So-net無料ブログ作成

で・で・でたー(うん〇じゃないですよ?) [ネットビジネス]

またまた、届きました。

健康的な内容を記載されたLPが・・・

興味のある方自己責任で
足を突っ込んでみてください!!!

それではどうぞ!!!
_____________________________
【理想的なカラダとお金を同時に欲しくはありませんか?】

整形、エステ、辛い運動、過度な食事制限、ジム通い、
理想的なカラダを手に入れるためには
相当な努力が必要だと思っていませんか?
 
そういったこととは一切無縁の
次世代のボデイメイクで
 
理想的なカラダだけでなく
同時にお金も手にしてしまう、
 
そんな夢のような職業が登場したようです。
 
その名も「サクセスボディメイクコーチ」です。

http://bed-ex.jp/Lcc67306/115881


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

社員へ給料を2倍払った結果・・・ [お金に関連するお話]

ワイキューブの元社長・安田佳生さんが、
経営破綻に至った経緯をこう語っています。

「日本で一番給料の高い会社にしたかった。
 そのために、銀行からの借入金を原資にして、
 社員の給料を2年で2倍にした。」

中小・ベンチャー企業向けの
「人材採用コンサルティング」で一世を風靡し、
学生からの人気も高かったワイキューブですが、
2011年3月30日に、負債総額40億円で
民事再生法の適用を申請しました。

コンサルティングという
利益率の高いビジネスでありながら、
顧客獲得コストが増大した上で、
自社のコンサルティングノウハウを真似した
競合企業に半額で対抗されたことなどで、
一気に業績が悪化したのです。

それなのに、上記の発言の通り、
無理矢理、社員に還元しようとしたために、
負債がどんどん膨らんだのですね。

日経ビジネスで取り上げられた
彼の失敗談を拝読しましたが、、、

日経ビジネスで取り上げられた
彼の失敗談を拝読しましたが、

「社員のため、自社のため」

という意識が強過ぎて、

「顧客のため」

という意識が欠けていたように感じました。

社員を愛する気持ちも素晴らしいですが、
その前に、お客様がいてこそ、
ビジネスが成り立つことを
忘れてしまっていたのだと思います。

あらゆるビジネスを見ていて思うのですが、
短期的には、「自分のため」でも、
軌道に乗ることがあります。

そこに先見性・斬新性のあるビジネスモデルならば、
引く手数多の状態になり得るからです。

しかし、長期的に成功するためには、
「お客様のため」という視点が無いと、
どこかに必ず、落とし穴があると思います。

お客様を欺くような態度は、
周囲の誰かが、必ず見ています。

安田さんは、「千円札は拾うな。」

という書籍でも有名な方です。

千円札にばかり目をとらわれて
一万円札に気づかない、
大きな利益を得たつもりになっているが、
実際には一万円札ではなく
千円札を拾ってしまっている、
ということに気付かせてくれる
示唆に富んだ内容です。

しかしながら、
自社の社員に必要以上にお金を拾わせてしまい、
結果的には、それが破綻に結び付いたのです。

この安田さんの言葉と対極的で、
私が最近大切にしているのは、
ウォーレン・バフェットが、
落ちている1セント硬貨を拾って言った

「次の10億ドルへの、第一歩さ」

です。

それぞれのフェーズによって、
人生の指針となる言葉を見出していきたいですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

完璧な子育てはあり得ない!! [最近の出来事]

ネトビ界の重鎮!!

七〇先生のメルマガシェアです。

気になる子育てに関する、
納得の内容です!!!

興味のある方どうぞ!!!
______________________
七〇です。

小学4年生ぐらいから、
子育ての答え合わせが始まります。

そこで、間違いに気付いた場合は、
すぐに修正しましょう。

子供は8才ごろから、
性格や感性ができあがってきます。

この時に、自分が今までしてきた教育の、
正しかった部分と、間違っていた部分が見えてきます。

私の子供たちの場合は、
自立心が旺盛で、活発的な子供に育っています。

将来、親のすねをかじるような事はなさそうです。
なので、そこは成功したと考えてます。

でも、その分、攻撃的で人との調和が苦手です。

あと、長男は暴力を悪い事と思ってません。

今まで私が娘に体罰を与える姿を見てきたので、

相手に非があれば、
女性に手を挙げてもいいと思ってしまっています。

これは大失敗です。

でも誰も子育てを完璧にはできないです。

8才ごろから性格が完成してくるのですが、
その時点でミスに気付けば、
12才ぐらいまでなら、まだ子供は素直なので、
修正がききます。

自立心が旺盛なら、
その部分をもっと伸ばせるように、
いろんな経験をさせてあげる。

そうすれば、
プラスの部分をもっと伸ばす事もできます。

少し暴力的すぎた場合は、
3年かけて、ダメなものはダメと、
理由をつけて説得、説明をしていきます。

この8才~12才に、最終教育をしないと、
ダメな大人になりかねません。

これから、息子の現状を理解して、
修正作業をしたいと思います。

この8年間の教育の答え合わせをしている感じです。

ちなみに、中学3年生の娘は、
この修正作業をしませんでした。

なので、いろいろトラブルがあり後悔してます。

いずれにせよ、子育ては大変ですが、
子供は親のかがみなので、全て親の責任です。

さて、これから子供たちと
いっぱい時間を作りたいと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

インフラを握ると・・・ [最近の出来事]

おはようございます!

西野浩司です。

インフラを握ると、
安定して莫大な収入が入り続けます。

そんな夢がある事業の中で、
水素が注目されてますね。

水素といえば、水やサプリメントも有名です。

私自身も、何となく水素水のパワーに
期待している一人です(笑

今までいくら使ったことか・・・

しかし今回は、エネルギーとしての水素です。

水素自動車なども有るぐらい、
燃料(エネルギー)としての水素が注目されてます。

水素のメリットは、クリーンなエネルギーであり、
電気と違って貯蔵したり、輸送できる点。

伸びしろの有るこの水素の分野で、
インフラ整備が大きく動き出したようです。

まだまだ開発段階ですが、
インフラを握れた企業は躍進するでしょうね。

このインフラを握る。という視点は、
スモールビジネスの中でも活かせます。

ネットビジネスでは、
メルマガ発行スタンドや
LINEの配信システムなど、
誰もが使っている、使わないといけないシステムで、
インフラを握る事ができれば非常に強いです。

個人レベルで言えば、
ライティングならこの人。
WEBデザインならこの人。

というスキルを身につければ、
仕事がなくなりませんよね。

ミクロとマクロ、
両方の視点で色々と考えると面白いですね。

それでは素敵な一日をお過ごし下さい!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

体罰・暴力 の使うタイミング [教育方針]

億単位のお金を稼いでいても、
今回のような子育て奮闘の内容が出てくると
何故か、共感というか安心しました。

今回は、七〇先生の
メルマガシェアです。
それではどうぞ!!!
________________________

七〇です。

私の教育方針は、
子供たちが悪い事をしたら
体罰を与える、でした。

体罰は必要悪だと思いますが、
やり方を間違えてました。

深く反省です。

最近、私が自宅にあまり帰らないので、
子供たちが私から離れてきていると感じてます。

デヴィ夫人と一週間の海外旅行をしている間も、
子供たちが寂しがらなかったと妻から聞いて、
少しショックを受けています。

そこで、ここ一か月は、
できるだけ自宅に帰るようにしていました。

でも、いろんな人と会って、
いろんな遊びをする事も、
私としては必要な行動なので、

18時に自宅に帰って、家族で食事をして、
その後、出かけるという形にしてました。

自宅にいる時に、
たまたま電話が鳴ったので出たら、
小学校の先生からで、

うちの小学5年生の長男が、
女の子とケンカをして、
お腹を蹴って、その子を泣かせたとの事。

もうビックリです。

女の子に暴力をふるう事は、
とてつもなくダメな事なので、
さっそく怒ろうと思ったのですが、

ここで、問題は、
暴力はダメだよって叱るのに、
暴力、体罰を使ってはいけない。

この瞬間、
あれ?私はなにか大きな間違いをしたぞ!
と、思いました。

これは、これから子育てをする人にも
気を付けてもらいたのですが、

私は体罰は必要だと思っています。
ですが、体罰を与える姿を、
他の兄弟に見せてはダメって事がわかりました。

怒る時は、二人きりで、
他の兄弟がいない環境をつくる。

娘がすごく悪い事をして、
本当に聞き分けがない時に、
私が体罰を与えてる姿を、
長男は今まで見てきたので、

女の子に暴力をふるっても
問題ないって心理になってました。

私は攻撃的な人の方が、
人生としては成功すると思っているので、
息子が中学や高校で、
誰かとケンカしてもいいと思ってます。

暴力という防衛手段が使えない人は、
損をしやすいです。

威圧感は必要です。

ただ、女の子に手をあげるとかは、
到底考えられません。

今まで息子の前で、娘に体罰を与えていたことは、
とんでもない教育ミスでした。

息子に女の子には手を挙げてはダメって言っても、
理解してもらえませんでした。

これにもびっくりです。

パパはお姉ちゃんに手を挙げているじゃん。って、
カウンターをもらいました。

なので本当に感じたのが、
見せちゃダメって事です。

これは私の完全なミスです。

今後、これを修正していきます。

小学5年生、自我が芽生えてきた時期、
ここで、いろいろ失敗が見えてくるので、
中学1年生までに、修正しないといけません。

これからしばらくは、自宅での時間を作ります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog