So-net無料ブログ作成
検索選択

デヴィ婦人でも集まらない・・・ [最近の出来事]

ネットビジネス界の重鎮”七〇先生”の
メルマガシェアです。

今回、FBでのライブ配信に関する
報告が記載されてます。

それではどうぞ!!!
____________________________

七〇です。

デヴィ夫人のFacebookで、
ライブ配信をしたのですが、
いろいろ失敗しました。

前回のミスは、

・商品点数が多すぎた
・商品名をつければよかった
・もう少し時間をかければよかった
・ミニセミナーは必要なかった
・台本を準備するべきだった
・購入用の何かを準備するべきだった
・コメントをもっと確認するべきだった
・テロップを出したかった
・商品の写真を準備するべきだった
・暗号をつくるべきだった
・無料プレゼントもルールをつくるべきだった

上記はクリアしたのですが、
今回は、準備をしすぎて、ダメにしました。

今回のミスは、
ごちゃごちゃ準備をしすぎた事です。

最終的には、デヴィ夫人の指輪
販売する予定だったのですが、

販売用のサイトや、商品写真、
決済フォーム、配送までの準備は完璧でした。

でも、ミスの原因は、
ツールを使って、3カメ撮影や、
テロップを画像として準備して、
テレビ局の番組っぽくしようとした事です。

台本に合わせて、画面を準備していたので、
少しでも狂ったら、修正ができない。

今回感じたのが、
画面構成は、できるだけシンプルが良いって事です。

理由が2つあって、カメラを増やすと、
ライブの画質や音が悪くなるみたいで、
音飛びがすごかったようです。

そこで、カメラを減らしたりして、
準備した事が、全てできなくなった。

しかも生ライブ配信なので、どうしようもない。

なので、シンプルにした方がいいです。

画面は2種類

・1カメで、画面内で、
 ヘッダーとフッター部分にテロップを入れる
 これは固定で動かさない

・準備してある、写真や画像を、画面いっぱいに出す。
 2画面にはしない

■今回の教訓
・1カメでやる
・回線速度を確認する
パソコンのスペックは最高、できれば安定したデスクトップPCで
・マイクは良い物を準備する
・リハーサルをするべきだった

テレビ局ではないので、映像的な小細工ではなく、
紙でテロップを作るとか、小物を準備する。

または、会話でなんとかする。

これが今回の教訓です。

今回は、準備をしすぎて、
ごちゃごちゃいなってダメになった。笑

あと、デヴィ夫人は、カメラが回ると楽しくない。笑

普段、私と2人で話している時は、
私の質問に楽しく答えくれるのに、
なんか、まじめな話ばかりで、困りました。

「収録中、私をバカにしてくださいね」

とか、事前にいろいろお伝えしていたのですが、
終始、私の事を褒めてくれるので、
予定通りに進行できなかった。大笑

ライブ配信用の機材も持っていますが、
もう一度試してみます。

あと、事前告知をしなかったので、
視聴者も思った以上に集まらなかったです。

デヴィ夫人だからと言って、
どばっと集まらない事も解りました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

まずはやってみては? [ビジネス]

王子こと江上様のメルマガシェアです。

それではどうぞ!!!
___________________________
目標金額が、あなたの制限となっている
という話をします.(
詳しくはあとがきで・・・・


王子のなかだけのブームですが、

いまさらながら、
「氷菓」というアニメを見ています。

平凡な日常でありつつも
主人公の内的成長を描いた、

定番といえば定番の学園モノなのですが、
後味が良いです。

みんながあれほど
盛り上がってたわけが、いまわかりましたw

dアニメにあります。

おためしあれ。

■■ あとがき(今日の王子)

★目標金額が、あなたの制限となっている

例:年収1000万
その自分(セルフイメージ)になる
ので、ゼロ1個足そう。

これ、某、
「世界を旅する10年連続年収一億円ブロガー
の講演会からのシェアです。

なぜ、一億ではダメなんでしょう?
勝手に制限つけてませんか?

10億、100億とかになると、
これからの人は
逆にイメージつかないと思いますが、
一億くらいならいける数字です。

実例は、ゴロゴロいますから。
 
実際、年収1000万じゃ、
少なくとも都会では
まだ厳しいものがありますし、
税金考えても中途半端な数字です。

年収3000万からが、金持ちです。

売上3000万の、利益率最低70パー。

これは、
特にインターネット通販が実現してから
実例はたくさんある数字。

実現可能なレシピが、
先陣きった人たちのおかげで、
既にあるのです。

まさかとは思いますが、
大企業のマネっこから考えてはダメですよ。

勤め人が独立起業して失敗するのは、
起業家マインドがないのと、
大企業発想が抜けないところです。

起業のステップというのは
パターンがあります。

失敗した人たち、
12年も前からいろいろ見てきました…

最初から感づいてましたが、
当時は今より年齢低く、
強く言えませんでしたが。

今は、年齢とかそんなもん
完全どうでもよくなったし、

自分自身も大変化したので、

真剣にアドバイス求める相手になら
言いたい放題ですw

なお、私自身は最近、
そもそも自分の生まれ持った性質に
あまり合わないやり方で事業を
考えていたことに気づき、

方向転換することにしました。

コンテキスト(視野)広げて気づけば
当たり前だったのですが、
特に日本にいると忘れがちだったという。

文化で言えば私にはアメリカ
仕事の価値観の方が合ってます。

ヒントを言えば、
「仕事」ではなく「公務」と自称している所。

4つの型のうちの、1つです。
もっと分けるなら、
12個のうちの1つ。
パターンとしては144あります。
簡易版で分類するなら。

この背景には、数百冊もの本や、
調査研究や、それ以前の教養や、
自身の経験があります。
 
特にこの2年、身体的には実は
かなりの無理をしてましたが、
もう、完全に同じ型はおしまいです。

今まで通りだと、人間生活の活動できる寿命が
残り数年に迫ってます。

簡単にいうと、
私は、一般にイメージされる「仕事」に
生まれながらに向いてなく得意じゃありません。

やってみてあらためて痛感しました。

それが、去年まで。

それでも月に1000万超えはできました。

小さなセミナー
4時間で1600万円売り上げるとかも
ありました。

が、もう同じタイプのやり方はアカンw
し、興味がないです。

その裏で、
誰も作れない旗だけ揚げて、
キーパーソンとたまにだべるだけで、

勝手に事業が形になってゆく、
そんなことが起きていたのが昨年で、
いまはそのプロセスを見ているのが
楽しいです(^○^)

と、聞いて、
今まさに始めて進んでいる途中の人は
勝手に自己納得してあきらめるのは
お勧めしません。

やって結果だしてから言ってください。

生まれ持った性質を
あなたは「正確に」知らないのですから。

つかんだチャンスがあるのなら
まずはそれをしっかりやれ!ってことです。

と、いうわけで、結果だしてガチで困ったら、
いや、できればその少し前に
私のところへ来てください。

徹底分析してあげます。

古くは4000年、ものによっては
990年前に完成しているものなど含め、
ありとあらゆる知恵を駆使して…

なお、既に経営者や事業家や
医者でも宗教家でもなんでも、
なにかしらの経験積んだ方は、
「専門家からヒントを掴む姿勢」が
完全にできているので

ウェルカムです。

では、明日からも、ファンタジー!!!
「真のヒーロー」になる方法
http://coffee-ex.jp/Low243/7561
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

読書のススメ [生活のワンポイントアドバイス]

NHK大河ドラマの時代考証で有名な
歴史学者・小和田哲男氏の「戦国大名と読書」では、

徳川家康が天下を取れたのは、
 おそるべき読書魔だったからだ!」

という記述と共に、戦国時代に勝ち抜く武将は皆、
よく本を読んで学んだ人だと説明されています。

例外は豊臣秀吉ですが、彼は常に、
各分野のトップクラスの人に学んでいます。

私が尊敬してた同僚も、
数々の出会った成功者も、
ほぼ全員、読書家です。

たくさんの本を読み続ける方か、
1冊の本を深く深く読んでいく方、
いずれも、「本」を愛する方が、
大きな成果を出していらっしゃいます。

稀に、ほとんど読書をしない方もいますが、
そのような方は、豊臣秀吉と同じく、
人から学べる天才肌の方です。

日本は、戦国時代も、現在も、
本で学び続けた人こそが成功するということですね。

私は、恥ずかしながら、学生時代、
全く読書をしませんでした。

音楽を愛し、ずっと音楽活動を続けていたので、
本棚はCDばかり、数百枚が並んでいました。
(CDに100万円以上投資しています。w)

本を読むことは嫌いで、
目を閉じて音を聴くことだけを繰り返していました。

ところが、会社員になってから、
自分にあまりに知識が無いことに無意識に気が付き、
少しずつ本を読むようになりました。

最初は辛かったですが、
少しずつ、読書に喜びを感じるようになり、
起業してからは特に、大量の本を浴びるようになりました。

最近はAmazonで大人買いすることが多いですが、
以前は、本屋で立ち読みしてから厳選して買ったり、
お金に余裕が無かった頃は、図書館も良く利用しました。

先人に習って、これからも、
しっかりと読書をしていきたいと思います。

さて、幕末の偉人の中でも、
私が好きなのは西郷隆盛で、彼も読書家です。

私は鹿児島出身ですので、
彼の血が流れているように感じるのです。

西郷は、佐藤一成の「言志四録」から101カ条を抜き出し、
暗誦して、そこから、思想「敬天愛人」を
創り上げっていったと考えられています。

その一部は、
1.人の価値は、どれだけ人のために生きているかにある

2.地位や名誉そして見せかけの成功に惑わされてはいけない

3.情(人への思いやり)が、宇宙万物を一体とさせている

4.何事も人を相手にするのではなく、天を相手にして取り組め

私も、このような人間でありたいと思います。

来月の鹿児島旅行で、西郷隆盛の愛を感じながら、
故郷を旅できることが楽しみです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

適応能力があれば、問題ないです? [最近の出来事]

お世話になります。西野 浩司です。

日本はものつくり大国として考えられていますが
豊かさの源であった製造業に関して
時代の流れとともに
非常に大きな変革があったんです。

どのように変わったのかというと
現場で働く正社員が、
二十年前は8割正社員だったのが、
今では8割派遣社員になってしまったんです。

正社員が、派遣社員に代わり始めた時期は、
サザエさん』のスポンサーが、
東芝一社から多くの企業へと変わった1998年に一致。

これは『サザエさん』的な日常の風景が、
東芝1社では支えきれずに、
複数社に分散されていった課程と
似てるんです。

インターネットが普及してから
ビジネスモデルの変化が非常に
早く切り替わっていますが
どんな時代でも対応出来るような
対応能力が大事になりますね!

それでは今日も明日も頑張っていきましょう!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

自身の方向性再確認方法 [生活のワンポイントアドバイス]

たびたびお世話になります。西野です。

自分の人生の方向性が
わからなくなったときに問いかけたい5つの質問

やみくもに、
目の前のことばかりやっていると
本当に得たいもの、つまり幸せを逃します。

この5つの質問を、自分にしよう。

1 子どものころの自分は今の自分を誇りに思う?

2 毎月最も楽しみにしていることは?

3 生活レベルは上がっていっている?

4 なにが1番自分を幸せな気分にさせてくれる?

5 自分のことを好きだといえる?

これを、書き出してみよう。

大丈夫、

十分かけなくても、なにかしら
気づきがあるはずだから。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

筋肉痛が嫌い [生活のワンポイントアドバイス]

こんにちは、西野浩司です。

筋肉痛が嫌いという理由で、
運動や筋トレスキーなどを挑戦しない
人が結構いますが、ぜひ克服することを
おススメします。

なぜならば、
筋肉痛を通り超えた後の調子は
かなりすがすがしくてQOLが
本当に上昇するからです。

QOLとは、クオリティオブライフのことで、
日本語にすると人生の質という意味ですが、

普段運動をしていないと、
すぐに筋肉痛になって辛いのはわかりますし、
以前は僕もそうでしたが、

去年から、ダンベル筋トレを始めたり、
スノーボードやウェイクボードを
再開するようになって一時全身筋肉痛で
かなり悩まされたのですが、

ここ最近はとても体が疲れづらくなり、
良く睡眠もとれるようにもなって、
日々体の調子が良くなりました。

また、たまに筋トレをさぼると、
だんだん体が凝ってくるのを感じ、
筋トレを始めるとすぐに調子が回復するのです。

肩こりなどは、基本的に筋肉の硬直による
血流の悪さが原因ですので、
ちゃんと筋トレをするとよくなります。

さらに、定期的に筋トレをすれば、
年を取っても寝たきりになる可能性が下がるので、
最後まで楽しい人生を生きることが出来ます。

すでに、年配の方でも、
何歳でも筋肉は成長することは科学的に
証明されていますので、

トレーナーをつけて、
筋トレを定期的にすることで、
他の家族に迷惑もかけることはなくなります。

最初は筋トレで全身はつらいですが、
何回かだけ乗り越えれば、その後は
運動して気持ちが良いという状態になるので、
ぜひここは乗り越えることをお勧めします。

というわけで、
筋肉痛嫌いな人が多い世の中ですが、
運動不足病気の元なので、
ぜひやりましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

YOSHIKIさんの行動で、炎上・・・? [最近の出来事]

お元気様です。

西野です。

先日のテレビ朝日「MUSIC STATION」で、
出演したX JAPANのYOSHIKIが番組中に
スマホを操作していたことに対し、
一部の視聴者からクレームが殺到、
SNSが炎上してしまう騒ぎになりました。

Hey!Say!JUMPのトークのコーナーで、
後ろに座っていたYOSHIKIがiPhoneを持ち、
Instagramに、「I’m on TV right now!」と、
楽屋での写真と共に投稿したので、
主にHey!Say!JUMPのファンから、
批判を受けたのです。

これに対し、YOSHIKIはすぐに、

「ごめんなさい。今後気をつけます」

と謝罪しましたが、今度はこれに対して、
堀江貴文さんが、
「別にええやん笑」
テレビが双方向になる便利ツール。
 生放送で使わないとかありえん」

「そのうち当たり前になる」

などと持論を展開して、
さらに話題になったのです。

私自身も生放送で見ていたので、
賛否両論、それぞれの見解が分かります。

ファンとしては、一方向のメディアの中で
双方向にして距離を縮めようとするYOSHIKIの姿勢は、
さすが、ファンを愛していて素敵だと思います。

しかし、一方で、他のアーティストの出演時に、
下を向いてスマホを操作するという行為は、
その他のアーティストのファンにとっては、
失礼な態度だと受け止められるでしょう。

このように、「視点」によって答えが変わることは、
世の中に沢山あります。

立場ゆえに、あるものの一部が見えないこともあれば、
同じものを見ていても、見え方や捉え方が
大きく異なることは、日常茶飯事です。

私達は、無意識のうちに、
「1つの視点」で物事を考えがちなので、
できるだけ、無数の立場に立って考え、
言動していくべきだと、改めて考えさせられました。

それにしても、YOSHIKIは今や、
マディソン・スクエア・ガーデン、
カーネギー・ホール、ウェンブリー・アリーナという、
「超一流」のステージに立つ世界的なアーティストです。

それなのに、自分の非をすぐに認めて、
お詫びができる謙虚なあり方は、
とても凄いことであり、見習うべきだと感じます。

また、拡散しやすい話題にすぐに乗っかる堀江さんも、
やはり、お見事ですね。

YOSHKIは、デビュー当時から、
メディアの使い方が上手い人でした。

その上で、インターネットが持つ力に
最初に気が付いたのは、亡くなったhide。

hideは、X JAPANの中で、誰よりも、
デジタル化、ネット化に力を入れていました。

現在、SNSの更新を頻繁にしたり、
過密スケジュールの中で、ニコニコ動画への出演も
精力的にこなしているYOSHIKIは、
hideへの強い思いを抱えながら生き続けているのだな、、、
と感じます。

映画「We Are X」公開まで、あと5日。
まだ見ていないのに、もう泣きそうです。。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

結婚しないで子供がいる人? [マインドセットに関して]

山田教授メルマガシェアです。

今回は、結婚しないことが問題では無い?
子供を作らないことが問題なのだ?

そんなお話です。

それではどうぞ!!!
___________________________

今日は、「もし、俺が前澤友作なら、、」です。

おはようございます、山田です。

昨日は、東京での覚醒塾の説明会。

参加者の5割ほど、10名の方が新たに参加してくれました。

「また、新しい仲間に会える。」

嬉しいもんです。

さて,
ゾゾタウンの前澤友作社長、マイブームです(笑)。

私の頭では、「現代の英雄」と思います。

41歳で資産は3000億円超。

女性にもてまくりがうらやましいです。

あ、紗栄子とかは、「鼻くそみたいな女」と思いますよ(笑)。

「すげえなあ!」とうらやましいのは。

前澤さんには結婚暦がないにもかかわらず、
2人の女性との間に3人の子供がいるそうです。

「結婚しない男」

もちろん、「養育費はたっぷり」とだし、
子供には愛情を注いでいるそうです。

日本では、結婚しないのに子供を作ると非難されます。

しかし、これ、世界の現状と違いすぎるのです。

スウェーデンでは、
「婚外子」が55パーセント
アメリカでも40パーセント。



http://hereafter-ex.com/Lv29901/116641


大事なのは、「結婚する」ことではなく、
「子供を作る」ことだと思うのです。

不幸にして子供ができなかった夫婦の方は、
かわいそうと思います。

しかし、人類の未来のために大事なのは、
「子供」であり、「結婚」ではない。

前澤さんの考え、合理的と思いますね。

事実上の「一夫多妻」、一生、自由な生き方です。

うらやましい(笑)

1.もし、俺が前澤友作ならば、日本中に家を持ちます。

10軒くらい。北海道から沖縄まで。

そして、奥さんが5人くらい。

「ええ、山田さん、何を不道徳なことを言っているのですかあ?」

ああ、はい。

でもね、世界ナンバー1コーチのアンソニー・ロビンズ。

若い頃は、
「アメリカの州全部、それぞれの州に彼女がいた」
と言ってました。

ほんとです。

私は、アメリカのセミナーに行き、彼の口から直接、聞きました。

男にとっては、これが自然なんです。

2.会社は、自動操縦。

基本、1日に1回、幹部とのスカイプ会議のみ。

これで回るようにしたい。


3.起業、経営を教える塾をやりたい。

「山田さん、『大富豪』という仮定ですね。

だったら、無料でやるのですね?」

いやいや、「無料乞食」は、絶対に成功しない。

今でも私に無料のコンサルを強いる方がいます。

この間もいました。

「私は、ケチです。
 お金を払うのは大嫌いです。
 商売もお金を使わずにやるのがポリシー。
 自己流でホームページビルダーを使い、
 ホームページ作成

 それで、なんとか飯を食っていたのですが、
 最近、ライバルが増えて、
 売り上げが激減しました。

 無料で立て直す方法を教えてください。」

私が、「広告を出してください。」というと。

「山田さん、私は、お金を使う広告とかはやらないです。」

「この人、最初は運が良かったので、

『マーケティングを学ぶ』
という基本をおろそかにしている。

そのツケが今になってきている。」

だから、塾は、有料にします。

「百円プロジェクト」も千円でももらうことにします。

やる気のある方以外は相手にしたくない。

4.生活はのんびり。

食生活は、魚柄 仁之助先生の
「ひと月9000円の快適食生活」です。

もち麦を主体した飯、根菜を中心にして、
豆類をたくさん、後は野菜とか魚を応援団にする。

「山田さん、大富豪になれば、
 ケチな食生活をしなくても良いのでは?」

いや、健康のためです。

最近、腹が出てきて悩んでいるのですが、
この食生活を守ることこそが、問題解決となります。

あ、1日に1食は快楽食、美味しいものを食います。
→普通、昼飯。


5.肉体のトレーニング。

大好きなウェイトトレーニング。

PHAシステムという独特の方法を極めます。

ミニサーキットトレーニング。

あと、水泳とかのプール運動。

ここ、すごく書きたいですが、終わらないので、

またの機会に。


6.知識。

時間は、たっぷりなので、
本とかDVDとかでたっぷりと知識を吸収します。

大好きなのです。

特にビジネス関係ですね。

7.最後に一番に大事なのは。

感情と精神のトレーニング。

瞑想と自己催眠です。

「巨人覚醒塾」で教えていますが、
こんな感想をいただいています。

「30年チャレンジしてだめだった自律訓練が
 わずか2日で習得できた。
 しかも精神と時の部屋メソッドで自分でも驚くほど
 短時間で深く入ることが出来るようになった。」

これは、私の誇りです。

結果を出す!

自己催眠術、中でも最も有名で世界中の大学とかで
研究されているのが自律訓練法。

でも、1年かけてもマスターできる方は、
どれだけいるでしょうか?

「独習は不可能」と言われているので、
千五百円の本とか数万円の教材を買った方の努力は無駄になる。

そういう状況で、私は、ほぼ完璧に結果を出せました。

最短の時間で、自律訓練法をマスターしてもらい、
次のゴールに進んでいます。

筋肉トレーニングでもそうでした。

今や、「筋トレ」イコール「痩せる運動」となっています。

誰も難しい「筋肉肥大」を教えない。

巷の1500円ほどの本を買い、自己流で家で励んでも

「胸囲の1センチも増えない」のが実情ですね?

私は、ここでも
「3ヶ月で胸囲20センチ、
 腕や脚は8センチ増加、
 体重は10キロも筋肉をつけた」

こういう結果を出しました。

真実の結果を出せるのが、私のプライドです。

こういう自分のプライドを守り続けたいです。

結局、一番、大事なことかもしれない。

「山田さん、今とあんまり変わらないのでは?」

はい、そうです(笑)。

それだけ、自分は良い人生を歩んでいるということですね。

山〇豊〇



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ぶっ飛び実業家講座:潜在能力 [マインドセットに関して]

説明不要・・
神”与沢先生”のメルマガシェアです。

それではどうぞ!!!
________________________
こんばんは、与〇です。

今日は、久しぶりにLEIの成長記録その3と
ドバイの日常を動画でお届けします。

 → https://www.youtube.com/watch?v=xyKciBIgPUk

といっても家の下とLEIの病院しか出かけていないので、
ネタが少ないのですが。。

私の息子は、2月27日で2か月を迎えます。

本日は、2か月検診で体重を量ったり、
注射を打ったり、口から薬を飲ませてきました。

なんと生まれた時3.5キロだった体重は、
2か月弱で5.7キロに増えていました。

身長は51cmから57cmへと成長していました。

こんなに早く成長していくことに本当に驚きを隠せません。

風邪もひかず毎日家族に笑顔を振りまいています。

さて、今日は今こそ私が重要だと思っていることをお話します。

それは、端的に、自分の力を引き出すこと、
開花させること、可能性を伸ばすことです。

人間は皆等しくものすごく大きな可能性を持っています。

そう思えない人もいるかもしれませんが、これは本当です。

どんな人でもかなり大きな潜在能力や可能性を持っています。

だけど、それを引き出すことなく人生を終えてしまう。

こういうことがとても多いと思っています。

私は、自分の可能性を限界まで
引き出そうといつも勝負しています。

あなたも、
自分にもう少しだけ期待してよいと思います。

可能性を開花させずに一生を終えてしまう
なんてもったいないです。

では、どうすれば可能性が開花するか、
というと、実は自分の弱みを武器に変えることです。

私は、今では人前で話すことが特異ですが、
昔は、大勢の前に立って話すのは好きではありませんでした。

また、今ではこんなに肥満な私ですが、
肥満も、覚えてもらいやすくて
良いとプラスに考えているぐらいです。

少なくとも、私が自分はデブだから、
ダイエットするまでは、顔出すのは辞めようと思っていたら、
今こうしてメールもきっと書いていないです。

人には、ハンディとか弱みは、多少はあると思います。

ない人もいるでしょうが、
あっても実はあんまり関係ないということです。

自分次第で、
その弱みを愛嬌に変えてしまうこともできます。

重要なのは、完成するまで辞めておこう、
自分には不相応だ、まだ早い、と言っていたら、
チャンスを逃し、無駄な時間を過ごすということです。

実際は、走りながら弱みを克服したり、
弱みを武器にしていけます。

だけど、弱みに気持ちが負けてしまったら、
やるべきことを避けるようになります。

神経質すぎる人、体が不自由な人、
あまり良い顔には生まれなかった人、
あまり頭の回転が速く生まれなかった人、
背が低い人、私のようにデブな人、
コミュニケーションが不得意な人、
周囲よりも歳を重ねている人、
あがり症の人、性格が暗い人、
確かに、これらは弱みのように見えますが、
実際そうでもないです。

コンプレックスに負けたら、自分が損します。

例えば今現在綺麗な女性がいたとして、
その人の過去の写真とか見ると、
あんまり綺麗じゃなかったって人は結構多いですよ。

最初から誰が見ても綺麗な人というのは、
少ないものです。

つまり、そんな自分としっかり向き合って、
自分の良さを引き出して弱みも強みに変えて、
綺麗になったんだと思います。

与えられたものは、変えられません。

配られたカードで成功を掴むのが、人生ゲームです。

成功する人は、マイナス点を武器にできるぐらいの人です。

ともかく今重要なことは、自分の可能性を引き出すことです。

ナメック星人の長老が、頭に手を置いて、潜在能力を引き出す、
というシーンがドラゴンボールにありますが、まさにあれです。

潜在能力ってすごいですよ。

私は、自分ってこんなこともできるんだ、って具合に、
毎日、自分能力を拡大させています。

それを昔から意識的にやってきて、
今は無意識で拡大させてきています。

どんどん勉強して、経験して、挑戦しています。

それを無意識にやっています。

すると、どんどん自分の可能性領域が広がります。

そんなプロセスの中で、
やるべきこと、やるべきでないこと
も鮮明に見えてきます。

大切なことは、心構えです。

自分には、今の結果を大きく超える可能性が眠っていて、
それを開発するのが自分の使命だと思うようにすることです。

まずは意識です。

意識しながらやる。

そのうち無意識に可能性を拡大するように
行動できるようになります。

ということで、GWBSでは、その開発を行います。

自分の可能性をぐんぐん広げて下さい。

価値のあることにお金を使って欲しいと思います。

周囲の同調圧力には負けず、
自分が正しいと思うことを当たり前のように
やることが大切です。

GWBSは残り3日で開講します。

GIVE WING BUSINESS SCHOOLへ参加をする
http://give-wing-business-school.com/

以下、全12話のバックナンバーを公開します。

第1話 投資家脳と消費者脳
https://www.youtube.com/watch?v=6Acn5novrlAl
レジュメ → pdf" target="_blank">http://t-yozawa.xsrv.jp/1st.pdf

第2話 成功者誕生プロセス
https://www.youtube.com/watch?v=7Uv3G7zBfF8l
レジュメ → http://t-yozawa.xsrv.jp/2nd.pdf

第3話 道を決める
https://www.youtube.com/watch?v=7BoJW-agac0
レジュメ → http://t-yozawa.xsrv.jp/3rd.pdf

第4話 長期投資の実行
https://www.youtube.com/watch?v=ExsI2SGnzGg
レジュメ → http://t-yozawa.xsrv.jp/4th.pdf

第5話 短期投資導入編(思考回路のまとめ)
https://www.youtube.com/watch?v=cqp19bYnzig
レジュメ → http://t-yozawa.xsrv.jp/5th.pdf

第6話 短期投資実践編(10年後を見て動くこと)
https://www.youtube.com/watch?v=F5lFsE_twFc
レジュメ → http://t-yozawa.xsrv.jp/6th.pdf

第7話 米国株及びGWBSの詳細
https://www.youtube.com/watch?v=x8HjsAAiCkE
レジュメ → http://t-yozawa.xsrv.jp/7th.pdf

第8話 21世紀に活躍する人物像(思考長者)
https://www.youtube.com/watch?v=q5F5S294cGc
レジュメ → http://t-yozawa.xsrv.jp/8th.pdf

第9話 時間を経るごとに豊かになる法則(時の概念)
https://www.youtube.com/watch?v=m71kxP97X1o
レジュメ → http://t-yozawa.xsrv.jp/9th.pdf

第10話 結果を総取りしていく人の思考法
https://www.youtube.com/watch?v=tWeagCf6iPQ

第11話 成功しない人の特徴
https://www.youtube.com/watch?v=ed4fzpAuDnM

第12話 誰も教えてくれない真実
https://www.youtube.com/watch?v=ygD3Pnf6R7Q





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

委縮した子供・・・・・ [生活のワンポイントアドバイス]

おはようございます。西野です。

突き抜けた成果を出す方に共通するのは、
「他人からどう見られるか」よりも、
「自分らしくあることを貫く」姿勢です。

語弊を恐れずに言えば、
「萎縮」していない、子供のような方こそが、
大きな収入や、誰にも邪魔されない自由を
勝ち取っていきます。

一方、社会の中では、
「萎縮してしまった子供」のような大人が、
とても多いように思います。

自分がやりたいと思うことがあるのに、
自分の目指したい生き方があるのに、
その気持ちを放棄してしまう。

本当は表現したいことがあるのに、
他人の評価を恐れて、封じてしまう。

少し上手くいかないことがあるだけで、
恐怖が膨らんでしまい、挑戦をやめる。

そういう人ばかりなのです。

私は、自分が「感情の人間」だからこそですが、
多くの方が、もっと自分の感情に
注目するべきだと考えています。

社会を広く見ると、
「自分の感情を捨ててしまった人」が
多過ぎるように感じるのです。

自分の本心が、「嬉しい」と感じるか、
あるいは、「悲しい」と感じるか、
「嫌」なのか、それとも、「好き」なのか。

自分の心をしっかり見つめることが、
自分自身と調和して生きるために
とても大切だと考えています。

さて、私は、「後悔」はしないように生きています。

ただし、多少でも感じるのは、
「挑戦したこと」よりも、「挑戦しなかったこと」
に対する後悔です。

「挑戦したこと」への後悔なんて、
日に日に、小さくできます。

そこからの学びが、未来を変えるからです。

しかしながら、
「挑戦しなかったこと」への後悔は、
日に日に、大きくなってしまうように感じます。

失った貴重な時間は、もう戻せないからです。

まだ40代?もう40代?
の私が言うのも恐縮ですが、
私達に与えられた時間なんて、
本当に短いと思います。

ですから、自分の感情に従って、
挑戦し続ける人生にしたいですね。

息子を見ていると、毎日、
自分の感情の通りに生きていて、
私が忘れていたものを思い出させてくれます。

私自身も、息子を見習って、
「萎縮した子供」ではなく、
「萎縮していない子供」のようで
あり続けたいと願っています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog