そんなに動けるのですか?」とか

聞かれます。


私「一度、死んでみな!」


それは、ちと、無茶ですね。


でも、ウジウジと悩んで行動できない人。

大きな後悔とともに人生を閉じることになりますよ。


これは、実体験からの言葉なんです。

「必死の力、必死の心」を授かった私の魂の叫びなんです。


行動しないといけない。


「迷ったら、やらない」
という小さな人間になってはいけない。


そら、失敗は少なく成るだろうけど、
後悔しまっせ。


「迷ったら、やる!」です。


好きな女性がいる?


それなら、「当たって砕けろ!」です。


「ふられたら、どうすのですか?」


大丈夫、なにもならない。

後悔もしないよ。


逆になにもしないと死ぬ前に

「あのとき、◎◎ちゃんに想いを伝えていたら、、、」
とか考えながら、死んで行くのです。


おなじように

なにか「やりたいなあ」と思ったら、

やる。


「そうはいってもなあ、、」とか言わない。


なにか「ほしいもの」があったら、

手に入れる。


「そうはいってもなあ、、」とか言わない。


「迷ったら、やる!」





最後に大好きな詩を。

これは、ケンタッキーの無名の85歳のおばあちゃんが作ったそうです。






もしも人生をやりなおせるなら、、、、、、、


つぎの人生ではもっとたくさん失敗したい


よけいな力はぬいて

いつもリラックスしたい



自由に生きたい

柔軟に生きたい


そして、

おかしなことを

たくさんする




もう、なんでも、

ものごとを

生真面目にとるのはやめる




チャンスには

何度でも

あきらめずに

挑戦する!



もっともっと旅にでて

もっともっと山に登り、

もっともっと河で泳ごう




好きなだけアイスクリームをたくさん食べて、

無理して、豆類をたべるのは

やめよう!



きっと現実でのトラブルは多くなるだろうが、

不安や思い過ごしは少なくなるに違いない




ごらんのとおり、私は時を日についで、かしこく、清らかに

生きている大衆のひとりだ。


いつもコツコツと

清らかに

まじめに生きてきました






ああ、そんな私の人生にも

生きる喜びを

感じた瞬間が

ありました





もし、もう一度、

人生をやりなおせるなら、

あんなひとときが

たくさん欲しい


それだけでいい、

ほんとうにそれだけで、

あとはなにもいらない




ただ、長生きするために

今日を過ごすのではなく、

一瞬一瞬を大切に

生きる


ひとつ、またひとつと、ただそういう自由な瞬間のみを。




私は、温度計魔法瓶や、レインコートや、パラシュートを持たずには、

どこへも行かない人間だった。


もし、もう一度、生きられたら、

私は、身軽に旅することだろう。


もう一度、生きることができたら、

まだ、早春のうちに裸足で出かけよう。

そして、晩秋になっても、大自然のなかにとどまっていよう。




もっとダンスをしにいこう。

メリーゴーランドにもっと乗ろう。



そして、ひな菊をもっと摘もう!



_____________________以上



本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

迷惑です!!間違った努力はやめてください!! [生活のワンポイントアドバイス]

不快なタイトル失礼しました



夏の甲子園に代表されるように、

日本は「努力と根性」を過大に評価し、

過酷な状況を乗り切る姿が美しいとされます。



連日連投で延長戦も投げ抜くようなピッチャー、

炎天下で倒れそうになりながら走る外野手、

そんな彼らの姿を、全員が讃えます。



私も、彼らの努力をテレビで見て、

感動し、元気を頂きますから、

その感情は理解できます。



しかしながら、

彼らの未来のことを真剣に考えると、

もう少し違う判断があっても良いと思います。



未来に偉大なプロ野球選手になり、

メジャーでも活躍する可能性がある選手が、

この環境によって芽が潰されるリスクもある、

と感じるのです。



ですから、身体を休めるために、

試合の一部は空調の効いたドームを活用したり、

ピッチャーの連投を制限するなど、

もっと選手のことを考えた議論を

積極的にしていくべきだと思います。



会社員の長時間労働が評価されるのも、

同じ理屈だと言えます。



プライベートを削って、

会社に身を捧げる人こそが、

どんどん評価されていく。



サービス残業も厭わず、

すべての時間を仕事に使う人こそが、

しっかり休みを取る人より昇進する。
※もっとひどいのは、それで評価されないブラック企業も
 たくさん存在します。
 私は、43歳、転職歴8回ありますが、
 一部上場企業企業含め、みんなブラックばかりでした・・・
 
話を戻します(笑
そんな風土が、まだまだ残っています。


私は、努力することを

否定している訳ではありません。



ただ、努力の仕方を、

見直すべきだと思います。



大切なのは、



「長時間やること」


「寝ないでやること」


「自分の人生を削ること」



ではありません。



「効率的に、要領良くやること」



なのです。



私は、あらゆる予定の前に、

プライベートの予定を組みます。



「どこで食事をするか」


「どこに旅行をするか」


「誰と会うか」



人生を豊かにするために、

自分の人生を生きるために、

自分の幸せをとことん考えます。



そして、その時間を確保するために、

仕事を効率的に実践していくのです。



先進国の多くが

平均睡眠時間が7時間を超えているのに、

日本は6時間台だという調査があります。

(サノフィ・アベンティス睡眠実態調査等)
※ちなみに私は、3時間前後です。
 鬱病が発症し始めているのか?
 すぐに目が覚めてしまうのです・・・・

高い集中力を維持するためには、やはり、

しっかり睡眠をとることが大切です。



一部、ショートスリーパーの方もいますが、

それは特定の方に与えられた「ギフト」です。



一般的には、

7時間程度の睡眠確保が重要なのに、

それができていないからこそ、

日本は労働生産性が低いとも言えるでしょう。



あなたも是非、

世間に流されず、他人の価値観で生きず、

自分の人生を歩んでくださいね。



そのために、

「努力と根性」を過大評価せず、

効率的に、要領良く行動し、

幸せな人生を送って頂きたいと思います。





いつも、本当にありがとうございます!!



実業家講座  原価と売り値の歪み episode27 [最近の出来事]

ビジネスチャンスは無限

こんばんは、Yです。

ここ最近思うのですが、
富を集中させる(つまり金持ちになる)方法は、
本当にたくさんあるんだな、ということです。

しかし、それに気が付けていない人が
多いのであろう、と思うんです。

今日は、資産300億円を超える大金持ちに
なる方法についてお話したいと思います。


私がこれまでの人生で色々試した結果
わかったこととして、
基本的にやばいくらいに金儲けするために
最も大切なことは次の通りです。


それは、値段がほとんど付かないようなものを
圧倒的高付加価値にする、ということです。

例えば、アフリカの二束三文の土地を現地でもらって
(無料でもらえることも本当にあるらしい)、

そこに電気、水道、ガスとかのインフラを作って、
現地民族が欲しいと思うような場所にしてから
融資を付けてそのエリア一体を転売すれば
とてつもない不動産投資になるそうです。


おそらく50万円が1000万円とかに、
それを何百も何千も売るわけです。


また新興国では本気で銀行が5億円とかで
買収できたりします(もちろんBS次第ですが)。

それだけのお金で店舗設備と政府の認証、
少なくともそれまでの顧客名簿や
ノウハウも得られるわけです。

うまくやれば将来のメガバンクになります。

その手前で売却しても良いです。


さらに言うとシンガポールでさえ、
インターネット証券のインフラはダサくて使いづらいです。

銀行は日本よりも発展しているのですが、
なぜかネットトレード証券の環境はダメです。

デイトレなどの市場が小さいからでしょう。

だからこそ、そこを日本レベルに
改善する企業が出れば、需要はあると思います。

簡単に言えば東南アジアでもデイトレを
流行らせるのです。

そういう会社を作り、将来売却します。

他にも例を上げたらきりがないです。


二束三文の安いものを安い時に仕入れて、
価値が認識された時、本当のバブルです。

なぜなら、原価率が低いからです。

需要がないと安く買える。

ということは、需要がない時に買って、
需要を喚起して高く売ればよい。


これはつまり不動産投資で
何十倍となる場合そのものでもあります。


その当時はあまり価値が認識されていないため
安いわけですが、価値がひとたび認識されると、
需要が増加する数だけ、値段が上がり、粗利が増します。

こう考えてくると、
未上場企業が上場企業となって価値を帯びるプロセスや、
都市がない場所に都市ができるプロセス自体が、
価格形成されていないようなところに
相場が形成されるプロセスなので、
まさに私が言っている現象です。

未上場企業の株価算定がやっかいなのと同じです。


これをもって、価値に歪みがあるビジネス、
と私は表現しています。

あるいは、価値を認識されていないものを
人気にすれば大金持ちになる、
とも言いかえることができます。


どういうことかというと、
歪みというのは、
仕入れ段階と販売段階に著しく差があるものです。


未上場企業の株券と上場時の初値には
著しく差がありますね。そういうことです。


ですから、未開の土地の値段もそうかもしれないし、
資源やエネルギーの開発段階のそ
の利権もそうかもしれません。

シェールガスの開発投資費と
それが将来生み出す利益の総額には
著しい歪みがあります。

利権を取れたら勝ちです。


よく考えると、無名のアイドルや芸人を掘り出し、
教育し、多くの人がお金を払うようになるプロセスも
また歪みを作る行為です。

歪みを作るとは、悪く聞こえますが、
良いことです。

歪めないとダメなんです。

しかし、日本人は甘いので、
価値が既に認識されているものに群がります。

これだと私の言う市場の歪み原則から離れます。

なぜなら、
人気がないものに飛びつかないといけないからです。


また、以前はダイヤモンドなど
宝石で富豪になる人達も多くいましたが、

それは、石の段階だと価格が
いくらが妥当かよくわからないからです。

宝石になると極端に値段が上がります。
これも歪みの一種です。


また麻薬などが製造段階だと二束三文だが、
世界に流通する過程で、
中間マージンが何度も上乗せされて、
末端価格はえげつないほどの高額になる
こともよく知られています。

だから、
非合法の大麻などを製造することもある種この歪みです。


これは悪い例ですが、
実は私は冷静に世界の金持ちたちを分析してみました。


そして、確信に至ったのは、
桁違いの金持ちになるためには、
この市場の歪みというか、
価格の歪みを持つことをやるのが最も合理的である、
ということなのです。

どういうことかというと、
例えば、9千円のものを1万円で売るビジネスを
100万回やると、
1000円×100万で確かに10億円の粗利です。

問題は100万個捌くのに何人のスタッフと
どれだけの仕組みが必要かということです。

多分100万個売るのもかなり大変なはずです。

コストがかかれば10億円の粗利から
コストを捻出することになります。

その後に残るのが営業利益(次いで経常利益)で、
金持ちになるためには、
さらに税金を引いた後の最終利益を残す必要があります。


実は税金を支払った後のお金で貯めていくというのは、
相当至難です。


至難というのは、なかなか貯まらないということです。


その証拠に日本で金融資産1億円を持っている人は
政府から富裕層と定義されて分類されるぐらいですから、
1億円貯めるのも一苦労だという定義です。

しかし、1億円で何ができるかというと、
シンガポールに来てフェラーリを1台買ったら
それで終わりです。

つまり資産1億円は富裕層とは言うべきではないのです。


1億円で富裕層と言われると、
そうか1億だから俺は富裕層なのかと思う人がいたら、
それは真の富裕層の生活レベルという感じで考えれば、
正しくないと思った方がよいですね。


そして、どれだけ大きいビジネスを持っていたとしても、
原価、固定費を支払い税金を支払った後に
貯めていくのは相当至難なんです。

なかなか溜りません。やってみればわかります。

日本の経営者はあまりお金を貯められていないと思います。


そこで私の発想が出てきます。

マジモンの金持ちになるための方法として、
3つ+今日お話すること1つが挙げられます。

一つに日本で上場して
時価総額最低1000億円を超える会社を作って、
その株式の3割以上を保有していること

二つに日本で未上場企業を
時価300億円超で売却すること

三つに日本で株式投資やFX、
先物いずれかを極めること

四つに海外で私の言う、市場の歪みを見つけること

です。


つまり、日本で成功するためには、
税の安いキャピタルゲイン課税所得で稼ぐことに
絞るしかないので、株の売却益狙いしかないわけです。

そこで、上場か売却かトレードしかなくなります。

ただし上場しても株は全て売れない。

なので、上場せずに100%持ち分を売却した方が
創業者にとってはメリットが大きいと私は思う。


で、私が今日言っているのは、このうちの4つ目です。

そして、4つ目がとくにやばいのは、
前3つより簡単であることが多いということです。


確かに、価格に歪みのなくなった日本では、
相場が形成されすぎていて、儲けに限度があります。

例えば、大化けするエリアや島なんて
もう残されていないということです。


成長を試算できるぐらいのもんしか
先進国には残っていないのですが、

新興国には、計算しきれないチャンスが
たっぷりと眠っているわけです。

そこで、本当の金持ちになりたい人は、
一考として海外に勝負に出てくるのは、
お勧めできます。

なぜならトレーダーとして成功はりなのですが、
300億もの値段の自社株を持てるほどの会社を作るには
とてつもない利益を計上する必要があるのですが、
そもそもそんなビジネスは日本では限られるからです。


先進国日本では常識的なビジネスしか思いつきませんし、
それはもうあるな、とか、
来年は5%ぐらい不動産価格が上昇するかな、とか。

そんなしょぼい話になりがちで夢がないのですが、

海外だと歪みのあるビジネスは無数にあります。
チャンスだらけです。

ま、それでも日本で成功したいという場合には、
それももちろんありです。

だったら、今はその価値が
なかなか理解されないぐらい需要のないものを
押さえてから、一気にその需要を噴出させれば、
その権利や在庫を持っているあなたは大富豪になります。

そういうことです。

つまり青田刈りして、それをはやらせろ、
欲しいと思わせろ、ということです。

これで説明できるビジネスはたくさんあります。




『企業の名前に込められた想い』とは? [知ってて損は無い雑学?]

◇キャンドゥ
感動をアルファベットで記述して
「cando」とし、それを英語読みして
キャンドゥとしている。

◇イエローハット
通学時に児童がかぶる
「黄色い帽子」が由来。
人とクルマとの心地よい共存関係と、
すべての方々への「交通安全」を
願う想いを込めている。

◇カルビー
カルシウムの「カル」と、
ビタミンB1 の「ビー」を
組み合わせた造語

発想・発言は、自由ですが・・・・・ [生活のワンポイントアドバイス]

IQが高い人ほど差別しない結果が
判明したそうです。

カナダブロック大学
ゴードンハドソン氏の調査では、
IQが低い人ほど差別的な思考をするそうです。

ゴードンハドソン氏は、
10歳から11歳のグループの
IQを計測し、その約20年後、
同じ人達にアンケートを実施した
結果、IQが低い人ほど保守的な思想や
偏見を持っていることが
判明したようです。

また、IQが低い人ほど、
異なる人種と接触したがらない傾向に
あることも判明したそうです。

こういう話が、
最近インターネット上で広まっていますが、
みんながこのことを知ってしまった場合、
誰かを差別したり保守的な思想を話したりすると
「この人はバカだ」と
思われやすくなる可能性が高くなります。

なので、もし、たまたま差別的発言や
保守的発言をしてしまっている場合には
あまりしないように心がけたいものですね。

私は、価値観は人それぞれ自由であって良いと
思いますが、「この人はバカだ」と
思われてしまったら損してしまうので、
バカだと思われる発言は、
わざわざしない方が良いと思います。






============================
本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
============================

国民のほとんどは、奴隷です!!!! [最近の出来事]

突然ですが、みなさん
ゆでガエルって知っていますか?

今日は水が入った鍋にカエルが泳いでいる
お話しをさせて頂こうと思います。


ちょっと想像してみてください!


鍋には火がかかっており、
最初、カエルは温泉のように気持ちよく
極楽気分で浸かっていました。


鍋はだんだん熱くなってくるのですが
カエルは「まあいっか」と
熱めの温泉に浸かり続けます。


そして、温泉の温度は上がり続け、
気づいた時にはひっくり返って
ゆでガエルになってしまったというお話です。



カエルは熱くなっているのに
すぐには鍋から飛び出そうとしないんです!

なぜなのか?


水温の上昇を知覚できずにいるので
そのままゆであがってしまうんですね!

今の日本は果たして、
適温なお湯なのか?

それとも徐々に沸騰しつつある
状態なのか?



今の年金をもらっている方たちの世代は
一流大学卒業すれば
一流企業に就職できて、
一生安泰の良い人生。


そんな図式がしっかりとしていました。



でも、今そんな図式も一部では崩壊しつつあります。
※私は、今から17年前に気が付き
 25歳で、とりあえず一部上場企業を脱出しました


正社員として一生懸命働いても、
生活に困る暮らしを
強いられる人が現在急増しています。

働いていないから、貧しい
のではなく、

働いているのも関わらず、貧しい?

親孝行しようにも、金銭的余裕が無く
逆に頼ってしまう情けない状況・・・
※全員とは言いませんが、
 共感していただける人も多いのでは?


日本にいる以上、個人事業主も
同じかもしれません。


戦後の高度経済成長期の企業は
右肩上がりの成長で年功序列でも
終身雇用でも成り立っていました。


しかし、時代が代わり産業時代から
情報時代へ移行していることに
気づかなければいけません。


産業時代の成功モデルを踏襲し続けている人や、
会社に依存している人は気づいたら
ゆでガエルになる時がやってきているのです。

あなたは少し気づいているかもしれません。



でも、気づいた時は遅いのです。

すでに逃げられないくらい、
周りは熱湯になっている可能性があります。


今の国のプランにこのまま依存していても大丈夫でしょうか?


国家のプランに従っていては老後の
貧困を回避する事はできないかもしれません。


個人が情報発信をしていき、
世の中の役に立ちながら、
収入の柱を作っていく
時代に突入しています。


これに気づいて、
いち早くお湯から抜け出した人が、
昇りエスカレーターに乗り、
いつまでもお湯に浸かっている人が
下りエスカレーターを一生懸命
駆け上がることになります。



あなたも昇りのエスカレーターに
のっかりませんか?

最後にあなたへ質問があります。
============


「今あなたがやっていることを
そのまま続けて、将来報われますか?」


それとも、
抜け出して昇りのエスカレーターに
乗った方が報われそうですか?


ぜひ、あなたはどうにかして熱湯から
抜け出しましょう。



最後までお読み頂きありがとうございました。

尊敬している実業家からのメッセージ-episode26 [マインドセットに関して]

今日のテーマは、とにかく一年頑張ろう、です。

一年だけ頑張れば人生は変わる

色々と気合が入ってきた今日この頃です。

2016年中に必ずダイエットを完成させ、
英語をペラペラになり、プチ富豪の仲間入りを果たします!

今、とても良い循環に入りそうな感じがしています。


エステに加入したり、ジムに行ったり、
彼女と散歩したり始めています。

あとはこれが続くように楽しくやることです!


とにかく結果を一切求めず、
年末に全て叶っているということだけを
強くイメージしています。

なので、焦りもなく笑顔で過ごせています(*´▽`*)


ということで、仕事も恋も語学も減量も頑張ります!

今年のテーマはバランス!いつも一極集中なので、
今年はあえて、バランス取ります!

バランス取りはじめることで、
逆に気力があふれてきました!


無駄な時間を減らし、
ときめく時間や興奮する時間、
やりがいのある時間、そして、
充実感や達成感のある時間
こういう時間を過ごそうと固く決意しました!


地味な勉強だって非常に充実感のある時間です。

私には勉強もとても刺激的な時間です!

物事わかってくると、とても、楽しくなりますからね。


ちなっみに、ニトリの社長さんが
人生の40年計画を立てることで
成功されたとのことですが、

私の40年後は、もう73です。

つまり、40年後にはじいちゃんなんですよ。

本当に人生って短いです。


我々は、超高速ジェットも見れないかもしれないし、
宇宙も見れないかもしれないし、
ロケット移動も見れないかもしれません。

また仮想通貨アジアが世界を牛耳る
その日を見ることもないかもしれません。


私は不動産投資をし始めていますが、
ジョホールバルは、私が生きている間にも
相当発展するでしょうが、死んだ後にこそ、
世界の中心になっているかもしれません。

しかし、その姿を我々はもう見れないかもしれない。

つまり私たちの人生は短いんです。


たいてい革命とか物事の変化がしっかりと形になるには、
50年とかかかるわけです。

で、50年後はというと、
我々は死んでいる確率も相当高いわけです。
年齢にもよりますが100%死んでる人もいるでしょう笑

つまり、人生は短いので、
1年1年を深く歩みたいわけです。

そして、1年1年飛躍して
人生成功の限界突破していかないと、
もったいないわけです。
絶対に後で後悔します。

今努力することのきつさよりも将来、
虚無感や後悔に苛まれることの方が
はるかにつらいです。

そして、人生は1年間だけでも、
がむしゃらに頑張ると、
全く別ものぐらいに、成功へ好転します。


それをあなたも確信してほしいです。


なぜなら、まさに私は1年頑張って人生を丸ごと変える、
ということを何度か経験しているからです。

例えば大学受験、
これをしたことで非行少年グループとは
真逆の人生にすっ飛びましたし、
起業して1年無休、
無給とダブルむきゅうに耐えたことでいち早く成功しました。

またアパレルから情報系へジャンル変更したときも、
概ね1年頑張りました!

たいてい一年なんですよね、
一年だけ死ぬほどやると、
その後の人生ががらっと良くなる経験ばかりです。


あなたにとっても2016は重要です。

2016で来年以降の人生を丸ごと変えてやりましょう。

そのためには、
今年はとにかく限界を超えて努力すべきですね!

成約率考えてください。 [最近の出来事]

知人のランディングページの登録率は
何%だと思いますか?
 

答えは41%です。



ネットビジネス業界の
ランディングページ登録率は
10%~20%ほどなので
41%は相当高いです。



今回、学んでいただきたいのは
なぜ、登録率が高いのか?



以前のブログでも伝えました
登録率が高い因果関係を
考えながらページを
じっくりご覧ください。


文章の裏側に隠されている
心理学を意識してみてくださいね。
⇒ http://irony-ex.jp/Lox285838/121662


文章の裏側に隠されている意図を
読み取るのに打ってつけの方法があります。

それは、
スラッシュライティングというもの。

名前を聞くと難しそうですが、
やることは2ステップのみで
非常に簡単です。


■ステップ1
まず文章を要素ごとに、
スラッシュを入れてわける。

例)
私はこうして / 一晩で / 
37% / 売上をアップさせた


■ステップ2
スラッシュで分けた文章に
・新規性
・興味性
・メリット
・簡単手っ取り早く
・具体性
・信頼性
など、どんな要素があるのかを記入。



たとえば、こんな感じです。

ーーーーーーーーーーーーー

私はこうして / 一晩で /
37% / 売上をアップさせた


「私はこうして」⇒興味性
「一晩で」⇒簡単で手っ取り早く
「37%」⇒具体性
「売上をアップさせた」⇒メリット

ーーーーーーーーーーーーー


スラッシュを入れて
文章の裏側にある意図を考える。


この練習をするだけで
文章力は必ずアップします。


ぜひ、

・ランディングページ
電車の中づり広告
新聞の折り込みチラシ

など、全てスラッシュを入れて
文章を分解をし、
裏側にある意図を読み取る練習を
1か月間してみてください。

あなたの文章力が
飛躍的に成長することを
お約束します。

副作用で
セールス力や
コミュニケーションスキルも
アップしますので、
ぜひ試してみてくださいね♪


独り言ながら、結構重要なスキルだと思いますよ!(笑