So-net無料ブログ作成
検索選択

なんで、笑点症候群という言葉が無いの? [最近の出来事]

おはようございます。西野浩司です。

今朝はちょっと仕事感について
日本のビジネスマンは勤勉を美徳とし
世界でもよく働く部類に入ると思います。

男性の方なら、ほぼ一生の大半の時間を
仕事にあてることになるので仕事に関する考え方は
たくさんの本が出ていることからも
非常に重要視されてますね!

一時期サザエさん症候群という単語が
たまにとりあげられていましたが
日曜日の夕方から深夜にかけて
翌日からまた通学・仕事をしなければならない

という憂鬱した感じの症状をさした造語ですが
もしそうだとしたら、
それは非常にもったいないことだと思うんです。

人生の中で、仕事はもっとも多くの時間を
投じるもののひとつであるのは避けて通れない現実。

でも、そこを我慢の時間にしてしまうのは、
どう考えても楽しい人生を歩めない
原因の一つになりかねないですよね!

もし、仕事が非常に楽しくないのであれば
一度違う分野にチャレンジしてみるのも大事だと思います。

もし、そこで失敗したとしても
ゼロに戻って何回でもチャレンジできます。

失敗したら、原因をみて、
法律をよく学ぶ機会だとも思いますし
実際、法律をしっかりと勉強すれば
借金で死ぬことってあり得ないんです。

色々な救済措置が残されてるのは
日本に生まれてよかったと思いますね

西野もどのような状態になっても
常に学ぶ姿勢だけはもっていようと心がけています。

さあ、今日からまた一週間がんばっていきましょう!

電通元社員の決心!! [最近の出来事]

電通過労死問題に関して、
元社員の、藤沢先生が、今立ち上がり
日本の企業の在り方を正す行動を活動中です!
興味のある方は、どうぞ!!!
______________________________
本日発売の「週刊現代」の中で、私の見解を
大きく取り上げてくださっています。

日本を動かしてきた「電通の正体」
「過労死問題」は落日の始まりなのか
と題された特集は、週刊現代さんの本気度が垣間見えます。

ご取材いただいた記者さんも、
日本を変えたいという気概を持って、
仕事に取り組んでいらっしゃいました。

ですから、同じ思いを持つ私の声が、
こうして、少しでもお役に立てたことを
大変光栄に思います。

記事の中で主張されている通り、
電通の石井社長が社員に通達した文書には、
全く、「反省」が見られません。

「電通は、必要以上に糾弾されている被害者」
という気持ちが、文面全体に溢れています。

しかしながら、石井社長は、
自分の方が間違っていることに早く気付くべきです。

女性新入社員の過労自殺という悲劇に対し、
「社員の自殺については厳粛に受け止めている」
としかコメントを発表しておらず、
社会に対して何も説明していないのは、恥ずべき行為です。

尊い命を死に追い込んだ責任を感じていれば、
このような心の無い言葉で終わらせられる訳がありません。

また、トヨタ自動車などへの巨額の不正請求の件も、
記者会見に社長が登場せず、代わりに、
中本副社長に謝らせていました。

このような姿勢を改めない限り、
新聞雑誌の攻撃は止まらないでしょう。

もう、マスコミが自主規制してくれる時代は、
過ぎ去ってしまったのです。

実際に、私自身も次々と、各社さんとの記事作成を進めています。

残るは、テレビです。

本来であれば、テレビの報道番組こそ、
電通トップの責任問題を取り上げるべきです。

しかし、石井社長の沈黙が、
まだまだ癒着構造にあるテレビに
プレッシャーを与え、黙らせているのです。

同様の過労死を起こしたワタミを
ワイドショーなどであれだけ叩きながら、
今回は電通に配慮して沈黙しているテレビこそ、
私は絶対に動かしていきたいと考えています。

そして、テレビも動かすことができた時、
日本は、いよいよ変わっていくと考えています。

メディアへの働き掛けや取材の連続で、
しばらく、睡眠不足が続いています。

しかし、今こそが、
私の人生にとっての「勝負の時」だと捉え、
引き続き、努力していきますね。

浪費と投資の境目とは? [お金に関連するお話]

こんにちは。西野です。

今回は
「自己投資抑えるべきポイント
の3つ目をお送りします。

では、おさらいから

先ず、自己投資の対象として
究極のリターンを得られるものを
私なりに3つ挙げました。

それは・・・

・情報(知識)
・人脈
・経験

でした。

ここまで宜しいですね?

では本日は
・経験
の話をしましょう。
ーーーーー
・経験
ーーーーー
経験とは、自身のスキルアップや
特殊な体験などを意味します。

資格を取得したり、パソコン教室に行ったり、、、

また、旅行や遊びも一見消費のようで、
投資になることがあります。

リラックスしてモチベーションが上がるだけではなく、
いろんな体験をした人のほうが、良い文章が書けたり、
良いひらめきが生まれたりします。

この体験を元に、更なるお金を生むことが出来れば、
これは立派な「投資」になりますよね。

例えは悪いかもしれませんが、
キャバクラで一晩10万円を
浪費したとしましょう。

しかし、「投資」という概念を持っていれば、後付けで
「浪費」を「投資」に変えることが出来ます。

「キャバクラで10万円使ったことの
ある経験を、話のネタにして集客する」
⇒「集客した相手にモノを売る」

というイメージですね。

(ちゃんと10万以上回収出来なければ、
ただの浪費で終わります 汗)

使った以上に回収する自信があるのなら、
それは立派な投資になります。

高級車やブランド時計なども全てそうですね。

このように、回収出来るのが前提であれば、
それは全て『投資』になります。

結局、お金の使い方には2種類しかなく、

・消費(浪費)⇒戻って来ない

・投資⇒元手以上に戻ってくる

なので、後者を行い続ければ増える一方、
ということになります。

自己投資の3つのポイント。

・情報(知識)
・人脈
・経験

これをしっかりと意識して、これからの
生活に活かして下さいね。

AIの進化について [最近の出来事]

今朝はAI(人工知能)について

色々な分野で
幅広く使われ出していますが
今朝は日本人の英会話トレーニング
役立つアプリをご紹介します。

日本にいながら英語勉強するとなると
スカイプなどでフィリピンの人と英会話などが
多いと思いますが、
ちょっとシャイな方におすすめの
AIキャラクターと英会話の練習ができるアプリ
「SpeakBuddy」
というのもあるのご存知ですか?!

高精度の音声認識機能を備え、
1人で英語のリスニング/スピーキングの
練習ができる点や
今までの利用履歴から
苦手な単語、得意な分野など、
その人ごとの進捗具合によっても
色々と変化するみたいですよ!

まだまだ発展途上かもしれませんが
今後、AIの技術により
様々な分野で革命がおきそうです!

変化が速すぎて、疲れる今日この頃ですが
良い日曜日をお過ごしください!
※私は、日曜日の概念がないので、今から
 仕事(趣味)しますけどね(笑


体験してください!『ブレインダンプ』 [生活のワンポイントアドバイス]

色々な成功者が、口をそろえて
『あれは効果抜群だね!』
という行動しってますか?

そう、あれです。

今日は、せきねもん様のメルマガで
それについて書かれていらっしゃるので
こちらでシェアさせて頂きました。

興味のある方どうぞ!!
_____________________


今日はさっそく本題へと移るとしましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
目次
1,ウソだと思ってとりあえず
 書いてみたら実現してしまった話

2,今年残り2ヶ月を制する者が2017年を制する
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1,ウソだと思ってとりあえず
 書いてみたら実現してしまった話

前回のメルマガで、
『ブレインダンプ』について話しました。

仕事や恋愛で悩んだとき、
クリエイティブなアイディアを生み出したいとき、
自分が本当にしたいこと、欲しいものを知りたい
ときなんかに絶対やるべき「スタンダードな」方法です。

慣れてくるとブレインダンプを頭の中でできるって
人もいますが、僕的には書き出すことに意味が
あると思ってます。

頭に無意識に浮かぶ

それを書き出す

視覚的にも再認識する

この過程って結構重要で、
しかも書き出したものは残りますよね。

頭の中だけではよっぽどのインパクトがない限り
消えてしまいます。

それに、書き出したものを並べて見たときに
初めてはっと気づくこともあったりします。

これと同じ原理が、
「目標を書き出すと達成率が上がる」
これです。

自己啓発本とかでもよくありますよね。
目標を立てたら、できるだけ多くの人に伝えろとか、
紙に書き出していつも見える場所に貼っておけとか。

自己啓発本はあまり好きではありませんが
実際これって大事なことなんですよ。

カナダのトロント大学で、700人の生徒を
対象に実験をおこなったところ、
目標を書くことを習慣づけた生徒は、
そうでない生徒に比べて目標達成率が
圧倒的に高かったという結果も出ています。

「書き出す」って具体的にどんな効果が
あるのかというと、

1.何が欲しいのか明確にすることができる。
考えているときはあいまいな部分も、
書くことによってより鮮明になります。

2.実行しようという意識を高めることができる。
「行動を起こさなくては!」
という気持ちになりやすい。

3.沢山ある選択肢をふるいにかけ、
選り分けることができる。
本当に自分の求めるものを考えるようになります。

4.目標達成を妨害する要因に対処できる。
行く手を阻むものを打ち破る方法を思索したり、
誘惑に勝つ気持ちを強めたりできる。

5.いつでも見ることができる。
頭の中にあるだけでは自分がそこに
アクセスしない限り思い出しませんが、
見えるところに置いておけば
それが目に飛び込んだときに思い出して
再認識することができます。

この通り、「ただ書く」ことにこれだけの
効果があるんです。

僕自身、これを身をもって体験した一人ですからね。

僕は昔から手帳に
「2013年12月末までに、
六本木ヒルズB棟40階の
〇〇〇〇号室に住む」

と書いていて、実際に
六本木の高級マンションに
史上最年少で住むことができました。

まあ今となっては「六本木の高層マンション」
なんぞに何の価値もブランドもありゃしませんけどね。苦笑

当時ぎらついていた青年せきねもんからしたら
大層なものだったのでしょうけど、
今となっては高層マンションなんていくらでも購入できます。

前回も登場しましたが
僕が24歳のときに出版した著書
『年収1億円完全マニュアル』を
久しぶりにぱらぱら見てみたところ、
これからやるべきこととして
こんなことが書いてありました。

・40兆円貯めて難民に寄付し、
貧困をこの世からなくす

・超高性能望遠鏡やロケットを作り、
宇宙人を発見する

・世界最大のソーシャルメディアをつくる

・世界最大のIT企業をつくる

早速一つ目の目標達成にぐんと近づいています。

それは、10月31日(月)朝5時から「19時間限定」で
先行予約販売「二期」が始まる

World Peace Coin
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

です。

僕が個人的に40兆円寄付するより、
現地で暗号通貨を流通を生み出すという
さらに理想的なかたちでこの目標が実現しそうです。

ちなみに先月もこのWorld Peace Coin
の販売を、弊社が世界初の国内代理店として
ローンチしましたが、

おかげ様でもう既ににたくさんの方に
ご購入いただいています。

し、既に450名以上が
猛烈な勢いで資産を倍増させています。

その数、450名です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

僕の出身校の全生徒くらいいます。苦笑

来月からまた価格が上がりますので、
明日また詳しく話します。

で、話を戻しまして。

前回のブレインダンプで
あなたが本当に欲しいものや目標が
わかったら、それを書き出してみてください。

それもできるだけ具体的に。

2,今年残り2ヶ月を制する者が
  来る2017年を制する

さてさて、早いもので今年も
残り3ヶ月を切りました。
本当にあっという間です。

特に今年は僕にとってもすごく重要な年でして

会社を上場させたり、
社員を10人以上急増させたり、
最強の弁護士、税理士、会計士が整い、
大企業へと着々と進むことのできた一年でした。

少し早い気もしますが、
皆さんもこのへんで一度
2016年を振り返ってみませんか?

残り2ヶ月で調整できることも
あるかもしれません。

(それこそ、一度ブレインダンプしてみてください)

ちなみに僕は、残り2ヶ月で痩せたいです。笑

目標はマイナス10キロ。笑

あなたは残り2ヶ月で何をしますか?

何をしてどう自分の人生を充実させますか?

彼女をつくる?
本を100冊読む?
イメチェンする?
語学をマスターする?
旅にでる?
仕事を立ち上げる?
プロポーズする?
引っ越す?
転職する?

現状をしっかり維持する、
なんてのもありだと思います。

もちろん僕も10キロ減量
だけではないですよ。苦笑

大きな売り上げ目標だったり
マネジメントだったり
今年残りわずかだからといって
一切、気は緩めません。

「たった2ヶ月でなにが変わるんだ」

「今年はあまりよくなかったから来年からがんばろう」

そんな人もいるかもしれませんが
それってすごくもったいないです。

「今年はなにもしなかった」

そんな人もいるかもしれませんが、
なにもしていないなんてことは
絶対にありません。

現に、あなたは今こうして僕の
メルマガを読んでます。

さらに言えば、読んで、考えているはずです。

本から得る、人から吸収する、経験から学ぶ
そんな小さな積み重ねで、
今年のあなたは去年の今頃のあなたとは
確実に違うはずですよ。

少し話を戻して、
今年2ヶ月で何をするか。すごく重要です。

ちなみに来年2017年は

「フィンテック元年」

なんて呼ばれています。

このフィンテックというキーワードの
根底にあるものが「仮想通貨」であり、

100種類以上の仮想通貨を研究した結果、
僕が論理的に分析して一番良いと思ったのが
「World Peace Coin」です。

世界を平和にしつつ、自分自身も億万長者になれる。

という訳のわからないぶっ飛んだ話です。苦笑

NPO団体やNGO団体が完全なる
「寄付」で成り立っているのに対して
WPCは「寄付」と「投資」で成り立っているのです。

ある意味「不道徳」な方法と言えるかもしれません。

「World Peace Coinって何?」

という方もいると思いますので明日、
詳しく説明します。


ではでは。

プロ・アクティブが流行った原因とは? [ビジネス]

商品が優れているからといって
大ヒットするとは限りませんよね。

商品が大ヒットした裏側には
なにかしらの勝因があることが多いですね。

今朝は一つの例として
プロ・アクティブが大ヒットした背景をお伝えします。

プロ・アクティブの社長
どのようにして売上をのばすかということを
考えたすえ信頼性を高める突破口が必要と考え

「駅伝選手に使ってもらえないか」

というアイディアを思いついたそうです。

社長自身が飛び込みで、
大学スポーツ選手のもとに通い
箱根駅伝に参加する選手の身体に
チタンテープを貼ってもらうことを頼みにまわりました。

と同時に、マスコミともコンタクトを自らとり
「箱根駅伝に出場する選手が、
うちの商品を貼って優勝しますから
優勝したら記事にしてください」。

とお願いに回ったそうです。

そして箱根駅伝の当日。 

なんと、本命だった大学が優勝!

でも実際の裏側は、優勝する可能性のある大学の選手に、
すべてテープをつけて走ってもらうように
お願いしたんですね・・・・・・

マスコミは、「本当に優勝した!」と
びっくりして記事にしたことにより
そのことがきっかけで、
次々と有名スポーツ選手が使うようにもなり
商品が一気に売れていったそうです。

マーケティング次第で一度売れることがわかると
あとは優れている商品を探すだけという感じになりますね!

ぜひ、今後のビジネスに少しでも役立てて見て下さい!

不労所得のススメ! [ネットビジネス]

こんにちは、西野です。

突然ですが、不労所得といえば何を思い浮かべますか?

artist?ボーカリスト?歌手?
書籍出版?アムウェイ?
・・・・
また、土地を持っている人が駐車場を
経営する事などは、不労所得ですね。

歌手の方がCDを出した印税も
不労所得のひとつです。

そうなると、不労所得は
資産か才能を持っていないと
基本的には、手に入らない、ということになります。

しかし、駐車場は借りてくれる人が
いないと収入は途絶えますし
ずっと売れ続ける歌手であり続ける
こともむずかしいですよね。

同じ「不労所得」を狙うのであれば
こちらの方が良いのではないかと
いう提案があるようです。

http://mmark.link/lp/7402/482068/

ぜひチェックしてみて下さい。

電通元社員の熱い訴え!! [最近の出来事]

過労死自殺問題で、
今本当に改革が迫られている大手企業
”電通”の元社員でもある、
藤沢先生のメルマガを今日もシェアさせて
頂きます。

ブラック企業見過ごすわけにはいきませんので・・・
それではどうぞ!!!
_____________________________
本日発行の東京新聞・中日新聞にて始まった
連載「過労社会 電通ショック」において、
私の見解を寄稿させていただいています。

10月7日の夜、電通の過労自殺を知ってから、
実は、私は毎晩のように、悪夢を見ます。

「あのときの俺と一緒だ」

新聞にも掲載していただいた通り、
彼女が残したメッセージは、
私が電通の新入社員だった頃に抱えた苦悩と、
全く同じです。

奴隷として扱われる中で、人としての尊厳を破壊され、
長時間労働で睡眠を奪われて、思考力まで無くし、
生きている意味をも見失ってしまう。

あまりに辛かったので記憶から消していた過去が、
走馬灯のように、目の前に映し出されます。

上司から殴られたり、蹴られたり、
灰皿や固定電話を投げつけられて罵倒されたり、、、

15年前の地獄のような日々が、連日、
夢に出てきては、夜中に何度も目を覚まし、
眠れなくなってしまうのです。

そのような日々の中で、私を襲う感情は、
「恐怖」に加え、「後悔」です。

4年前に退社してから、
私は、電通社内の実態と過労死問題に関し、
度々、私の記事の中で取り上げてきました。

「絶対に、次の犠牲を出したくない」

そのような思いで、社外からは窺い知れない真実を
社会に発信してきたのです。

しかしながら、私の力不足で、
また尊い命が失われてしまった、、、

そのことが、悔やんでも悔やみきれません。

今回の悲劇は、彼女をパワハラやセクハラで追い込んだ
電通社内の人間だけではなく、
社会に真実を伝えきれなかった私にも、
責任があると感じています。

ですから、今度こそ、社会全体で問題意識を持ち、
電通だけではなく、日本を変えていくために、
行動し続けなければならない。

そのために、今回の新聞連載を皮切りにして、
複数のメディアで、私の声を社会に届けていきます。

関東、中部地方にお住まいの方は、
お近くのコンビニ等でご購入可能です。

是非、ご自身だけではなく、
ご家族、ご友人と一緒にご覧になって、
社会的な問題として考えていただきたいと思います。

◆東京新聞の掲載紙画像をアップさせていただきました。

こちらからご確認ください。

http://bed-ex.jp/Lcc67306/912641


また、東京新聞、中日新聞の発行エリアは関東と中部に限られますので、
この記事をシェアしていただき、その他のエリアの皆様にも、
届けてくださいますと幸いです。

一生お金に困らないためには? [ネットビジネス]

以前にもお伝えしましたが、現在はインフレの影響で
時間が経つにつれてお金の価値は下がっています。

たとえば、
1961年から2013年の約50年間で
通貨の価値は約13分の1まで下がっています。
(インフレ率130%)

1961年当時1万円で買えたものは
今では13万円払わないと買えない計算です。

そして、過去50年よりも
現在のインフレ率は加速しています。

つまり、今あなたが
銀行口座に100万円を預金していたとしても
十数年後には、数万円くらいの価値しか
なくなってしまう可能性もあります。

さらに厄介なことに現在は
スタグフレーションといって
給料は上がらないのに
物価だけは上がっている状態です。

なので、今後は労働収入(給料)だけに頼るのは
非常に危険です。

今から一人で稼げるスキルを
身につけておく必要があります。

で、今から
個人でローリスクで始めるなら
インターネットビジネスか投資オススメです。
 
インターネットビジネスで稼いだお金を投資に回すのが
王道のパターンですが、正しい手法で
実績がある先生から学ぶのであれば
投資から始めるのもいいと思います。

実際、世界のお金持ちの80%は
投資で成功していると言われています。

その中でも少額から始められ副業でスキマ時間にできる
株式投資やFXがオススメです。

株式投資やFXはギャンブルだと考えて
敬遠される方も多いですがそれは実は間違いです。

正しい手法を学んで実践すれば、高確率で稼げます。

こちらもおすすめですね。
⇒ http://vicinity-ex.jp/Lox285838/14391

この手法、
たったの3ステップで完結してしまう、
極限までムダを削ぎ落としたとてもシンプルな方法です。

あなたはきっと、もはや普通に働いてお金を稼ぐことが
バカらしくなってしまうかもしれません。

それでも、この手法を実行する"17分"以外の
23時間43分の時間を、
フワッと香りの立ち上るコーヒーを飲みながら雑誌を読んだり、
近所の公園で子供とキャッチボールをしたり、
思う存分ゴルフの練習をする時間に使ってみたい!
と考えるなら・・・

リアル「Unfair world」(不公平な世界) [最近の出来事]

三代目JSBが1億円で買った「レコード大賞」の
楽曲のタイトルは、「Unfair world」、つまり、
「不公平な世界」でした。

すべてのシナリオを裏で誰かが書いているかのような、
芸能界、音楽業界、テレビ業界の「喜劇」と言えますね。

「明日はどんな嘘が君を傷付けるのだろう?」

という歌詞は、ファンのことを思うと、
とても切ない気持ちになります、、、
(何も知らなかったのなら、アーティストも)

日本では、挑戦した人が称賛されることは少なく、
むしろ、挑戦した人に厳しい批判の目が向けられて、
少し失敗しただけで、完全に引きずり降ろされる光景が
至る所で繰り広げられます。

そのような社会を見て育った若者は、
挑戦する気持ちを失ってしまい、
力を持っている既得権益に迎合して、
素直に従うようになります。

そして、自らの力で革新する道ではなく、
既得権益に裏金を渡すなどして、
不公平な世界で、汚く、勝つ道を選んでいきます。

しかし、社会を変えていく本物の革新者は、
既存の体制を正面から破壊していきます。

最も良い例が、Googleです。

Googleのビジネスモデルは、そのほとんどが、
既得権益を侵すようなグレーゾーンから始まっています。

ところが、既得権が権利を主張したり、
裁判を起こしている間にも、どんどん突っ走り、
あっという間に大衆から価値を認められて、
とんでもな速度で拡がっていきました。

現在でも、あらゆる場面で摩擦を起こしていますが、
新しい価値を生み出して既得権益を飲み込み、
さらに、勢力を拡大しています。

時代の流れを的確に読み、
インターネットの力を最大限に活用して、
世代交代を起こしているのです。

現在、世界で話題の「ピコ太郎」も、
既得権に従う道から外れた、新たな成功例だと言えます。

話題になっているのでご存知かと思いますが、
彼は、13年前、テレビ番組「マネーの虎」に出演し、
「音楽で世界を驚かせたい」とプレゼンして、
ロンドンでの活動費700万円の出資を依頼した過去があります。

残念ながら、
「ノーマネーでフィニッシュ
だったのですが、それでも夢を諦めず、
YouTubeにたくさんの動画をアップし続けて、
現在、本当に、世界を驚かせ、夢を叶えました。

ピコ太郎は、レコ大に1億円払わずとも、
世界的なアーティストになったのです。

彼の動画をTwitterで絶賛した
ジャスティン・ビーバーから、
ピコ太郎への1億円の請求書が見付かったら、
更なる「喜劇」ですが。笑

既得権益が力を持ち続けた時代は、
実力ではなく、お金であらゆるものが操作され、
大衆の心も、意図的に動かされてきました。

そして、三代目JSB(を擁するLDH社長HIRO)
が示した通り、それは、現在進行形です。

しかし、社会のあらゆる既得権益は
インターネットで次々と破壊され、
「Unfair world」から「Un」が、
次々と消え始めています。

日本人は今こそ、時代の変化に感謝して、
「挑戦」の価値を再認識し、
イノベーションを起こしていくべきだと考えています。