So-net無料ブログ作成
検索選択

近道?必ずデメリットが・・・ [最近の出来事]

毎度、山〇豊〇です。
今日は、「近道なんてなかった!」です。

■ 優良な無料及び優良講座

コピーライティング、マーケティングの極意は、
「心理学のマスター」です。

恋愛本を読み込む、恋愛のノウハウを買いまくる。

私は、これで心理学をマスターしました。

大学の先生の心理学?→ダメ、役立たない(笑)

LOVE CONTROL SECRET講座無料レポート。

http://hereafter-ex.com/Lv29901/116961

ちょっと難しいかもしれませんが、
恋愛の本質を語っているので、
勉強になると思います^^

「おお、これは素晴らしい」と思ったら、下記に参加してください。

ただ、あなたのエピソードを伝える事で
「女性を感動させ」「あなたを特別視するようになり」
価値感さえも変えてしまうことで
・・・どんな女性でどんな状態であったとしても
女性を圧倒的に好きにさせ、誘われ、
口説かれるようになる

LOVE CONTROL SECRET講座をお届けします。

--LOVE CONTROL SECRETS
~ラブコントロールシークレッツ~

http://hereafter-ex.com/Lv29901/216961

■■ 編集後記

憲幸先生は、いつも
「山田くん、人生に『不可能』はないんだよ。

奇跡のようなことも正しい想念でやれば実現するんだ。

お金も女性も思いのままだ。」
と教えてくれました。
---------------------------------------------------------------------------------------
どんな女性でどんな状態であったとしても
女性を圧倒的に好きにさせ、誘われ、口説かれるようになる

LOVE CONTROL SECRET講座をお届けします。

--LOVE CONTROL SECRETS
~ラブコントロールシークレッツ~

http://hereafter-ex.com/Lv29901/316961

-----------------------------------------------------------------------------------------
憲幸先生の人生そのものが奇跡でしたから。

今日は、「奇跡」の話です。

おはようございます、山田です。

水曜日、映画を観てきました。

広瀬すずさんの「チアダン」です。

(題名は長いです。

『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~)

広瀬すず、中条あやみの2人、めちゃくちゃに可愛かったです。

そして、映画にはめちゃくちゃに感動しました。

普通の高校生たちがチアダンス部で入り、
全米制覇するという奇跡のような物語です。

主人公が言う
「『絶対にできっこないこと』をやってやるよ。」

このフレーズが私の頭にずんと頭が入ってきましたね。

そしてこの映画は、
実際にあったストーリーを基にしたらしいです。。

福井県にある福井商業高校の奇跡に物語。

私の考えでは、この奇跡を成し遂げた理由は、
『分割』ということです。

『分割』の中身は、2つあります。

1.技術面の指導者とメンタル面の指導者を
  きちんと2つに分けたこと。

それを率いたのは、五十嵐先生という方。

驚くべきは、五十嵐先生は、
チアダンス、いやダンス自体、素人ということ。

福井商業高校の野球部は、甲子園へ行く常連校。

それを応援していたのが、バトン部でした。

バトン部としても、50年の歴史を持っていたそうです。

五十嵐先生は、顧問に就任した直後に
「バトン部をチアリーダー部にしたい」と提案。

当然、バトン部のOBや現役部員からの大反発にあいます。

当時50名ほどいた部員は、9名に・・・。

廃部の危機を乗り越えて、躍進が始まる、、、、、、、、。

そして、3年目に奇跡の全米制覇!

これ、本当らしいです。

先生は、チアダンスの素人。

演技指導をどうしているのか?

それは、技術面は、外部のコーチ。

コーチが指導してくれるのは、月1回程度。

あとは、月1回程度の練習をビデオに撮影して、
何度も何度も繰り返し見て、練習。

それプラス、出された課題を何度も何度も、
次回のコーチが来るまでに練習、練習。。。

内面、メンタルは、五十嵐先生が指導するという方法。

これは合理的ですね。

日本の野球、柔道、球技で、
非人道的な「しごき」「体罰」が減らない理由は?

技術の指導もメンタルの指導も
同じ監督とかがやるからです。

監督とかは、そのスポーツの「技術」は、
マスターしているが、
「メンタル面「精神面」は、
幼稚園程度の方が多いのです。

はい、高校野球の名監督(迷監督?笑)や
柔道部の監督の多くは、
「どうもなあ、、、」レベルであり、
「メンタル面「精神面」を
教える知能は持っていないです。

(柔道金メダルのなんちゃらの女子強姦や暴力事件、
 野球では清原やら借金まみれの
 アホ選手のオンパレードですね?)

「餅は餅屋」です。

分けないといけない。

ここを分けたのが、福井商業高校の勝因の一つ。

すべての分野で成功するには、
スキルの師匠とメンタルの師匠を分けた方が良い。

2.大きな目標を分割して小さな目標にする。

できっこないことを実現させるにはコツがあるのです。

大きな目標は.小さく分解します。

映画の「チアダン」の例。

・大目標は、3年で全米選手権に優勝する。

・これを「1年ごと、半年ごと、
 3ヶ月ごと、1ヶ月ごと,1週間ごと」と。

目標を細かくしていきます。

・そして、1日ごとにやることを決める。

これができれば、大きな夢も叶うのです。

これは机上の空論ではありません。

私は、この一ヶ月、
100円プロジェクトというのをやっています。

これは「1ヶ月以内に100円を稼げ。」

こういうプロジェクトです。

今現在の成果。
21人中15人がプロジェクトを達成です。

70パーセント以上が現金を手にしたのです。

100円プロジェクトですが.かなりの高額を稼いだ方もおられます。

一ヶ月で16万円.次の方は9万円以上も稼いでおられます。

アフィリエイト参加者の95パーセントは、月に5千円も稼げない」と

よく言われています。

また、高額塾参加の多くの方は、
全く稼げてないことが多いです。

奇跡のような成果です。

百円プロジェクト。

期間を一ヶ月と決めたのも成功の要因だと思います。

1ヶ月、一生懸命に取り組む。

人間、「いつかはやるよ」と言っていたら、
ダメなんですよ。

「いつか、山田さんのようにインターネットで稼いで、会社を辞めます。」

こんな人は、永久にダメです(笑)。

「今に燃えろ!」です。

『いつか』とか言っている人、永久に無理です。

今から一ヶ月と決断して、とにかく必死にやりまくること。

達成者の方は.自信がついたと思います。

これからどんどんネットで稼ぐ方も出てくると思います。。

映画の中でも同じことをしていました。

1ヶ月、1週間、1日のやることを決める。

そして.それを夢ノートに書いてく。

そうすれば、大きな夢も叶うのです。

夢ノート、いいですね。

普通のノートが宝物に変わります。

さて映画が終わりました。

「どんな人が見に来てるのかな?」と私は考えました。

普通の中年女性が多かったですね。

昼間なので主婦とかかな。

あとは老婦人。

若い男?(笑)は、私だけです。

この時に私は思いました。

「この人たちは、単なる観客だ。」

「自分が人生の主人公になったことはないのかもしれない。」

「この映画を見た人たちの中で」。

「自分でも『絶対にできっこないこと』
 をやり遂げた経験を持つ人は、多分俺だけだろうな。」

私自身の「絶対にできっこないことやってやる」経験。

54歳でサラリーマン退職。

インターネットで会社設立。

これは、奇跡に近い物語だと自負しています。

一般的に、起業後10年たっても存続している会社は、
全体の10%。つまり90%はつぶれています。

業種を飲食店に絞るともっとシビアな数字になりますね。

脱サラ・未経験者による飲食店が3年以内につぶれる割合は、
なんと90%とも言われているんです。

http://hereafter-ex.com/Lv29901/416961

10年後に残るのは、2パーセントほど。

私の会社、8年が過ぎて、右肩上がりです。

私も彼女たちと同じように自分を越えたのです。

「できっこないことことをやってやる人たち」
にはできるのです。

(「失敗が怖い」と思ってる人には
 「できっこないことは実現不可能なこと」です。

しかし私たちのように「できっこない事をやってやるぜ」
という人間には不可能なことなんてないのです。。

ああ.私は蛮勇を進めているのではないです。。

念のために。

できっこないことをやってやる。

この経験は絶対に持ったほうがいいです。

自信がつきますからね。

若いうちなら、絶対に良い。

その後の人生が全く違います。

その逆に、安定第一主義で人生を生きている人たち。

良い大学を出て、大企業に入り、冒険はせずに

「一生、平穏に」と思っている人たち。
今の若い人たち、いや、中高年も含めて大部分の方達。

実は、一番リスクの大きい生き方です。

何かあれば、自分の力で乗り越えられないから。

そして、どんな人の一生にも
「何かアクシデント」は、絶対にあります。

特に現代は20世紀の後半とは違い、何があるのか予測できない。

ひ弱な人間にはきつい時代になりました!

できっこないことを達成しましょう。

それこそが人生の醍醐味なのです。

私自身もさらにチャレンジします。

もう一段階上のできっこないことを達成します。

自信ありますよー。

山〇豊〇
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

医療業界の餌食になるな! [生活のワンポイントアドバイス]

あの電通脱出成功者!
藤沢先生のメルマガシェアです。

今日は、息子を思う気持ち・・

そんな感じの内容が記載されてます。

同じ心境かも?

と思った方是非どうぞ!!!
____________________________
私は、幼稚園を選ぶ際に、男の子である息子にとって、
身体を思いっきり動かせる環境を与えたいと
願っていました。

ですから、都心では屈指の園庭の広さを誇る園で、
全力で運動して、今のうちに、体力の基礎を
身に付けて欲しいと考えています。

その中で、息子に意識して欲しいのは、
「自分の健康は、自分でコントロールできる」
ということです。

医療に依存してしまうと、
いつの間にか、薬漬けになり、
病気をさらに増やしてしまいます。

まさに、医療業界の闇の餌食になるのです。

しかし、私自身が、医療の力を全く借りずに
「男性不妊症」を自ら克服して、
子供を2人授かることができたように、誰もが、
自分の力で健康を取り戻せると信じています。

そもそも、原因不明の難病などで無い限りは、
その病気に、明確な理由があります。

私の場合は、会社員時代の、
「過労」と「ストレス」が主因です。

だからこそ、会社を辞めるという選択をした上で、
それまでの生活習慣を見直して、自分の健康を、
自分の力でコントロールしたのです。

なお、情報過多の時代の中では、
「ラクして痩せられる」
などという方法論や薬などが販売されていて、
それらに手を出すことは、
とても危険だと思います。

何かに依存してしまうと、
その無限ループから抜け出せなくなるからです。

「ラクをしたい」というのは人間の永遠の欲求なので、
その欲求を満たすという罠に引っかからないよう、
十分に気を付けたいですね。

さて、ここに、2年前の夏の写真があります。

息子と裸で、公園を走り回ったのですが、当時は、
くっきりと「シックスパック」がありました。
(この2年での息子の激変ぶりにも要注目!)

ところが、今年に入って、引っ越してから、
ちょっと油断して、周囲の美味しいお店で
食べ過ぎてしまって、、、

シックスパックを失いました。泣

今年の夏は、息子と海やプールに行きたいので、
カッコイイ父親であれるように、
身体を自分でコントロールしようと思います。

そのプロセスにおいては、
「ラクしてシックスパックを手に入れられる」

に騙されないように!w 頑張ります!

追伸;
本日のお弁当は、息子が大好きな新幹線でした^^

http://bed-ex.jp/Lcc67306/815101

社長ブログランキング、
今日こそは、「1位」を手にしたいと思います!

こちらから、応援をお願いいたします!

http://bed-ex.jp/Lcc67306/915101

これからも、
有益な情報をお届けしていくことを誓います。


いつも、本当にありがとうございます!!

藤〇涼
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

「腹減った」「美味しかったです」という言葉は注意? [生活のワンポイントアドバイス]

「腹減った」という言葉は注意

こんにちは、西野浩司です。

「腹減った」「うまい」などは、
自分の気持ちをストレートに表す言葉ですが、
時と場合を考えなければいけない場合もあります。

というのは、
やはり高級レストランフレンチを食べている時に、
「これ、うまい!」「これ、うめぇ!」
なんて言っていると正直浮いてしまいます。

また、女性が「腹減った」「うまい」なんて
言っていると、言った瞬間に周りの人が
振り返るなんてケースもちょいちょい見かけます。

言葉というのは、やはり品格を表しますから、
時と場所を考えて言葉は選ばないといけませんし、
特に女性は出来る限り綺麗な言葉を使いたいものです。

という話をすると、

「いちいち窮屈だな・・」とか
「つい言っちゃうんだからしょうがない」とか

そういったことを思う方も多いですが、

これは私個人が思っていることではなく、
一般的にというか、お金持ちの方々はこういった
ところで人を結構判断しているということが
実際にあるのです。

別に、お金持ちの方々にも合わないし、
言葉遣いまで気にしたくない

という考えならばいいとは思いますが、
人は口には出さなくても、
色々なことを考えますから、

「腹減った」「うまい」とか雑な言葉を使うだけ、
時として知らず知らずに損しているケースがあるので、
どうせだったら気にした方がいいでしょう、
というのが私の見解です。

もちろん、「うまい」と言った方が、
場が盛り上がる場面もありますから、
あくまでやはり時と場合によるということなわけです。

というわけで、「うまい」「腹減った」以外にも
「やぺー」とか「まぢで」とか時と場合を選ぶ
言葉が多いので、

すぐには癖はなかなか修正できないものですが、
少しずつ意識をして、
使い分けられるとよいかと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog