So-net無料ブログ作成
検索選択

元電通社員の自殺問題の苦悩 [最近の出来事]

殺人企業電通元社員の
藤沢先生のメルマガシェアです。

自殺されてしまった、高橋様の命を無駄にしないためにも
徹底的に、電通の問題点を改善する努力を
されていらっしゃいます。

それではどうぞ!!!
__________________________________
かつての上司達が頭を下げ続ける記者会見を見て、
心苦しくなりました。

石井社長、中本副社長、越智局長、
電通の記者会見に登壇した3名は、
私の電通人生で大きな影響を受けた方々です。

ですから、感謝の念を持つ先輩達が、
社会に対して謝罪をしている姿に、
悲しい感情を抱いたのは事実です。

しかしながら、石井社長の言葉の通り、
すべての責任は経営側にあります。

「過剰なクオリティ志向」


「過剰な現場主義」


「強すぎる上下関係」

電通が認めた改善点の中で、
特に、最後の「強すぎる上下関係」、
つまり、「軍隊的な超縦社会」を是正する策を
これまで全く講じてこなかったことが、
悲劇の発端だと考えます。

大きな会社なので、
部署によっては別会社のように風土が違います。

元同僚の中でも、
クリエイティブマーケティング部門にいる社員は、
上下関係が無くフラットな環境で、自由に働いています。

ところが、
今回亡くなった女性社員が在籍した部署のように、
部分的にでも、部下を奴隷のように扱う
異常な文化が残っているのが、現実です。

私自身も、新入社員の時には
そのような文化が最も色濃く残った部署へ配属になり、
実体験として、愚かで、恐ろしい光景を目の前で見て、
生きる意味を見失った時期がありました。

ですから、私は何度も言い続けていますが、
次の犠牲者を出さないためにも、
この悪しき文化の抜本的な改革が急務だと考えています。

その改革案が発表されると期待しましたが、
石井社長は、「辞任」という形で責任をとると発表しました。

このことに関して、私は、とても残念に感じています。

「鬼十則に疑問を持ったことは無かった」

と言うのであれば、

取り組んだら「放すな」、 殺されても放すな、目的完遂までは・・・。

この言葉の通り、電通の抜本的改革を成し遂げるまで、
責任を持って、命を懸けて、取り組んで欲しいと思うからです。

その後、記者に詰められて、

「鬼十則には、一部、誤解を招く表現があったり、

 時代に合わない内容があったと認識している」

と改めましたが、
そうであれば、現時点のトップとして、
時代に合わせた新たな社訓を掲げるなど、今こそ、
強いリーダーシップを発揮するべきではないでしょうか。

石井社長は、広告マンとしては、
とても素晴らしい、尊敬できる方でした。

だからこそ、この難局からも逃げずに、
立ち向かって欲しいと願っています。

そして、現役の電通社員や、関係者の皆さんも、
もっと主体的に取り組み、個々人でできることを
積み重ねて欲しいと思います。

今回の悲劇を止められなかったのは、
彼女の周囲の社員だけでは無く、退社した私を含めて、
あの文化を変えられなかったすべての人間に
少なからず責任があるという意識が大切だと思うからです。

そのような意識を持つからこそ、私も微力ながら、
こうして発信させていただいているのです。

発注先に無理難題を押し付けすぎていないか、
自分の後輩に厳しすぎる指導をしていないか、
生産性の低い仕事を疑問も持たずに続けていないか、
電通に関わる人間だけでは無く、社会全体が、
「自分ごと」として今回の問題を捉えることが、
「働き方改革」の大きな一歩だと考えています。

◆記者発表の様子を、こちらに掲載しています!

http://bed-ex.jp/Lcc67306/113521


お世話になった上司の皆さんの、このような姿は見たくありません、、、
しかしながら、この現実にしっかり向き合い、
私ができることを積み重ねたいと思います。

そして、あなたも「自分ごと」として捉えていただけるなら、

社長ブログランキングへの応援をしてくださいますと幸いです!

http://bed-ex.jp/Lcc67306/213521


これからも、有益な情報をお届けしていくことを誓います。

いつも、本当にありがとうございます!!

藤沢涼
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

優良な広告媒体F・Bについて [知ってて損は無い雑学?]

おはようございます。
西野浩司です。

今朝は優良な広告媒体としてのFaceBookについて!

FaceBookの莫大な収入源の一つに広告がありますね。

FaceBookは個人の情報が取られていると
ニュースに載っていましたが
属性や、地域などによって、
掲載される広告がかわるので
そこらへんをいっているのかもしれませんね。

広告に関して
少しおすすめポイントをお話しすると

まず一つ目は
Facebook広告はとにかく
費用対効果が非常に良いということ!

Facebook広告は1クリック辺りの単価が
非常に安いと言われています。

上手に運用を行う事で1クリックあたり
数円~十数円で運用が可能なんですね。

英語関係の属性に対して広告を出稿した場合で例えてみると。

Googleのアドワーズ広告の
英語関係のキーワードの見積りを調べたところ

「英語教室」642円/1クリック
英会話 東京」1007円/1クリック
「英語教室 東京」524円/1クリック

1アクセス獲得に500円以上の広告費が必要なんです。

かなり高額ですね。

それではFacebook広告だと
どれくらい安くアクセスを集めれるのでしょうか?

結論から言います。

Facebook広告では 1アクセス

たったの約20円代~/1クリックで
運用が可能な場合もあります。

最近広告を多く出稿している
企業が多くなったので
若干単価は上がってきていますが
それでもまだまだ他の
広告と比べてかなりの低単価といえます。

Facebook広告は
英語の悩みや興味属性をもった ユーザーに対して
1クリック32分の1の予算で広告を出稿する事が可能なんですね

FBの広告ってすごいですね!
ユーザーが多くなれば、そこに対して
広告を打つのは必須なテクニックなので
ぜひチャレンジしてみてくださいね!

今日も一日はりきっていきましょう!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

『信じること、信じ続けること』 [マインドセットに関して]

今年ラストの、山田先生からのメルマガシェアです。

貴方は、自分自身信じてますか?

それではどうぞ!!!!
______________________________
毎度、山〇豊〇です。

今日は、「信じること、信じ続けること」です。

おはようございます、山田です。

本年最後のメルマガです。

来年は6日からの発信の予定。

年末年始ですが、電子書籍を作成します。

アマゾンで販売できるもの。

とはいえ、新たに書くのではないです。

11年も書き続けたメルマガ、
これらのうち、良いものだけを集めて、
電子書籍にします。

本人が言ったらいけないのですが、
素晴らしい内容が多いです(笑)

それと11年間もメルマガを続けた自分を褒めてやりたい。

当時、書いていた方、全員が止めてますから。

それとトラッキング。

私、ちょうど8年前の12月28日から、
トラッキングというのを始めました。

・日記を書いたか?

・プールで泳いだか?

・メルマガは書いたか?

集客の仕事はしたか?

・水は2リットル以上飲んだか?

こんな感じのチェックリストを作成、バディ(仲間)と交換するもの。

最初は、川井さんという方と始めました。

しかし、何年かすると彼は脱落。

その後、何人もパートナーを変えてきました。

みんな、挫折するのです。

現在、続いている方は、2名のみ。

年も改まるので、この2名の方以外は解除します。

私一人、送り続けるのは変ですからね。

私、これも「自分で自分を褒めてやりたい」です。

トラッキングがあるからこそ、自分がここまで来れたのですから。

途中、夜中の11時半まで働かされて、
家に3時に帰った時もありました。

死ぬほど忙しい辛い時もありました。

それでも自分はトラッキングをサボらなかった。

「山田さん、メルマガにしろ、トラッキングにしろ、
並みの意志力では、到底、続けられないことですね。」

うーん、そうかもしれないです。

だからこそ、自分は夢を実現できた。

(自分を)信じること、信じ続けること。

今の私、本当に素直に自分を信じることができます。

昔の私はダメ人間だったのですけどね(苦笑)

信じること、信じ続けること。

人間、一度で良いから、
「信じること、信じ続けること。」を実践すべきと思います。

(自分を)信じられない人間のやれることは知れていますからね。

それでは、これを本年最後の挨拶とさせていただきます。

「信じること、信じ続けること」

山〇豊〇

PS.辰吉丈一郎も
「(自分を)信じること、信じ続けること」ができる人。

素晴らしい!

http://hereafter-ex.com/Lv29901/116251

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ぶっ飛び実業家のおめでた報告!! [最近の出来事]

遂にパパになったそうです!!
心から、『おめでとうございます』
と思います。

それではどうぞ!!!!
________________________________
赤ちゃん生まれました!
ドバイ時間で12月27日1時24分
日本時間では12月27日6時24分
3,535グラム、男の子

写真はこちらに貼りました

 → http://yozawa-tsubasa.info/archives/13998
 
突然夕方からお腹が痛いと言っていつもと違う感じだったので、
まさかね、と思いつつ、診てもらう程度のつもりで、
すぐ病院に連れていってみました。

すると今日生まれますと言われてびっくり!
 
麻美は頑張ったのですが、子宮が小さいらしく、
he is not comingとか言われ、緊急を要するということで、
配偶者として同意書にサインしてくれと言うので、え?いいのか、
とか思いつつ、手術室で帝王切開しました。

全く自分が想定しない展開で想像の斜め上行ってました。

自然分娩で頑張ろうとしていたとこから、
お腹にメスを入れて目の前で割いて赤ちゃんが出てくるまで全て、
この目で見させてもらいました。

もうなんというか、徹夜していたのですが、驚きの連続でした。
 
本当によく頑張ってくれました。
 
なんか、麻美のことが、これまでとは違う意味で、
愛おしくなりましたし、というかなんというか、
頑張ったよ!としか言いようがなかったです。

赤ちゃんの目も見れて、睨めっこして、ずっと抱っこしてまして、
今病院で麻美と赤ちゃんを寝かせてから、
一人でフェラーリに乗ってオープンにして爆走して帰ってきました。

なんだか、感慨深くて、ドバイの風が冷たく感じました。
 
いわゆる難産だったと思います。

本当に二人とも生きてて、良かったです。途中死ぬのかなと思いましたので。

これを見ちゃうと、これまで以上に、恥ずかしいこと、
悪いこと、できないよな、と思いましたし、
もっと落ち着こうと思いました。

何か感覚が変わりました。

深く立ち会えて、本当に良かったです。

すごく貴重な夜でした。ありがとうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

元電通社員の苦悩 [最近の出来事]

過労死を風化させてはいけない!!
元電通社員、藤沢先生のメルマガシェアです。

共感して頂けるかたも多いと思います・・・

それではどうぞ!!!
______________________________


昨年のクリスマス当日に、
電通の後輩社員が自死を選んだ悲劇を受け、
今年のクリスマスは、とても複雑な心境でした。

家族と穏やかな時間を過ごしながらも、
ふと彼女のことを思い浮かべては、
悲しい気持ちを抱えていました。

亡くなった彼女のお母様の手記は、
このような言葉で始まっていました。

「去年の12月25日、
 クリスマス・イルミネーションできらきらしている
 東京の街を走って、警察署へ向かいました。
 嘘であってほしいと思いながら・・・。」

彼女の死が、日本の働き方を
変えるきっかけになっていることは
間違いありません。

しかし、生きて社会に貢献したいと願った
彼女の気持ちを考えると、彼女も、お母様も、
本当に悔しいでしょう。

そして、抜本的な改革が期待される電通は、まだまだ、
明確な方針を打ち出したとは言い難い状況です。

私は、彼女のお母様の思いを見て、完全に同意でしたので、
原文のまま、引用させていただきます。

「会社は、夜10時以降消灯をしているとのことですが、
 決して見せかけではなく、本当の改革、
 労働環境の改革を実行してもらいたいと思います。

 形のうえで制度をつくっても、人間の心が変わらなければ
 改革は実行できません。

 会社の役員や管理職の方々は、
 まつりの死に対して、心から反省をして、
 二度と犠牲者が出ないよう、決意していただきたいと思います。

 そして社員全ての人が、
 伝統を重んじることに囚われることなく、
 改善に向かって欲しいと思います。

 日本の働く人全ての人の意識が変わって欲しいと思います。」

あまりにも古いピラミッド型組織、
パワハラ・セクハラが横行する社内風土、
社員の命である「時間」を軽視する経営、、、

すべてをゼロから見直して、働き方を再生するべきです。

クリスマスには、もう一つ、悲しいことがありました。

クリスマスの定番ソング「ラストクリスマス」を
作詞・作曲し歌ったジョージ・マイケルが、
クリスマス当日に亡くなってしまいました。

また、昨夜は、想像より呆気なく、
日本のエンターテイメントを20年間も彩ってきた
SMAP×SMAP」が終了し、寂しさを抱く年末です。

このような世相を受け、例年より一層、自分自身を見つめ直し、
来年以降の生き方を定める年の瀬にしたいと思います。

本日の記事に少しでも共感していただけたなら、是非、

こちらからバナーをクリックして応援してくださいね!

http://bed-ex.jp/Lcc67306/113501


なお、本日のブログ写真は、
昨日掲載しなかった(忘れてしまっていた w)
恵比寿の「バカラ・シャンデリア」です。

毎年見に行きますが、とても美しいですねー^^

http://bed-ex.jp/Lcc67306/213501

是非、ご覧になってくださいね!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

組織を維持するために必要なのは? [ビジネス]

もと自衛隊員が、立ち上げた会社社長
メルマガシェアです。

緊張感ってたいせつだなぁ・・・
と共感できる内容が書かれてました。

興味のある方どうぞ!!!
_____________________________
七〇です。

株式会社エ〇ス〇ートは、会社の規律がしっかりしてる方です。

風邪をひいたらクビ

・月曜日に遅刻してもクビ

・平日22時以降、遊んじゃダメ

とか、厳しいルールがあります。笑

この前も、勤退が悪いスタッフがいたのですが、
社内的に、「辞めさせないのですか?」って空気になって、
しっかりとしていないと、ダメって空気があります。

私的には、良い事だと思うし、
それを狙って、社風を作っています。

自衛隊や警察みたいな空気を作る。

これは重要です。

こんな、空気のなかでも、
しっかりと仕事をしているスタッフ達を、
私は信頼していますが、
だからこそ、監視もしないとダメだと思っています。

できごころは、防止しないとダメです。

組織に重要なのが、監視の目です。

例えば、事務所内に、監視カメラをつけたら、
たぶん、作業効率が上がります。

別にそれをチェックする流れを作る必要もないけど、
あるってだけで、効果があります。

あと、うちの電話は全て録音されています。

なので、なにかあったら、
誰がどんな対応をしたか、すべてわかります。

これも、しっかりとサポートしないとダメ。

っていう、抑止力になります。

あとは、エキスパの管理システムで、
スタッフが、どのような操作をしたか、
それもログを取っているので、
あとで調べればわかります。

このように、
なんとなく、監視されているって、
感覚を持たせるくらいで丁度いいです。

『できごころ』とか『魔が差した』

そういう言葉がありますが、
組織の人員が、どんどん増えたら、
イレギュラーな事もおきます。

無法地帯はダメです。

スタッフが何か悪さをするのは、
全て、社長の責任です。

刑務所みたいにしてはダメですが、
なんとなくの監視ぐらいは必要です。

組織が大きくなってきて、
社長の直下のスタッフだけでなく、

3系統目のスタッフができたら、
権限を決めないとダメです。

スタッフ数で言ったら、10人ぐらいから、
年商で言ったら、3億円ぐらいからです。

・社長権限

・経理権限

リーダー権限

・一般権限

せめて、この4つは作って、
各権限で、見ることができる情報に、
制限をかけないとダメです。

とくに、お金と個人情報は重要なので、
必要以上に、スタッフに情報を開示してはダメです。

よく、友人の会社が崩壊するのを目にしますが、
私からしたら、崩壊して当たり前。

いろいろ、ダメダメ過ぎます。

組織を維持するために必要なのは、
規律と監視、そして権限、この3つです。

今年になって、この3つが
しっかりと機能してくれているみたいです。

これを維持できるかが重要。

良い会社を作っていきたいと思います。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

元電通社員からの状況報告 [最近の出来事]

ご存知、元電通社員 藤沢先生のメルマガシェアです。
ブラック企業撲滅運動のお話です。
それではどうぞ!!!
______________________________

厚労省東京労働局は、法人としての「電通」と、
過労自殺した社員の当時の上司である幹部1人を、
労基法違反で書類送検しました。

捜査自体は年明け以降も継続する中、
強制捜査から「1ヶ月半」という異例の早さで、
立件されたのです。

未だに「電通をスケープゴートにするな」という
見解も多くありますが、私の友人や親族が勤める
マスコミ、商社、証券会社、メーカー、あらゆる企業が、
「電通の問題があったから」という理由で、
残業を抑制したり、休暇を取得するようになっています。

つまり、電通の問題を見つめることにより、
社会全体で労働生産性を上げることを意識していることは
間違いの無い事実です。

ただ、私が懸念しているのは、
問題が「時間」だけになっていることです。

たとえば、エイベックスにも
労基署の是正勧告がありましたが、
音楽活動を長く続けてきた私にとって、
あの業界を「時間」で縛るのが難しいことは
よくわかります。

好きで仕事をやっていて、
「仕事」と「遊び」の境界線が無い状態だと、
いつまでも働き続けてしまうのです。

そして、松浦勝人社長も発信したように、
その「夢中」の先に、社会を「感動」させるものが
生み出せるのです。

広告も、クリエイティブの分野においては、
音楽と似た背景があるでしょう。

ですから、「働き方改革」という視点で見ると、
「時間」だけではなく、その仕事に自分の意思では無い、
誰かの「強制力」が働いているかどうかを判断することが
大切だと考えています。

電通で亡くなった女性社員には、
明らかに「強制」がありました。

本人は強い異動希望を出していて、
SNSでもずっとSOSを出していたのに、
負荷の大きな仕事を与えられ続けた上で、
セクハラ・パワハラも受けています。

そこに軍隊的組織としての強制という罪があったことを
もっと責任追及していくべきだと考えています。

一方、社内だけではありません。

その仕事を電通に依頼したクライアントも、
電通への長時間労働の「強制」があったのでは無いか、
そして、またその先には、利便性を求めた消費者が、
企業にサービスを強制しているのでは無いか、
そのような視点で俯瞰的に、考察すべきだと思います。

「レストランは24時間営業していて当然」

「宅配は指定日時に届いて当たり前」

一般消費者のそのような社会への甘えが、
日本を過労社会に導いているということです。

「ブラック企業大賞 2016」という

不名誉な烙印を押されてしまった電通は、
年末までに発表するとしていたネット広告の
不正請求に関する全容解明を1月末までに延期し、
報告すると発表しました。

年内には解決せず、爆弾を抱えたまま、
年を越すことになります。

2016年に膿を出し切れずに残念ですが、
電通の問題を日本全体の問題、
そして、個々人の問題として捉え直し、

「糾弾」「破壊」だけではなく、

2017年には「創造」「再生」していけるように、
私達1人1人も意識改革していきたいですね。

◆「2位」からあっという間に「1位」へ!ありがとうございます^^

社長ブログランキング、
おかげさまで、昨日の夕方に「1位」に返り咲きました!

あなたがバナーをクリックしてくださったおかげです!

本当にありがとうございます!!

年内は、「1位」を絶対に維持したいと考えております。

引き続き、本日も応援してくださいますと幸いです。

こちらから、お願い致します!

http://bed-ex.jp/Lcc67306/113511


本日のブログ写真は、
電通「書類送検」を速報で報じるテレビ報道番組の様子です。

彼女の写真を見る度に、悲しい気持ちになります。。。

彼女が社会に訴えたかったことをしっかり受け止めて、
私も、微力ながら発信し続けたいと思います。

そのために、あなたがお力添えしてくださるなら、
こちらの記事をシェアしてくださいね!

http://bed-ex.jp/Lcc67306/213511


これからも、有益な情報をお届けしていくことを誓います。

いつも、本当にありがとうございます!!

藤〇涼
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

『脳のリミッターを外せ!』 [マインドセットに関して]

いつも刺激を受けている山田先生のメルマガシェアです。

2011年頃から、耳に良く入る話で、

これからは、個人が輝く時代に突入する
(海外では、とっくに始まっている・・)

そんなお話です。

それではどうぞ!!!

______________________________
今日は、「脳のリミッターを外せ!」です。

おはようございます、山田です。

今年も終わりですね。

あ、忘れないうちに書いておきます。

このメルマガ、明日で今年はおしまい。

年明けは、6日から発信させてもらいます。

4、5日は「巨人覚醒塾」の方たちと合宿セミナー。

これに集中したいのです。

今年は、公私ともに良い年でした。

正確に言うと「今年も」ですね。

独立して8年、ずーっと素晴らしい年です。

そして、来年は「規制の秩序に挑戦する」年です。

具体的に言うと。

「中高年の希望の星」として、若者たちとインターネットビジネスで競い合い、
62歳の私が蹴散らす(笑)

40歳以上の中高年の方、応援よろしく。
(あ、メルマガ読者の若い方は、私の味方ですから)

それともっと大きなゴールは、
電通のような不要になった「日本株式会社」の残骸は潰していく。

はい、もう、図体のでかい「会社」は日本には不要です。

世界は、「個の時代」に入っています。

アメリカでは、フリーランスがなんと「2人に1人」になっているらしい。

日本でも、昨日の日本経済新聞に載ってました。

・「働き方改革」の一環として。

政府は「働き方改革」において、
「兼業・副業」や「雇用契約にとらわれない働き方」など、
柔軟な働き方の促進を目指している。

・その中の「兼業・副業の促進」について
日本経済新聞が26日、政府が年度内にも厚生労働省の
モデル就業規則の副業に関する規定を
「原則禁止」から「原則容認」に転換すると報じた。

・政府も副業は
「人手不足の解消」や「創業・起業の創出」
に有効だとして、副業を後押しする方針だ。

今の日本をダメにしたのは。

子供を作らない。

・起業率が先進国中で最低。

つまり、ここでも子供(会社)を作らない人が多すぎる。

この2つですから、政府も腰を上げたということ。

さて、上記のようなことを考えて、昨日、眠りにつきました。

すると、バリ島の大富豪、兄貴、丸尾さんの夢を見ました。

最近、華僑大富豪のメンターを持つ大城さんが丸尾さんに会いに行ったので、
脳に刻まれていたのでしょうね。

それと今年、最も悲しかったこと。

藤本憲幸先生との一番の思い出は、一緒に丸尾さんに会いに行ったこと。

当時のメルマガ。



----------------------------------------------------------------------------------------------------------

山田です。

バリ島から帰ってきました。

いやはや、大変に疲れた、しかし、大きなものも得た旅でした。

7日前、バリの空港に着くと。

パトカーのポリスが、
私たち(憲幸先生、憲幸先生の息子さん、その友人)
を待ち構えていました。

凶悪犯の私たちを逮捕するためです。

いや、間違い(笑)。

目的地までパトカーで先導するためです。

パトカーがウーウーと鳴らしながら、
先導してくれるので、速いこと、速いこと。

こんな国賓待遇は、2度とないかも。

なぜ、こんなことができるかというと。

兄貴は、警察署長の資格ももっているから。

なにからなにまで破天荒な話ばかりでした。

今回の旅の目的は、
「バリ島の兄貴と会うため」
「そして、憲幸先生が兄貴の本を出す」でした。
⇒憲幸先生は、兄貴の本を数冊、出されることが決定しました。

兄貴の公式ページからプロフィールを引用します。

「兄貴(丸尾孝俊)プロフィール

1966年、大阪生まれ。3歳で母親と離別。

食べるものに困るほどの極貧時代をすごす。

中学卒業後は、看板屋に住み込みの丁稚として就職

その後、運送会社や、吉本興業(株)などを経て、
20代後半で、単身インドネシアのバリ島で事業を開始し
「不動産デベロッパー」として大成功。

バリ島での資産は圧倒的で、
現地関連会社29社を所有し、
現地従業員は5,300名を超え、
自宅25軒、東京ドーム170個分の土地を所有する
世界レベルの大富豪である。」

現地に着くとなにもありません(笑)。

毎日、「兄貴の話を聞く」のが日課でした。

私の兄貴の印象。

・鋭い眼光、人の心を見透かすような視線を持っていました。

こんなひとは会ったことがないです。

・声はドスがきいていて、まさに良い意味で「ヤクザの大親分」ですな。

・別宅の応接間では、次から次に飲み物がでてきます。

・兄貴が自分で食べて、客人にも奢っていた食い物。

サッポロ1番、カップラーメン、カレーライス、マグロ、カニ、ソーメンとか。

麺類が大好きのよう。

・タバコ1日4箱で、特にジムに通ったりもしていないですが、
「いい身体」をしていました。

・朝の4時とか5時まで起きて、人と話していました。
睡眠時間3時間くらい?

全てにおいて、考え方のスケールが大きく、実践中心でした。

脳のリミッターが完全に外れていました。

「お金は稼げるだけ稼ぐんや。」

兄貴によると
「脳のリミッターを外して、本気になるだけで成功できる」そうです。

激しく、同意します。

・暴走族のOB連中は、大成功するか、下層階級で過ごすか、
  2つに1つが多い。中間が少ない。

・就職は難しいので、
 「雇われる」道を選ぶとバキュームカー、ゴミやさん、
  土木作業員とかの肉体労働しかない。

・そこで、一念発起して、自分で会社を興して、
 本気でやった奴は、皆、大社長や。

・佐川男子みたいな中間層は、ありえへん。雇ってくれないので。

脳のリミッターが兄貴のように外れると楽しい楽しい人生が待っています。

リミッターの外し方。

・まず、脳のリミッターが外れているひとと付き合いまくる。

・次は、「命を無くしかける」ような体験をする。

戦争にいく、喧嘩で半殺しにされる、刑務所に入る、難病にかかる、etc、、、、、、。

私は、これに女性も加えたいと思います。

・本気で女性に惚れる。

兄貴も一目惚れした現地人女性(奥さん)のためにバリに住み、
大成功したのです。

原動力は女性。

今回、憲幸先生も一緒だったので、話を1週間も伺ったのですが。

「男の人生を左右するのは女性。
素晴らしい女性に本気で惚れると男の能力が開花する。
兄貴もそう。」とおっしゃっていました。

憲幸先生には、女性に対して話をしてもらい、動画にまとめました。

単なるナンパではなく、自己実現、自己開花に繋がるもので、
はやく、紹介したいです。

とにかく、ぶっとんだ旅でした。

憲幸先生と1週間、ずっと一緒、
そして、毎日、兄貴の話を聞いた日々。

100万円とかの自己啓発セミナーを100回受けたよりも
はるかに価値のある1週間でした。

自分の脳が変わり、進化していくのを実感しました。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
「お金は稼げるだけ稼ぐんや。」

兄貴によると
「脳のリミッターを外して、本気になるだけで成功できる」
そうです。



これ、ほんまにそうですね。

脳のリミッターを外す条件。(先程とかぶりますが)

・まず、脳のリミッターが外れているひとと付き合いまくる。

・次は、「命を無くしかける」ような体験をする。

戦争にいく、喧嘩で半殺しにされる、刑務所に入る、難病にかかる、etc、、、、、、。

・素晴らしい女性と出会う。

私、全部、当てはまるわ。

リミッターが外れているような人ばかりと付き合っているし。
病院で死の宣告を受けたし今年、素晴らしい女性と出会えたし。

むふふ、やるぜ!

山〇豊〇

PS.バリ島の兄貴、丸尾さんについて。

http://hereafter-ex.com/Lv29901/116241

「25の教え」は、憲幸先生が書いた本。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

できるお金持ちのコツ講座 [生活のワンポイントアドバイス]

佐〇先生のメルマガシェアです。
簡単そうで、実は、難しい?
難しいようで、簡単?
そんな微妙なそんなお話です。
____________________________

今すぐ実践できるお金持ちのコツをシェアします。

端的に言うと、人の心を掴むのが上手い人はお金持ちになれます。

逆に、相手の心情をしっかり理解できない場合、
お金を稼ぐのは難しくなります。

要するに、人の心を掴めるかどうかが大切だということです。

では、人の心を掴むにはどうしたらいいのでしょうか?

最も手軽な方法としては、

「相手にとって大切な事を一番最初に伝える」

ということが挙げられます。

これは、会話でも文章でも同じですが、
相手が関心を持つ大切な事を最初の一言で
ビシッと伝えるのです。

例えばビジネスの際はお客さんに対して、

「あなたは今から何が得られるのか?」

これを最初に伝えるのがベターだと言えます。

ここでダラダラと余計な世間話や、
自分の関心事ばかりを話し続けてしまうと
お客さんは離れていきます。

これは本当にもったいないことです。

あなたがどんなに良い物を持っていても、
それを知ってもらうチャンスすら無くなります。

「相手にとって大切な事を一番最初に伝える」

これで相手の心をまずはがっちり掴むことから
意識をしていきましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

海外トップミュージシャン年収ランキング [知ってて損は無い雑学?]

海外のトップミュージシャンを見ていると
どのくらい稼いでるのか気になったことはないでしょうか?

今朝は特に女性のミュージシャンのトップ5をお伝えします。
最近の2016年の海外の女性歌手に限定してのランキングですが

5位はビヨンセの5,400万ドル!

4位はリアーナの7,400万ドル

3位はマドンナの7,600万ドル

2位はアデルの8,000万ドル


そして1位は






テイラー・スウィフト

1年で1億7,000万ドル(約176億円)
稼いだというからもうレベルが違すぎます!


ちなみに日本を代表する女性ミュージシャンとしては

倖田來未さんや
浜崎あゆみさんが当時推定4億円といわれてましたが

海外アーティストがいかに稼いでいるかに驚きますね 。・ω・

グローバル展開の差なんでしょうか。。

でも諦めるのはまだ早いです。

マドンナが3位?というのもある意味驚いたのは、私だけでしょうか?
もう少し稼いでいるような勝手なイメージを持っているもので・・・・

最近のピコ太郎さんの例からもYOUTUBEを使って
メジャーデビューをしている例もありますから・・・・。

一発逆転はあきらめずに
行動し続けた人にくるものだと思うので
行動し続けることが大事ですね!

それでは今日も一日頑張っていきましょう!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog