So-net無料ブログ作成
検索選択

顧客の為にと勘違いしてませんか? [ビジネス]

商品やサービスが「売れない」と悩んでいる方は、
「顧客のために」と考えていることそのものに
原因があることが多いと感じます。

顧客のニーズが目まぐるしく変化する時代、
過去の経験や既存の概念をもとに
顧客の求めるものを「決め付け」て、
思い込みで売り付けているのです。

そのような態度だと、顧客はますます、
買わなくなってしまいます。

変化が激しい時代だからこそ、
私達は「顧客のために」ではなく、
「顧客の立場で」考えることが必要なのです。

このことは、子育てにおいても、全く同じです。

子どものために」

という気持ちが行き過ぎて
強く叱ってしまうことは、実は、
子どものためになっていません。

自分の経験や常識から、

「子どもはこうあるべきだ」

という思考や感情を優先させて叱ることは、
子どもが本当に必要としていることと違うのです。

日々成長して、取り巻く環境も変わる中、
「子どもの立場で」考え、その上で、
改善すべきことを丁寧に教えてあげれば、
子どもの反応も大きく変わります。

商売の話に戻せば、たとえば、ヨーカ堂は2008年、
期間中に買い上げたレシートの合計額5000円ごとに、
ガソリン1リットル10円割引券をプレゼントし、
前年同期比20%増の売上高を実現しました。

当時は、記録的な原油の高騰で
ガソリン価格の上昇が続いていたので、
その消費者心理に対して、
「顧客の立場で」考えたサービスをしたからこそ、
成功するキャンペーンになったのです。

もし、「顧客のために」という発想だけなら、
ただの値引きキャンペーンに終わり、
ここまでの売り上げにはならなかったでしょう。

刻一刻と変化する社会を注視しながら、
顧客の立場で考え続けることに、
ビジネスの成功もあるということですね。

追伸;
金の舌を持つ大人のための、代官山「kintan」。

極上の和牛だけではなく、
キャビア、フォアグラ、トリュフを味わうコースは、
お肉と同時に「たまには贅を尽くしたい」顧客の立場を
しっかりと理解していると感じました^^

◆代官山「kintan」の美味すぎるお食事はこちらです!

http://bed-ex.jp/Lcc67306/714941


社長ブログランキング、引き続き上位で大混戦です!

こちらからバナーをクリックして、
最新ランキングをご覧ください!

http://bed-ex.jp/Lcc67306/814941

これからも、有益な情報をお届けしていくことを誓います。

いつも、本当にありがとうございます!!

藤〇涼
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog