So-net無料ブログ作成

ピークパフォーマンス体験 [マインドセットに関して]

毎度、山〇豊〇です。

今日は、「ピークパフォーマンス体験」です。

おはようございます、山田です。

「巨人覚醒塾」→Peak Performance(ピークパフォーマンス)

Peak Performance(ピークパフォーマンス)は、
直訳すると「最高の結果」という意味。

「自己催眠によるメンタルトレーニングをフルに活用して、
人生のすべてにPeak Performance(ピークパフォーマンス)を
実現しよう」というコンセプト。

私の人生、遅咲きとしか言えない44歳からの奇跡の逆転勝利でした。

その秘密は、まさにこれだけです。

会社の事務仕事、営業、セミナーでのトーク、スポーツ、人間関係、
ジムでのトレーニング、彼女をデートに誘う時、etc、、、、。

人生のあらゆる分野でメンタルトレーニングを応用して、
「最高の結果」を得るのです。

結果として、人生も「最高の人生」となります。

メンタルトレーニングの成果の例。

こんな例があります。アメリカの実験。
------------------------------------------------------------------------------------------------------
米国のサイコサイバネティクス(達成の為の心理学)の
創始者マックスウェル・マルツの著書に
以下の実験が紹介されていました。。

バスケットのフリースローの実験です。

選手を3組に分け20日間、

Aグループはフリースローの練習を 

Bグループはイメージトレーニングだけ?

Cグループは何もしない、とする。

その後,実際にフリースローを行い、その得点を比較したら,

実際の練習 Aグループは24%向上
イメージ  Bグループは23%向上
何もなし  Cグループは変化なし

という結果だったとの事です。

つまりイメージは実際の身体を使った練習と同じぐらい効果があるということです。
------------------------------------------------------------------------------------------------------
私の考え⇒このときの被験者は、まだ、自己催眠術の初心者だらけ。

自分でフローの状態に入る力を身につけない人たち。

マスターした人を被験者にするとイメージだけが最高の成績になった筈。

あ、もちろん、実技も一緒にやったほうがいいのですけどね。

でも、私の意見では「イメージトレーニングを実技の3倍はやるべき」です。

肉体は疲労しないし、パフォーマンスはあがります。

自己催眠、メンタルトレーニングを学び、
テニス、ゴルフ、バスケットボール、サッカー、野球とかに応用したら、
その分野のナンバー1になれます。

実際にソ連の実験で、こういうのがあったそうです。

優れたスポーツマンを4つのグループに分けます。

1.身体トレーニングのみ100パーセントのグループ。

2.身体トレーニング75パーセント、メンタルトレーニング25パーセントのグループ。

3.身体トレーニング50パーセント、メンタルトレーニング50パーセントのグループ。

4.身体トレーニング25パーセント、メンタルトレーニング75パーセントのグループ。

もっとも進歩のはやかったのは、4番目のグループ、以下、3番、2番、1番。

もちろん、スポーツ以外の会社の事務仕事、営業、セミナーでのトーク、
人間関係、ジムでのトレーニング、彼女をデートに誘う時も。

いかがでしたでしょうか?
筋トレでも肉体トレーニングよりもメンタルトレーニングに
重点を置いたほうが進歩がはやいのです。

さて、私の若き日の経験。

『びっくり日本新記録』に出場したとき。

全国放送の読売テレビでした。

・宝塚のチボリプールにて。単純な力比べ。

・超巨大なホース(直径1メートルほど)から、30メートルの道に水を出す。
 人工の洪水みたいな感じ。

・選手は30メートルの道をどこまで進めるか?

コンピュータの計算では普通の男性で15メートルまで。

格闘技のプロで20メートルくらいということでした。

・出場者は、プロレスラー、相撲取り、アメフト、ラグビー、柔道、空手etc、、、、、。

大男ばかり。

・プロレスラーのサンダー杉山さんは、
  アマレスのヘビー級の元オリンピック選手、体重140キロ。

・全員がグリズリー(熊)みたいななかで、
     身長160センチ代は私だけ。体重も70キロほど。

他の選手は180センチ以上、90キロ以上。

・結論から言うと、私は28メートルという驚異的な記録で優勝しました。

このとき、私はCHIの自己催眠に入っていたのですが、無我の境地でした。

無限のエネルギーがわいてきてました。

この時のテレビ、メルマガの読者さんもたくさん見ておられたのです。

「一番小柄な方が驚異的な記録で優勝したので、びっくりでした。
のちに山田先生だったと知り、納得です。」

ビジネスでもいろいろな分野の学習でもそうですね。

ビジネス、私は44歳のときに
「こいつを自分の人生、ビジネスで使おう」というアイディアを得ました。
以後の人生は、順風満帆なのです。

そう、人生で、「ピークパフォーマンス」を続けられるようになったのです。

山〇豊〇


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

天狗にならない! [マインドセットに関して]

殺人企業で脚光を浴びた会社!
電通元社員、藤沢先生のメルマガシェアです。

今日は、ホットな話題から学んだマインドセットに関して
記載されてます。
______________________________
将棋の史上最年少棋士で、公式戦連勝記録「歴代単独1位」
の29連勝を達成した藤井聡太四段が、
佐々木勇気五段に敗れました。

社会現象にもなった連勝記録がついに
止まってしまったことは残念ですが、
これで、藤井四段も必要以上のプレッシャーを感じることなく、
次に進めると感じます。

きっと、未来につながる「1敗」ですね。

終局後のインタビューを拝見しましたが、
中学生とは思えない落ち着いた受け答えで、
彼のメンタルの強さに、改めて驚きました。

過去の言動なども見てみると、
「長期的にならしていけば平均的な勝率に収斂すると思う。
 今は勝ちが続いているだけ。」

という趣旨のコメントをされていて、
このような達観した捉え方ができることは
本当に素晴らしいことであり、私自身も、
見習わせていただきたい姿勢です。

例えば、投資をしている中では、
「勝ち」がしばらく続いたり、
「負け」が続くことがあります。

しかし、藤井四段が言う通り、勝率は長期的には収斂しますから、
連勝で調子に乗ったり、連敗でやる気を失ってしまうと、
長期的に投資を継続することはできません。

そのブレによって、チャンスに入り損なったり、
ロットサイジングを間違えてしまうなどして、
資産を溶かしてしまうことにも繋がります。

「勝ち」も、「負け」も、できるだけ早く気持ちをリセットして、
淡々と、次のチャレンジに向かうことがとても重要ですね。

中学生の彼から、現在の私にとっても、
極めて重要なことを学ばせていただいたと感じます。

それにしても、「Abema TV」は、
藤井四段というスターにも恵まれ、将棋というコンテンツと共に
視聴者数を急激に増やしていて凄いですね。

サイバーエージェント藤田社長の
経営手腕の凄さと共に、時代の流れを感じ取る
センスの良さを感じずにはいられません。

注目を集めつつある「HIP HOP」、「麻雀」などと共に、
藤田社長の個人的な趣味でもあるようですが、
それも含めて、時代の「一歩先」を読める方だと思います。

追伸;
藤井四段が幼少の頃に遊んでいた
「知育玩具」が注目されていますね!

我が家でも、まずは目の前の興味があるものに
息子が飽きるまで、たっぷり遊ばせてあげようと考えています^^

◆本日は、笑顔で遊ぶ息子の写真です^^

http://bed-ex.jp/Lcc67306/616161

社長ブログランキング、「2位」が継続しています!

また「1位」を目指して頑張っていますので、
応援をお願いいたします!

こちらから、バナーをクリックしてくださいね^^

http://bed-ex.jp/Lcc67306/716161


これからも、有益な情報をお届けしていくことを誓います。

いつも、本当にありがとうございます!!




藤〇涼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

英語が話せるようになっても意味がない [最近の出来事]

会社社長、阿〇様メルマガシェアです。

英会話塾っていまだにあるんですよねきっと・・・・

今日は、そんな英会話にまつわるお話です。

それではどうぞ!!!
_____________________________

英語が話せるようになっても意味がない


こんにちは、阿〇 です。

僕は英会話スクールを経営していますが、正直言うと、
英語が話せるようになってもほとんどの人には意味がありません。

確かに、英語が話せると海外旅行に便利という点があるので
多少は話せた方がいいとは思いますが、あなたが想像するような
ペラペラになってもほとんどあなたの人生に役に立つ事はありません。

なぜなら、結局話せるようになったところで、
ほとんどの人にとって英語を話す機会というものはないからです。

というと、みんな必死で、「そんなことはない。役に立つ。」

と否定をしてきますが、残念ながら英語が必要な
機会というものはほとんどありません。

また、字幕なしで洋画がみたいという願望を持っている人もいますが、
映画は字幕があった方が楽しいです。

というのは、中途半端な英語知識では映画の微妙なニュアンスだったりを
汲み取ることができませんので、ただ意味がわかった程度になってしまい、
映画が結局楽しめないという点があるからで、
英語がまぁまぁ話せる人でも、字幕ありで洋画を観る方がいいと言っています。

では、英語は話せる必要はないのかと言えば、
僕はそれでも話せるようになった方がいいというのが結論です。

「一体どっちなんだ?」

って感じかも知れないですが、
英語が話せるという事自体は自分の自信になるし、
話せない人から頼られる存在になるからです。

要は、実用性としては正直そこまでですが、
自分の内面を強化するという点では
かなり有益なものであることは間違いないからです。

多くの人は、どこか自分に自信がないと思っている人が多いわけで、
それは自分は何もできないということがひとつの原因だったりします。

英語は筋トレと同じで、やれば誰でも必ずできるものなので、
英語を身につけることで自分にもできるようになるものがあるのだという
自信を持つ事ができるというわけです。

というわけで、英語を習得するには、そういった側面がありますので、
それをよく考えておくと良いでしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog