So-net無料ブログ作成

これはどうでしょう? [ネットビジネス]

王子様のメルマガシェアです。

興味のある方どうぞ!!
______________________
近々、ずっと温めてきた
新サービスを、

まずは一部の方から
提供しようと考えています。

私は得意分野が多くて、
「●●の専門家です」と、一言では
言い表せないという悩み?があるのですが、
根本は1つです。

近代から現代にかけて、
世界の潮流は、
細分化することに
フォーカスされてきました。

ある程度極めない限り、
たとえば数学と物理の境界とか、
化学と物理の境界とか、
語学と占星術の境界とか、
そんなハッキリした境目はないってことは、
わからないものです。

そして、
別々なものは何一つない、
ということが
少なくとも頭か感覚でわからない限り、
根本は伝わらないと思います。

しかしながら、
それを伝えるのをやめるのは
王子ではないのです。

その道筋を提示し、
副産物としての現世利益も
ますます享受して
みんなたのしく生きられれば良いなと思います。

私がビジネスとして
直接お客さんにしたい、教えたい、
導きたい方々は、
ある程度の状態に達した方々に
今後、なります。

たとえば、
高級ホテルに行っても
全然ものおじしないセルフイメージを持ち、
しかも見栄っ張りではない、
素直で地頭が賢い人です。

まだ自分はそこまでではない、
という自覚のある方は、
下のリンク先を押してください。

まずは、そこで自分を磨いてください。

http://coffee-ex.jp/Low243/9611

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

賢人の言葉シリーズ [知ってて損はない雑学?]

天は尊く地は卑くして、乾坤定まる。

卑高以て陳[つら]なりて、貴賤位す。

動靜常有りて、剛柔斷ず。方は類を以て聚まり、
物は羣を以て分かれて、吉凶生ず。

天に在りては象を成し、
地に在りては形を成して、
變化見[あらわ]る。

ー 周易上?辭傳

世界は様々な要素でできていますが、
その根本はシンプルです。

それに気付けるかどうかが、
あらゆる面での大成功に
直接関係しています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

46歳で妊娠・・・・ [最近の出来事]

あの殺人企業”電通”元社員
”藤沢先生”メルマガシェアです。

_________________________

ドラマ「温泉へ行こう」
に主演されていた加藤貴子さんが、
46歳で第2子を妊娠したことを
ブログで報告しました。

その中では、
ご主人が「男性不妊」であったことも、
赤裸々に語られています。

「精子が一般男性の10%しかなく、その上に、
 運動率が5%と言われた時もありました。」

実は、これらの数値は、
私が電通に勤務していた時とほぼ同じ数値で、
私も、加藤さんのご主人と同様、医師から、

「男性不妊で、自然妊娠は望めない」

と言われていました。 

過酷な労働環境の中で、
「過労」「ストレス」を余儀なくされた中、
身体が、本来の力を失ってしまったのです。

私は、医師の指示に加え、
自ら、東洋医学や自然療法を学び続け、
身体を温めることと、ストレスを緩和することを
徹底して意識しました。

具体的には、加藤さんのご主人が取り組んだ
以下のような生活習慣改善の多くと重なります。

・45分間のウォーキング

・規則正しい生活

・食事の取り方の工夫

(野菜から摂取して、血糖値を急に上げない)

・お酒の飲み方

(お酒を飲んだ翌日から、休肝日を3日設ける)

私自身も、夫婦ともに会社員を辞めて、毎日、
夫婦で自宅の周辺を1時間程度、歩きました。

早寝早起きを心掛け、玄米菜食を取り入れて、
大好きなお酒も断ちました。

身体を温める生姜を積極的に摂るなど、
何を口に入れるかを大切にすることに加え、
半身浴等で、汗をかくことも習慣にしました。

その結果、2ヶ月で、自然妊娠で、
息子を授かることができたのです。

さらに、その3年後には娘も授かり、
男の子に加え、女の子も授かれたことを、
大変幸せに感じています。

加藤さんの「妊活」の記事には、
諸事情で、妊活さえできない方からも
コメントが寄せられています。

そして、そのような方にも、真摯に向き合って
コミュニケーションを取り続ける彼女の姿勢は、
とても素晴らしいと感じました。

以前から好感を持っていた女優さんでしたが、
今回、彼女のブログを過去記事に遡り拝見して、
ますます、自然体で魅力的な方だと感じると共に、
彼女とご主人の勇気あるこのような情報発信が、
1人でも多くの「命」につながることを願っています。

最後に、男性の皆様、
もし、ご夫婦の間に1年以上授からない場合は、
是非、検査をしてみてください。

私自身もそうでしたが、男性は特に、
プライドが邪魔をして、検査などを敬遠します。

しかしながら、身体の状況をしっかり把握し、
適正な対処を早期にすることが、
未来を変えていくと、ご認識いただきたいと思います。

◆息子と娘の、素敵な2ショットが撮れました^^

この子たちの様子を見ていると、本当に幸せを感じます。
不妊で悩んでいらっしゃる方に、
少しでも、本日の記事がお役に立てますように。

こちらから、子供達の写真を含めて、ご覧くださいね!

http://bed-ex.jp/Lcc67306/614741

さて、社長ブログランキングは、
TOP2を追い掛ける状況になっています。

私もTOP争いに加わり、切磋琢磨していきたいので、
こちらから是非、応援をお願いいたします!

http://bed-ex.jp/Lcc67306/714741

これからも、有益な情報をお届けしていくことを誓います。

いつも、本当にありがとうございます!!

藤〇涼
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

U・Oやってました? [最近の出来事]

ネットビジネス界の重鎮!
七〇先生メルマガシェアです!

今回は、ゲームに関連するお話が記載されてます。

興味のある方どうぞ!!
_________________________
ゲーム大好き 七〇明です。
今日は、バリバリゲームのお話です。

先日、子供達と
映画の『ソードアート・オンライン』を見てきました。

娘と息子2人連れて、
4人で出かけるのは、3年ぶりです。

この『ソードアート・オンライン』は、
仮想空間で、ゲームをする映画ですが、

今日は、20年前の1997年にスタートした、
世界発のオンラインゲーム
『ウルティマオンライン』のお話です。

私がオンラインゲームを始めたのは、
今から20年前の24歳の時です。

そりゃ~わくわくしてました。

世界中のプレイヤーが同じ世界でゲームをする。

今ではあたり前ですが、
20年前では考えられない事です。

それを初めて実現してくれたのが、
『ウルティマオンライン』です。

決済は、クレジットカードだけだったのですが、
私はカードを持っていませんでした。

なので、会社の社長にクレジットカードを貸してもらって
プレイしたのを思い出しました。

はじめは、アメリカメインなので、
アメリカのサーバーでプレイしてました。

なので、コミュケーションが英語です。笑

当時は、翻訳ソフトもない時代で、
「cool」って言われた時、
「寒いって何?」って思いました。

いまなら、かっこいいって事だと分かりますが
私が単独で、ドラゴンを倒しているのを見て、
褒めてくれたのでしょう。

そして、翌年、待望の日本サーバー、
『アスカ』が公開。

日本人が続々と、
アスカサーバーに引っ越してきました。

この時期は、宅八郎がブームの頃で、
ネットゲーをしている=オタク
というレッテルでした。

でも、実際、ギルドに入って遊んでいると、
ついにその時がきました。

オフ会をしようって事に・・・

当時の私のギルドは、
20人程度の小規模ギルドでした。

電話で話した事もないし、
ゲーム上で遊んでいるだけです。

今はオンライン電話で話しながら
ネットゲーをするのが当たり前のスタイルですが、
当時は、会話のコミュニケーションをする事は
恥ずかしいって風潮でした。

なので、文通相手と会うぐらいの感覚です。

3か月、同じゲームをしていても、
自分の素性をゲーム上でいうのは、
何か抵抗があるのですが、

リーダーには、みんないろいろ教えるので、
リーダー中心に情報が回ってきて、

一人が、巣鴨で居酒屋をやっている事が判明し、
そこに集まる事になりました。

実際、20人メンバーの中で、
関東以外の人は3人程度、大半は関東なので、
12人ぐらいのメンバーが集まりました。

その時は、怖かったです。

バリバリのオタクが集まってきて、
やばい会かもと思って、
お化け屋敷に行く感じだったのですが、
お店に行くと、意外と普通の人たちで、びっくりです。

あとで話を聞くと、みんな同じ気持ちで、
気持ち悪い奴らばかりの集まりだと思っていたみたいです。

ちなみに、女性が一人だけいて、
当時、ゲームをしている女性は、
やばい子ってイメージだったのですが、
まあ~、普通に見れる子でした。

結果としてオフ会は、大成功。

ネットゲームをする人は、普通なんだと、
みんなで理解しあえる会でしたね。

ネットゲームやりたくなってきた。

うん、早くエキスパを最強にして、
引退してゲーム三昧にしよう。って思いました。

アスカサーバーで
『ウルティマオンライン』
やってた人っているのかな?
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

で、で、で、でたー・・・・ [ネットビジネス]

またまたぶっ飛んだ案内メールがやってきました!!!

飛び込める方!!
自己責任でどうぞ!!!
___________________________

持っているだけでお金が貰える
魔法のようなカードがあります。

※ちなみに、クレジットカードや
 ローンカード等ではありません

http://oity.biz/r/fibjk.htm

このカードを持っていると
3時間ごとに1万円貰えるそうです。

カード自体がお金を生む
効力を持っているため、

あなたの知識や能力などは
一切問われません。

カードを持ってさえいれば
無条件でお金が貰えるようです。

嘘だと思うかもしれませんが、
本当らしいので確認してみて下さい。

http://oity.biz/r/fibjk.htm


カードの発行は今なら無料で行えるそうです。

ただし将来的には有料での
発行になるかもしれませんし、

新規の発行自体が難しくなる
可能性もあります。

カードの知名度が上がる前の
今が一番狙い目かもしれません。

お金が貰える魔法のカードは
以下のサイトで発行できますので
詳細を確認してみて下さい。

http://oity.biz/r/fibjk.htm
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

鹿児島・宮崎 家族旅行report [最近の出来事]

殺人企業・電通
元社員:藤沢先生のメルマガシェアです。

今回は(も)、ふるさと鹿児島への
家族旅行reportとなってます。

家族旅行を6年以上できていない
自分にとっては、頭が下がりっぱなしです・・・

それではどうぞ!!!
________________________

鹿児島・宮崎への旅、最終日は、私が卒業した
「幼稚園」「小学校」を訪れました。

私の命の起源であり、
私という人間を育んでいただいたこの空間を、
家族と共に体感できたことは、
大変感慨深いものがありました。

来年40周年を迎える「太陽の子幼稚園」、
来年140周年を迎える「鹿児島大学附属小学校」、
加えて、築40年になる私が住み続けたマンション、
いずれも、これまでに何度か改築をしていて、
綺麗に保たれていましたので、
当時の思い出が次々と浮かんできました。

その素敵な思い出の中に、
残念ながら影を落としているのは、

「父親が家庭にいなかった」

ということです。

ですから、これから、
子供達もそれぞれ、幼稚園、小学校に入り、
友達をたくさん作って、様々な経験をしていく日々、
私は子供達の近くに、常に寄り添って、
しっかり支えていきたいという思いを
改めて、強くしました。

このような感情を抱えたまま、息子に、
鹿児島での最後の時間にどこに行きたいか、
何をしたいか聞いたところ、

「またフェリーに乗って、桜島で遊びたい!」

と言うので、急いで、桜島自然恐竜公園へ。

ほぼ貸切状態の中、全力で遊び尽くしました。

この公園には、10メートルを超える滑り台があり、
ローラーが回転して凄いスピードが出ます。

私が小さい頃に、母が何度か連れて来てくれて、
弟と一緒に楽しく遊んだ、思い出の公園です。

当時のまま、その滑り台が残っていて、
自分の子供達と一緒に滑ることができたことも、
本当に幸せな時間となりました。

また、実物大の恐竜の遊具を見て、息子も大興奮。

アスレチックの大型遊具では、
少し怖がりながらも、一生懸命、
私に追い付いてこようとしていて、
こうして、父が子を成長させるのだな、、、
と感じました。

私にとっては、その存在がいなかったのですが、
その分、私は全力で、子供達の「父親」でありたい、
そう考えています。

そして、最後のさつまグルメは、
「鹿児島ラーメン」と、「白熊」。

一番好きだった「こむらさき」が
お休みだったのが残念でしたが、その分、
「くろいわ」「ザボン」をハシゴしつつ、
途中に「白熊」(巨大かき氷)をいただきました。

また、空港近くの「Barrel Valley Praha&Ge」では、
「霧島高原ビール」という地ビールをいただき、
もう、これ以上、何も飲めない、食べられない、
という状況で、帰京しました。w

家族全員、大満足の旅となり、感謝しています。

さて、2018年の大河ドラマは「西郷どん」。

ますます注目を集める鹿児島を誇りに思いながら、
故郷を愛し続けていきたいと思います^^

◆鹿児島への旅、最終日の写真はこちらです!
「白熊」という巨大なかき氷に驚く息子や、
10メートルの滑り台など、ご覧ください!

http://bed-ex.jp/Lcc67306/714721

社長ブログランキング、「1位」の方が本当に強いです!

残念ながら、鹿児島旅行中に
追い抜くことができませんでしたが、
引き続き、追い付き、追い越せるように頑張ります!

こちらから、応援してくださいね!

http://bed-ex.jp/Lcc67306/814721

これからも、有益な情報をお届けしていくことを誓います。

いつも、本当にありがとうございます!!

藤〇涼
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ゆううつな感情』は、なくそう! [生活のワンポイントアドバイス]

いつもお世話になっている、
山田先生のメルマガシェアです。

それではどうぞ!!!
___________________________

毎度、山〇豊〇です。

今日は、「『ゆううつな感情』をなくそう!」です。

おはようございます、山田です。

東京にきています。

「巨人覚醒塾」のセミナー2日間。

和気あいあいと楽しくやっています。

メンバーが素晴らしいので、雰囲気は最高です。

さて今朝は、5時くらいから、東京の街を散歩しました。

爽やかな朝の空気、自由な私の身分に感謝。

「私はいま、なにに感謝しているだろう?」

・健康な身体

・自由な身分

・地獄の通勤がない

・欲しいものはすべて買える

・友人にも恵まれている

・家も土地も持っていて、ローンや借金は0

・生きがいもある

・家庭も順調

・大好きなトレーニングを思い切り出来る。

コナミもゴールドジムも全国すべてのジムに
いけるようになっている。

・自由な時間etc、、、、、、、

こういうふうに感謝しながら散歩していると
ほんとに充実した気持ちになります。

私、起きている時間の99パーセントは
「ハッピーな感情」で生きています。

100パーセントではないです。

1パーセントくらいは、「うっとうしいなあ」
とか思う時もあるとは思うのです。

そう、人生で大切なのは「感情」です。

「人生は感情」なのです。

「世界中を旅すること」よりも
「10億円を稼ぐこと」よりも
「美女にモテること」よりも
感情が大事です。

フェラーリを手に入れても、
うつ病では人生は闇ですからね。

また、常にハッピーな感情が続けば、
人生に積極的にチャレンジできるようになります。

仕事にも集中できる。

「異性にもてたい」という方も
ハッピーであれば、積極的に突進できます。

これから、私の秘中の秘を公開しますね。

「マイナス結果を想定することによって
 積極的な心構えを維持しろ!」

「ええ?意味がわからんわ。」

そうでしょうねえ。

世間では「ポジティブに考えろ!」
教が流行していますから。

しかし、人生は厳しいです。

ポジティブに考えていると一度の失敗で
気持ちが落ち込みます。→それで挫折。

インターネットビジネスに例をとりますと、
教育ビジネスとか人気があります。

特に女性とかはそうですね。

インターネットを使って、他人にノウハウを教えて、
感謝されながら、お金がもらえる。

本田健さんがいう
「大好きなことをしてお金を稼ごう」にも
ぴったりです。

しかし、現実は?
だいたい、最初に作成した教材は売れないです。

はい、売れないのが普通。

たいていの方は、ここで気落ちしてやめます。

しかし、成功する方は、3度の失敗、
いや10度の失敗、30度の失敗にも
めげずに前進して成功する方たちです。

恋愛でもそうですね。

私の知っている「ナンパ師」は、
若い頃、こっぴどくフラれる経験を
積んでいます。

それでもあきらめなかった方ばかり。

失敗するとひどいショックです。

「ああ、もうだめだ」と思う方が大半です。

それで、諦めるのですけどね。

しかし、普段から「ハッピーな気持ち」ならば、
失敗からも立ち直れます。

そして何度でも挑戦できる。

こういう風に「感情」は大事です。

何よりも「ゆううつな」感情で、
毎日を過ごすよりも
「ハッピーな感情」で過ごす方が
どれだけ心身に良いことか。

悲しいことに日本の成人の大半は、
「ゆううつな感情」で過ごす時間を多いそうです。

巨人覚醒塾では、
「目標の達成」と並んで、
感情のコントロールを重視します。

「自分の頭の中をハッピーな感情で満たす」
ためのノウハウ、スキルを学んでもらうのです。

ハッピーな感情が増えてくると
人生が良い方に変わってきます。

どれだけ自己啓発書を読んでも
どれだけ自己啓発セミナーに出ても
座禅に参加しても??瞑想をやっても

変わらなかった方もハッピーで新しい人生になります。

はい、これが私の生きがいです。

さてぼちぼちと今日のセミナーの準備にかかります。

山〇豊〇

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog