So-net無料ブログ作成

ぶっ飛び実業家:BTCリップルのお話 [お金]

計2515万2334円をコインチェックから海外送金してみました。

仮想通貨が法定通貨として、自分の国に出金できるのか、
これはぜひとも試しておかねばと想い、やってみた次第です。

入れてばっかりで何か大きな力にカモられてたらやばいですからね。

ご存知、ドバイ在住日本人投資家!といえば、
もうお分かりですよね?

ご存知、与沢先生のメルマガシェアです。

それではどうぞ!!
_____________________________
また、将来リップルがもし上がった時に、
どこでどうやって利食って、
どこに出すのか信頼できるルートがいくつかないと、
まずいだろと思ったからです。

今回はドバイのマルチカレンシー口座JPYに
送ったのですが届いたら、また入金履歴貼りますね。

今650万リップルもっていて、時価26.5円で1億7200万円です。

1億以上は法定通貨では取引所から、出金拒否とかなったら困りますね。

まして、妄想ですが、もし10倍になったら
17億も法定通貨は国際送金で送れないと思うんですよ。

少なくとも1回で送るのは、経験上、
マネロン防止など銀行レギュレーションから、無理だと思います。

そこで、時間と量を分散しながら、出していくしかないはずです。

そういう出口の予行練習をしておこうと思ったのです。

将来的には含み益だけ見ていても仕方ないですからね。

あとおよそ60BTC残ってるんですが、
7月に仮想通貨始めて、今回は初の利食いです。

82万ぐらいと、
さっき89万で少しまた追加して利食いしました。

BTCについては、このまま上がったら利確、
下がったら放置で、少しずつ利食って0にします。

というのは、リップルに比べ十分な量を買っていないので、
こちらで仮想通貨に投じたイニシャルの法定通貨を
少しずつでも回収しつつ、元本リスクをヘッジし、
最後はリップルのみでよいと思っているからです。

それにしても、ビットコインはすごいですね。

マジで。株じゃあ、こんな短期では無理。

参入が遅かった私でも、1.8倍ぐらい儲かってます。

あと、コインチェックへの全入金履歴を張っておきます。

7月に始めて入れてみたんだったなー。

USDが多いので、いくら入れたか
為替計算しないとようわかりませんが、
円で1億ちょっとだったかな。

確か109円ぐらいの時ドル入れてるんですよね。

そいえば、仮想通貨×裏技の情報ですが、
サーバーが止まっていたそうで、
登録できていない人が多かったので、
もう一度はっておきます(^^♪

見てみて下さい。
http://pkg.y-ml.com/_cs?m=main&c=1337&u=826


//////////////////////////////////////////////////////////////

配信者情報

[ 与沢翼 ]

[ 住所:31 BurjKhalifa Downtown Dubai UAE ]
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

FXって何の略? [お金]

電通脱出成功者!!

藤沢先生メルマガシェアです。

今回は(も)FXのお話です。

それではどうぞ!!
_________________________________
私が、FXを学んでいるkeiさんのご家庭に、
「第3子」となる男の子が誕生しました。

11月15日の早朝、オンラインチャットの
「チャットワークグループ」において、
産まれたばかりの赤ちゃんの写真がアップされ、
コミュニティの同志達が、歓喜に沸いたのです。

そして、当日の相場状況が大きな利益が狙えると
keiさんからご指示があった通りに、一気に動き始め、
メンバーの大半が、朝のエントリーから1日放置で
「70pips」以上の利確となりました。

まさに、新たな命「琉空翔(りくと)くん」がくれた
「ご祝儀相場」に、全員が感動しています^^

先日も、keiさんと家族同士でお食事会をした日に
「100pips」以上の利確となりましたし、
keiさんは、確実に「もっている!」ということが
改めて、証明されたと感じています。

昨日のFXセミナーでは、
参加者一同からのプレゼントとして、
皇室御用達の「自由学園 コルク積み木セット」
と、全員からの寄せ書きをkeiさんにお渡ししました。

その時の会場の、とても温かい雰囲気に、
このコミュニティに関われていることを、
とても幸せに感じました。

多くのFXトレーダーが、1-2年で巨額の損失を出し、
市場から撤退させられているという中で、
keiさんは、1日たったの「5分」というトレードで、
「5万円」を、「5年」で、「5000万円」にしています。

その資産は、6年目の現在、
もうすぐ「1億円」を突破する!
という状況になっています。

そして、そのFXトレードのすべてを継承するのが、
「kei承」というコミュニティなのです。

先月、私はkeiさんと共同で
「kei承」の体験セミナーを開催させていただき、
ご参加された皆様から絶賛していただきました。

この度、そのセミナーの映像の一部を、
keiさんの「第3子ご誕生記念」として、
ご興味ある方に無料でご覧いただこうと思います。

この映像をご覧になるだけでも、
FXで資産形成をする「真髄」を学ぶことが可能です。

新たな命を祝した、「特別無料公開」!

是非、このチャンスを逃さずに、
しっかりとご覧になってくださいね^^

http://bed-ex.jp/Lcc67306/117971



追伸;

我が家も、男の子の「第3子」を授かりたいので、
「第3子」出産まで「継承」できるように、
引き続き、keiさんと親しくさせていただいて、
近い未来にあやかりたいと願っております^^




藤〇涼
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

10倍、20倍、30倍・・・・ [お金]

超久しぶりの、せきねもん様メルマガシェアです。

とりあえずどうぞ!!!
___________________________________
どうも、せきねもんこと関〇義〇です。

先日シンガポールから帰国しまして、
今六本木のオフィスで一人もくもくと
ビットコインの価格を見守ってます。

来週は上海、そして再来週は台湾に行ってきます。

全部別事業で打ち合わせしに行くのですが
仮想通貨はキャッシュポイントがいっぱり有り、
全てを手に入れようとするとなかなかに忙しくなります。苦笑

飲み会での僕の自己紹介も↓

仮想通貨取引所の開発運営と仮想通貨の開発販売、
bitlifeというオウンドメディアの運営と
WEBマーケティングと不動産と誹謗中傷対策を行っています。

・・・と言ってるんですけどだんだん長くなってきました。

自由を手に入れながら稼ぎたいのであれば
僕みたいに馬車馬のごとく動いてる人間に
投資するのが一番手っ取り早いです。

勝手に稼いでくれますから。笑

それは今回募集する「ICOモンスター」にもつながります。

ところで前回、そして前々回のメールはご覧になりましたか?

こちらから見れるようにしておきました
ので見逃した方は見てくださいね。

前回メール
https://docs.google.com/document/d/1eKM9PEpWfRIVhifA3dkoNRDIR1pLLFcyFOJGuuZbF7E/edit?usp=sharing

前前回メール
https://docs.google.com/document/d/15z0aMo_vRiAmc1F5k1qf66nykuJtV5hsAJKA_uS9UtQ/edit?usp=sharing


今日は前回ちょびっと告知した「ICOモンスター」についての説明です。

まずICOの説明は前回しました。

仮想通貨には、プレセール → ICO → 上場

という3ステップを踏むものがほとんどということです。

で、この3ステップは言い変えれば

1,インサイダーで身内を稼がせるために安い価格で仮想通貨をばらまく

2,上場する前に公募増資を行い世界中から資金調達

3,上場して市場価格形成。流動性が担保されいつでも現金化可能に。

ということなのです。

ほとんどの人は「2」番のICO時に資金を突っ込みます。

そして、1番のときに資金を突っ込める人は
僕を始め、ある程度仮想通貨で何かしらの事業を展開している、
もしくは実績が無いと難しいのです。

運営側も無闇矢鱈に安い価格でバラマキたくはないですからね。

一方で1番の時点で資金を突っ込めば
ほとんどの確率で莫大なリターンを得ることができるのです。

※もちろんそもそも仮想通貨が「まともな」
仮想通貨であれば、という大前提ありきです。

じゃあ、一番楽してしかも圧倒的なリターンを得られる
ポジションはどこかといえば、

1番で投資できる人に対して投資すること。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

です。

このICOモンスターというのは
まさに、僕を含む世界中の投資家たちが
厳選したICOコインに対して、
「プレセール」期間中に投資をすることができるプロジェクトなのです。

多少初期費用を払ったとしてもICOモンスターに投資すべきです。

それが地球上最も賢いお金の稼ぎ方です。

僕自身も身銭切ってプレセール期間中に投資してます。
つまり僕自身もICOモンスター使ってます。

よくFXの自動売買等で、自動売買ソフトを
売ってるのに自分の身銭は運用してないなんてことがあります。

自分で不動産持ってないのに不動産売ってるのと同じです。

別に問題は無いんですけど、そんなに儲かる話なら
なんであなたはやらないの?って話です。

レーシックのお医者さんがメガネかけてるのと一緒。

世界一稼げると思ってるから僕自身もICOに投資しています。

ICOが爆発的に稼げる理由、それは前回もお伝えしましたが、
「市場」にあります。

仮想通貨の市場は「日本」じゃないですよ。
「世界」ですよ。

これが面白いんです。

おそらく、今までいろんな人間が
あなたにビジネスモデルを提案してきたと思います。

例えば僕自身も昔やっていた
(ってか今も自動化させてやってる)
「アフィリエイト」。

ブログを書いてアフィリエイト報酬を手に入れるにしろ、
SNSを育ててアフィリエイト報酬を手に入れるにしろ、
市場は「日本限定」でした。

そりゃそうです。

「日本語」をあやつり「日本の会社」が提供している
サービスに則りアフィリエイトし、
報酬を「日本円」でもらうのですから。


日本というのは世界の「60分の1」の世界です。

日本→世界に市場が広がるだけで
単純に儲かるチャンスが「60倍」になるのです。

世界には10代で世界を変えてしまうような
仮想通貨をほぼ一人で開発してしまう「バケモノ」が存在します。

バケモノは世界のどこかに存在し、
そんなバケモノが開発した仮想通貨に対して
いち早く投資したものが億万長者になるのです。

ビットコインだってそうです。

ICOこそしていないものの、サトシ・ナカモト 
という謎のバケモノを信じてビットコインがまだ1円くらいの時に
多額の投資をしていた人たちはスーパー億万長者になっています。

ちなみにICOでどれくらい儲かるかというのは
過去のICOバブルを見れば一目瞭然です。

10倍、20倍、30倍が当たり前。

100倍になってるものもたくさんある。

半端じゃない「バブル」と言っていいでしょう。

そして前々から僕があなたにお伝えしている通り
このバブルは人類史上最大のバブルであり、
人類史上、インターネットに次ぐ(いやそれを超える)革命であり、

バブルはまだまだ継続する見込み
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

だとお伝えしました。

このバブルに乗っかるか乗っからないのかはあなた次第ですが、
ここまで僕のメールを読んでいるからには一つ約束があります。

何か一つ行動に移してください
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ほんとなんでも良いです。

結構時間かけて毎回文章書いてるのに
何も行動せずに何も人生にプラスにならなかった、
なんてことがあったら書いてて虚しくなりますから。

何か行動してください。

それはICOモンスタープロジェクトに参加する以外のことでも構いません。

僕は基本参加したかったらすれば良いじゃんっていうスタンスです。

何も営業してません、参加しろとも言いません。

人それぞれいろんな状況がありますから。

でも何か一つは最低限行動に移してください。

大事なことなので三回言いました。

来週、10月30日(月)
朝5時から「ICOモンスター」の販売開始します。

このプロジェクトに参加すれば
あなたの何かが一つ変わる、ということは完全に保証できます。

30日当日はお申込みが混み合う可能性がございます。

事前予約をしておくとスムーズにご案内可能ですので
今のうちに事前予約の方、よろしくお願いします。



https://goo.gl/forms/iX71iZF2xX24jC1m1


ではでは・・・

せきねもん@関〇義〇
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

BTC大暴落の兆し [お金]

阿部社長メルマガシェアです。

今回は、ビットコイン系のお話が記載されてます。

それではどうぞ!!
____________________________
ビットコインは明日から暴落が始まる

こんにちは、阿〇だ〇じ〇う です。

話題の仮想通貨ですが、
ビットコインはおそらく明日から
明後日にかけて暴落をしていくことでしょう。

なぜなら、
ビットコインとビットコインゴールド
が分裂をするということは有名な話で、
それが25日ということなわけですが、
取引所によっては明日の時点でビットコインを
持っていた人にはビットコインゴールドが
付与されるというアナウンスがされているからです。

そうなってくると、
今ビットコインを保持している人の
多くの方の目当てはビットコインゴールドを
もらうことになりますから、
ビットコインゴールドがもらえると
確定した瞬間にどんどん売り抜いて逃げようと
思う人がたくさん出てくるからですね

これは、あっという間にものすごい
勢いで金額が暴落する可能性すらありますので、
ビットコインゴールドをもらって得を
しようと思って待っていたら
それ以上に暴落したら損するという
本末転倒になってしまう可能性があります。

というわけで、
ビットコインを持っている人は
くれぐれも逃げ遅れないようにしておかないと
すごくもったいないことをしてしまうので、

明日の動向からチェックをしておいた方が
いいでしょう。明日の15時ごろからと言われています。


もしくはビットコインゴールドは諦めて、
上がるといわれるイーサリアムに
今すぐにチェンジしておいた方が無難かもしれませんね。 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ぶっ飛び実業家:仮想通貨の近況レポ [お金]

ご存知大宮出身の、投資家!

与〇教授のメルマガシェアです。

もう、レベルが違い過ぎて、全然わかりません・・・・・

この内容わかる方、尊敬します。

それではどうぞ!!
_________________________________

今まさに仮想通貨暴落しているので私の考え書いておきます。

あんまり丁寧にくどくど説明する必要はないかとも思ってきたのですが、
私が仮想通貨始めて興味持った人もいるかと思いますし、
記載しておきます。

私としては強度の下落最中に
ハードウォレットに移行したぐらいなので、
今回の暴落については、なんとも思っていません。

ハードウォレットに移動すると売却はできないので、
どのレートに行っても売却するつもりがなかったということです。

私は、あまり世間のニュースとかを見て投資をしたり、
行動したりということがないです。

ドバイに来るときもドバイに未来はないと言われましたが、
ここに来なければ、今の私はなかったです。

これから話す私の意見はただの一投機家の戯言だと思って聞いて下さい。

本当におせっかい記事ですが、これで正真正銘の最後です。

ここからさらに大暴落してもこれ以上は触れません。

各自が考えて行動しましょう。

まず、以前からずっと思っていたことですが、
主だった仮想通貨の動きがビットコインに連動し続ける限り、
私が投じたXRPも報われないでしょう。

今の価格推移を見ていると、ビットコインが下落すると、
他の通貨は基本的にビットコインの下落率を超えて下落します。

確かに、海外取引所のマイナーコインの中では、
ビットコインの動静と無関係に上昇を見せるものなどが毎日少数ありますが、
24時間ボリュームで元々100BTCを
切っていたようなものが上がっているだけです。

売り板が薄いので買いたい人が現れると、すぐに値段を上に更新します。

また、一度も付けたことのない高値のレートにいくだけなので、
それ以前の含み損の解消成り行き売りや指値が入っていません。

そのため、ばっと50%とか上がりますが、
そのあたりで利食いしたい人が現れ、
後から途中で飛びついた人が今度は建値割れで
狼狽売りしますから、ほとんどは元の水準まで落ちます。

これ系に張るのはやめた方が良いと考えており、
特に1000万以上の資金だと買いたい、
売りたいの意志通りには全く進められないです。

簡単に言うと、希望指値が約定しません。

流動性が低いということの意味です。

流動性が低すぎるというのは、
買いたい人も売りたい人も、
ほとんど存在していないということです。

こういう例外のマイナーコインを除いて、主だったコインは、
ビットコインにほぼ連動しています。

この状態が続く以上、私の投資もビットコインの上昇に
完全に依存することになります。

コインチェック銘柄などは、基本的に何に張っても
間接的にビットコインに張っているのと同じです。

違いは、ベータ値です。

ビットコインが10%上がるときに、
5%しか上がれないか20%上がれるかということです。

逆もまたしかりで、
10%下がるときに、5%しか下がらないか20%下がるかです。

私が最近人気のコインに触れたことがないのは、その理由です。

値動きが正義、動くものが買われるのは分かっています、
と動画で伝えました。

しかし、逆に行ったときに、ベータが高いものほど、
大きく下がる可能性も高いと思ったからです。

そして、ベータ値が高いものが下がった時には、
二度と復活しないことがあるのは
株の世界ではよくあることです。

つまり、今後、下がったコインで
2度と高値に戻らないものが出てくると思っています。

暴落した後に、値を戻せるコインや高値を更新できるコインと、
二度と高値を更新できないコインとに分かれていくであろうと考えています。

そもそも、高値というのは常に更新できるものではなく、
永遠に幻の水準であった、という現象があります。

実際日経平均3万9千円を
日本は約30年かけた今も回復できていないです。

だから買われているものを買うという発想にもその点は注意が必要です。

次に3点目、投資の失敗は、損切してやめたときです。

損切しない限り時間軸を設定し、
その時にいくらになるかが全てです。

例えばですが、今仮想通貨が暴落しておらず、
XRPが27円とかで推移してたとしても
私はその金額では意味がないため、利食いしません。

なぜそうしないかというと利食い癖がつくからです。

これは短期投資ではないので、
利食い癖がついたらもう乗れなくなるんです。

今回は暴落という結果ですが、
仮に上がっていた時27円で利食いした私は、
28円で入るのに心理的な壁を生むと思っているからです。

上がる場合の早すぎる利食いは、
永遠の機会ロスとなるという反対側の配慮もあるためです。

法定通貨ベースでのXRPの建値は21.8円ですが、
30%取るために億の金を入れたわけではなく
10倍(1000%)取るために金を投じています。

ですから、今16円ぐらいですが、
私にとっては何も起きていないのと同じです。

なぜなら、銀行に貯金しておいても使い道がないので投じているため、
資金使途は元々ないからです。

例えばこういう仮説を取っています。

今から6か月後の2018年3月15日に
XRPの価格が建値の2倍になっていたら、
私は貯金のまま来年3月15日を迎えるよりも、
結果は良かったという想定です。

また、6か月後に建値の4分の1になっていたら、
建値の2倍になるまで待てばよいからです。

実際は10倍ターゲットです。

つまり上がるまで放っておけばいいのです。

ですから、落ちた後にでも、
上がる理由のあるコインでなければならないと思いました。

それから価格耐性のあるもの。

また、今年の2月にドバイ株のエマールというのに
投じる動画を全体に公開しましたが、
当時7.3AEDで入って今8.8AEDです。

その後横ばいが何か月も続き、今は7か月経過して、
20%上昇ですが株はこれぐらいが普通だったりします。

そう考えた時にある未来の時間軸を設定し、
そのポジションを取り、将来まで待つというのが投資です。

これをするためには、使い道のない金を投じること、
未来のその時点が来るまでは、
ポジションを動かさないことの2つが必要です。

また、上に10倍を見るためには、
下に10分の1を覚悟しなければならないのがベータの考え方で、
仮に10分の1になった後に10倍に戻りうるものに張る必要もあります。

これに関連して、10年後の姿が見えないものには投じないこと。

個別コインへの希望的な観測やマーケット全体への底上げ期待ではなく、
10年後にその姿が自分にとって見えないものに投じていれば、
上で話してきたことの前提は壊れます。

新しく登場したテーマは期待で語られる世界になりますが、
現実的に考えることが必要だと思っています。

次に、価格形成のロジックについてです。

株もそうですが、総じてマーケットプライスというのは水物です。

常に大口保有者がいてそれを特定株と言います。

特定株主は売買をしていないのに、株価は上がったり下がったりします。

特定株主の保有株数×株価で測られる彼らの資産は、
業績が上がっていても、減ることもあります。

株価は特定株主の売買動向に関わらず上下するからです。

なぜかというと浮動株(流動している部分)について、
簡単に言えば創業者から見たら他人が欲しいと思って買ったり、
要らないと思って売ったりするからです。

高くなったものでもさらにその値段で買いたいという人がいれば
売ってくれる人が枯渇するまで価格は上がります。

買う側からしたら、高値でも欲しいと思うからです。

逆に、暴落相場では、安値でもよいから売りたい、
法定通貨に戻したいと思う人が多くて、
買ってくれる人が強気になって、
いくら以下なら買ってやるという
買い手有利になるので価格は下がります。

つまり、価格というのは、かなり少数の人たちの心理によって、
上下しているということです。

もちろん特定保有者が売った時、帰らぬ価格になることはあります。

しかし、市場全体の狼狽売りは、
あんまり気にしない方が良いということです。

今回についても仮想通貨そのものは何も変わっていませんが、
価格は下がりました。

中国取引が減ると価格が安くなると思う投資家が多いということは、
中国頼みだったわけです。

短期投資家をふるい落とす自然現象だと思っています。

そもそもサーキットブレーカーがない市場で、
ストップ高の何倍も行くこともあれば、
ストップ安の何倍も下に行くこともあります。

下は嫌だけど上だけ取りたいはむしの良い話なのかと思います。

このマーケットに参加するということは、
ボラティリティを覚悟しないとならないということです。

I中国取引所停止は予想していませんでしたが、
私が織り込んでいたのは、以下の点です。

ICOというものが、
タックスヘイブンや経済弱小国以外の先進国においては、
今の形のままは到底認められることはないだろうなということ。

ベータの高いものほど下がった時に大きく下がるということ。

そして、下がった後に幻の高値を更新できない
コインが出るであろうということ。

ICOで集めたトークン発行者たちから
法定通貨に換える売りが出るであろうということ。

なぜなら、従業員の給料をビットコインやイーサリアム払いできる社会では
まだない以上、必ず調達したコインの一定の量は法定通貨にされる。

そうでなければ、組織運営はできないからです。

私もより有利な取得位置には失敗していることは自認しております。

しかし、バフェットの言葉でこういう言葉があります。

少しでも安く買おうとすることには実際上ほとんど意味がない

という言葉です。

長期投資においては、小さなリターンを積み上げるものではないからです。

ですから私は満足しています。

取得の決断ができたこと、手間をかけて調達し、
ハードウォレットに入れるまでに消失や盗難はなかったこと。

何より8月20日から本気で勉強したこの4週間は、
私の一生にとってはかけがえのない時間でした。

ここでの学びがまた人生を飛躍させると確信しています。

疑心暗鬼だったマーケットですが、大変勉強になりました。

少なくとも今後のアレルギーはもうないです。

最後に今後についての私の仮説です。

自分の考えなので、各流派の方には、ご理解とご容赦をお願いします。

1、ビットコインとリップルが連動しなくなったとき、
  私の投資は結果になると思っています。

2、XRPを大量保有し始める信頼の置かれている
  実態経済上のプレイヤーが現れるのではないかと思っています。

3、既得権や権力は、ビットコインを自身の経済、
  社会インフラには採用しないと思っています。

4、リップルは送金市場だけを見ているわけではないと思っています。

5、リップルは企業利益を積むためにソフトウェアという製品に
  落とし込んで世界に営業していると思っています。

  なんのために利益を積む必要があるのか、それは上場のため、
  ひいては継続企業になるためだと思っています。

少しだけ説明すると、1については、私がリップルの取得を
BTC経由で始めた0.000045から今回の一連の暴落を通じて、
対BTCでは値を下げてないです。

現在0.000051ぐらいです。

上昇率は13.3%です。

つまり、ビットコインのまま暴落を経るよりは
13%多くビットコインをもらうことができるということです。

ただし、これはあくまで私が今XRPを売った場合の話で
それはしませんし、意味がない話でもあります。

また、コインチェックを開いていただければ分かりますが、
対法定通貨においての下落率はも相対的にはxrpは小さいほうでした。

実はxrpというのは、流動性が少ないのです。

取り扱いをしている取引所もメジャーな通貨に比べ相対的に少なく、
出来高もそれほど多くありません。

暴落相場を経る場合は実は流動性は少ない方が良い場合もあります。

流動性というのは、いつでもストレスなく売れるという意味です。

いつでもストレスなく売れるものは、
売りやすいので暴落しやすいんです。

株式市場にあるサーキットブレイカーというのは、
売りたいのに売らせないわけですから、
流動性にストレスを与えているわけです。

今後、XRPを取り扱う取引所が増えた場合は、
もっと流動的なチャートになると思っています。

その時が上昇トレンドであれば追い風ですが、
今は急騰しては戻るというような仕手株、
ベンチャー株のようなチャートで、これではXRPもダメです。

次に2ですが、XRPは事業上のステークホルダーや株の投資家が
いずれ着眼して保有し、それを発表する日が来ると思っています。

次に3、既得権は、データの承認権限を管理下におけないものを、
インフラには使えないと見ています。

例えば三菱UFJが中国のマイナーに依存したデータ承認システムに、
顧客の預かり資産をリスク依存することは、
上場企業としては不可能なはずです。

開示資料になんと書けばよいのか私には分かりませんでした。

ただし、このこととビットコインの成功、
不成功は全く別次元の話です。

ビットコインは独立した金融資産になる道があります。

そしてまた、ビットコインの技術革新は常に起こりえるためです。

次に4ですが、事業を成功させる企業は、
必ず一つの明確な分野から入ります。

アマゾンは本だけを売り始めました。

グーグルは検索だけを始めました。

一つの分野を制しない企業や人がその後大きくなった事例はないはずです。

最後に5ですが、仮想通貨関連の会社に
ベンチャーキャピタルが出資したという
ニュースが流れることがあります。

先日もコムサを仕掛けるテックビューロがジャフコから
16億円を調達しましたね。

これはVCから調達をした全ての企業に言えることですが、
ベンチャーキャピタルの出口とは、売却か上場です。

このことを仮想通貨のマーケットは忘れがちで、
発行体に出資するということは、
コインの価格が上がることを直接的には求めていません。

コインの価格が上がることは発行体の純資産に含み益をもたらす限りで
株式価値が上がるにすぎないです。

もっと重要なことは、vcから見たら、投資先がエグジットできるかです。

そう考えた時に、グーグルも出資しているリップルは、
まずもってNY証券取引所に上場を目指している
と考えるのが私は自然だと思いました。

すると、なぜ彼らがコイン価格を上げることよりも、
ソフトウェア製品を作り、法人営業に力を入れているかも
合理的に説明がつきます。

それは、コイン価格が上がっても上場はできないからです。

コインを売り出す会社ではいつか保有分がなくなり
ゴーイングコンサーンではないわけです。

上場の要件は、利益を出していること、成長性が見込めることです。

利益を出すには、コイン価格を上げることよりも、
実態経済に営業しなければなりません。

まとめます。

今回の下落は私のXRP長期保有について
1%の疑いを挟む余地もないものである。

未来のある時点でどうなっているかを見るべきであり、
そのプロセスで市場がいくらをつけようが私には関係ない。

なぜならどのみち少しの利益では売らないのから。

狼狽するのは、短期利益を見込んでいた人だけだと思います。

思うに、仮想通貨マーケットもこれから
正常なあり方に進んでいくと思います。

XRPの現在価格が幻の最高値であると思うならば、
今すぐ切り捨てることになるわけですが、私にはそうは見えていないです。

投じた以上は、競争優勢性は、ただ保有すること以外にはない。

10年後の未来が自分の中で見えないものには投じない。

長期投資にリスクは不可避なので余裕資金でやって、
値動きは見ないことが正しい。

心理的に狼狽したり、切りたくなったりするなら、長期投資ではない。

入る前の覚悟が決まりきっていないということです。

また、私の意見につられて中途半端に真似すると
確実に損することになると思います。

ですから全くもって投資推奨していません。

私としては注目を集められるかなと
最初の動機はyoutubeのネタ程度に思って公開したつもりなのですが、
想像以上に市場が仮想通貨全体へのマイナス評価を始めてしまったので、
私が暴落をどう考えているのかだけは責任として書こうと思っただけです。

最後になりますが、リップルが送金市場を取れないこともあり、
このリスクは常にあります。

インフラというのはあれば便利という程度ではダメで、
なければ存在できないというものがインフラ足りえるものです。

送金ネットワークというのは、0か1です。

それを用いれば全てとつながるなら皆使いますし、
使わざるをえないんです。

逆に、そのネットワークに入ってもたいしてつながらないなら、
インフラにはなれず消えます。

以上です。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

仮想通貨規制で大大暴落!?!?! [お金]

阿部社長メルマガシェアです。 大荒れの仮想通貨状況!が記載されてます。 それではどうぞ!! __________________________________ 中国政府、仮想通貨規制で大大暴落 こんにちは、阿〇だ〇じ〇うです。 中国政府が仮想通貨取引所の 取引を9月末で全停止させるということになり、 仮想通貨の値段が大暴落を起こしました。 30%以上も下落する事態で、 先週までの高値で掴んでしまった人は踏んだりけったりでしょう。 まだ、値動きの動向はつかめていませんので、 値段が安くなったと飛びつくには早計かも知れません。 こういう時は、もう少し様子を見てからでもいいとは思います。 まだ下がるかも知れません。 ただ、中長期的に見れば、やっぱり仮想通貨が終わってしまう なんてことは考えづらいので、一旦値段が下がりましたから、 基本はチャンスと見て良いでしょう。 しかし、今後はビットコインというよりは、 他のマイナーコインがかなり台頭してくる可能性も高いですから、 しっかりと情報を取っておくことが良いでしょうね。 ちゃんとした情報を取って、しっかりと行えば、 銀行に定期預金なんかを入れておくより、 結局何百倍も得しますからね。 また、株価も動いていますから、 こういうときこそ株に関しても注目しておくといいでしょう。 こちらもしっかりとした情報を手にしておけば、 利益が相当上がる可能性はあるでしょう。  
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ビットコインの始まりは2009年!! [お金]

電通脱出成功者!!

藤沢先生のメルマガシェアです。

仮想通貨って、結構前からあったんですね?

そんな内容が記載されてます。

それではどうぞ!!
______________________________
仮想通貨の過去、現在、未来、
そして次に値上がる仮想通貨までがここで無料で手に入ります。

「5万円」を「1年」で「1000万円」にできる可能性がある情報です。

http://bed-ex.jp/Lcc67306/117031

『仮想通貨って何か怪しい。』

『仮想の通貨にお金掛ける意味がわからない。』

『基本、仮想通貨は詐欺ですよね。』

そんな方がまだ多いですよね。

でも、仮想通貨の存在意義、
仮想通貨の機能的な価値、
ブロックチェーン技術…

ちゃんと勉強している人から見ると、全く違った答えになります。

・ビットコインはまだまだ値上がる

・このアルトコインも必ず値上がる

・仮想通貨バブルはまだ続く

勉強すればするほど、そのような答えに至ります。

何となく難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、
こちらで無料でプレゼントされている

”仮想通貨未来予想マニュアル”

を読むだけでも、凄く分かりやすく理解できると思います。

以下のタイトルを見ただけで、あなたもきっと気になるはずです。

【仮想通貨ビットコインはいつ誕生したの?】

【2009 年 ビットコインの取引のはじまり】

【2010 年 ビットコイン実店舗での決済のはじまり】

【2011 年 ビットコインの注目&急激の高騰】

【2012 年 ビットコインマイニング半減期】

【2013 年 キプロス危機によるビットコイン急騰】

【2014 年 日本中でビットコイン=詐欺というイメージの 蔓延】

【2015 年マウントゴックス社長逮捕 日本でのビットコイ ンへの不信はぬぐい切れず】

【2016 年 仮想通貨法によるビットコインの投資・投機が 活発化、2回目の半減期】

【2017 年 史上最高額更新、仮想通貨元年、日本でも法整備開始】

【仮想通貨未来予想】

【ビットコインの終焉】

【値上がりが期待できる具体的なコイン】

仮想通貨の過去から、現在、そして未来予想。

全く仮想通貨を知らない人も、
仮想通貨投資をバリバリやってる人も、

とてもわかりやすく、実際に資産を拡大できる情報に溢れていますから、
ぜひ無料で読んでみて下さい!

http://bed-ex.jp/Lcc67306/217031




藤〇涼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

仮想通貨の今後の行方 [お金]

仮想通貨の今後の行方・・・・

こんばんわ!!Nishinoです。

ここ1週間でだいぶ価格が下落した仮想通貨市場ですが、
それでも7月くらいに比べれば、まだまだ高値水準であり、
底堅い強さを見せていますね。

マーケットの心理的には、
「まだ下がりそうだなぁ」「いや、値ごろ感あるな」
のはざまにありますからまだまだどちらに動くかはわかりません。

しかし、長期的に考えると、結局、仮想通貨が大暴落して
激安になるということは考えづらいと思っている人は多いので、
上がっていく傾向にあるでしょうね。

過去には、クレジットカードが怪しいと思われていた時代もあり、
一時的にクレジットカードがの価値がおかしくなったこともありますが、
結局、今クレジットカードを疑う人は誰もいないわけで、
長期的には、仮想通貨が下がるイメージは全くありません。

急落すると、すぐにオロオロしてしまう人が結構多いですが、
そもそも相場というものは、
上がったり下がったりを繰り返すものですから、
9月までで急騰したものが調整を迎えているという考え方を
するならば、仮想通貨は崩壊すると言っている人は、
何を言っているのはよくわからないというところですね。

おそらくポジショントークなのではないかと思います。

というわけで、
仮想通貨は短期的には動きがわからない部分がありますが、
中長期的には、やはり上がる傾向にあるでしょうから、
現物保有だったり、マイニングだったり、色々と仕込んでおくと、
のちのち良い思いができる可能性が高いですね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ぶっ飛び実業家:仮想通貨最新案件 [お金]

投資家!

与沢教授メルマガシェアです!。

それではどうぞ!!!
__________________________________
お待たせしました。

明日の24時で私が推薦する阿部君の仮想通貨スクールの
募集が終了となりますので、
これから貴重な動画を皆さんにまとめてお届けしていきます。

今から送る3本の動画はぜひ御覧ください。

大変分かりやすいと思います。

ただ、閲覧期限は先方との関係もあって
明日いっぱいにならざるをえないため可能であれば、
一挙に御覧くださいませ。

時間が少なくてとても申し訳ないのですが、
それぐらい時代の進展速度が速く、
私も、大変緊張感を持っています。

怪しいという声も多々聴きますが、
私も怪しいといって2015年に情報業界から来ていた
リップル購入の話を蹴りました。

これは本当で当時は号外広告でリップル取得の案件が
私のところに何度も発注され、
私は広告でそれを自分で配信し中も読んでいたのに、
リップルとかふざけてるなと笑ってました。

そしたら結果がこれです。

怪しいといわれているときが投資の花であることもあるという事例を
経験せざるをえなかったです。

私は、それが0.1円だった時から見て、
今は200倍の値段でリップルを取得しました。

これが私がリップルをバカにしたつけです。。

そう仮想通貨が突如私の世界に登場し、
自分のプライベートやその他の仕事、
他予定全てリスケして研究してきました。

それぐらいパンチ効いた値動きするからです。

1日の差というのがある世界なのか!と思ったのです。

焦りは禁物ですが、集中できたことに感謝しています。

この阿部君のスクールの価値を伝え終えたら明後日からは
一度現実世界に戻って、残っている仕事、
予定などしっかりとまずは蹴りつけてかえってこようと思っている次第です。

さて、雑談はここまでにして、それではお届け致します。

第1話
https://www.youtube.com/watch?v=Wz-L2NtmUCs

第2話
https://www.youtube.com/watch?v=CxFxACD5yg0

第3話
https://www.youtube.com/watch?v=z90Daooktwg

順番に御覧下さい。

与沢特別枠のスクールへのご参加はこちらとなります。
 → http://bit.ly/2vLEd83

特典としては、私が現時点で仮想通貨において調べ挙げたことを
全てシェアする、という講義動画にします。

これだけでも相当な価値になっているとは思っています。

本当ですよ。

アウトサイダーで後から入ったので、
どっぷりの人とは違う見方で私は見ているからです。

なお、仮想通貨は私よりも若い人から学ぶのは
とても良いと思っています。

どちらかというと、旧エコノミーに安住していた人は、
仮想通貨にやや乗り遅れた感があります。

私も今から全力で巻き返しますが、
阿部君の1年の経験をさくっと得られるのは、とても効率が良いです。

私も勉強させてもらいました。

ファクトムも今日材料が出て上がっていますし、
仕手とか言われてましたが、私は、本質的に良いものだと思ってました。

そして、投入額によるのですが、やってみればわかりますが、
とんでもないボラティリティで、
資産半減は1日で起きてしまう世界です。

それだとかなり厳しいです。

事実、情報戦になっていて、それが良いか悪いか別にして、
暗号通貨コミュニティには入っておいた方が良いかと思います。

そんな中私が一番良いと思った場所です。

頑張って勉強してきて下さい。

また特典として、
私の研究結果もここだけで特別にフルシェアさせていただきます。

与〇翼







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ビットコインの税金の取られ方 [お金]

こんにちは、西野浩司です。

2年くらい前から、しょっちゅう話題になる仮想通貨ですが、
遂に、税金がらみの規制をかけ始めようとしている様子です。

送金手数料が安いとか、せっかくのメリットを
壊しかねないのでは?

皆さんはどう思いですか?

それではどうぞ!!!
__________________________________

仮想通貨の乱高下が激しく、読みづらい展開になっており、
大暴落も予想されているため、気をつけて欲しいところですが、
国税庁から正式に、ビットコインを含む仮想通貨の
取り扱いが正式にHPでアナウンスされています。

以下、国税庁HPからの引用です。

======

[平成29年4月1日現在法令等]
ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、
 このビットコインを使用することで生じた利益は、
 所得税の課税対象となります。

このビットコインを使用することにより生じる損益
 (邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、
  事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、
  原則として、雑所得に区分されます。

(所法27、35、36)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1524.htm

======
これは、どういう意味かというと、
他の多くの収入と同じ扱いをされるということです。

株やFXの場合ですと、税率は一律20%になるのですが、
ビットコインはそういう扱いにはならないということですね。

ビットコインを含む仮想通貨は、
利益の最大55%の課税対象となります。(所得税+住民税)

年間でだいたい3000万円くらいの利益を出すことができた場合は、
1650万円の税金を取られます。

株で3000万円の利益の場合は、600万円しか取られませんが、
仮想通貨では多額のお金が取られるというわけです。

利益が出た場合は、申告して納税をしなければ、
脱税としてみなされますので、国民の義務として、
納税は必ずしなければなりません。

また、海外取引所で取引をしている場合は税金がかからない
などとわけのわからないことを言っている人がいますが、
それは脱税です。

仮想通貨という性質上、海外送金が簡単であることから、
税務署も実態を把握するのが難しいので、
見つからないだろうということで、
そういう言い方をしているのでしょうが、
脱税行為になります。

海外取引所にて、ビットコインのまま保有をしておけば、
課税対象にならないということを言っている人がいますが、
それも脱税行為です。

年初と年度末を比較して、利益が出ている場合は、
含み益も課税対象となります。

税務署も追いかけきれない場合が多くて捕まりづらい
ということをいい事に、脱税行為をしている人が
山ほどいますが、そういうことはしてはいけません。

とはいうものの、超お金持ちの人たちは、
いつも脱税行為を行っており、税務署とのいたちごっこを
繰り返しているのが現状なこの世の中なのですね。

海外にペーパーカンパニーを作り、海外口座で資産管理をして、
税金を免れている人は山ほどいるわけです。

毎年一部の人は捕まって、多額の支払いをさせられています。

しかし、仮想通貨が人気な理由は、税金から逃れるための方法が
たくさん考えられるためということもありますので、
今後も値段は長期的には、必ず上がってくることでしょう。

ただ、最近の状況を見るに、短期的には大暴落をする
可能性が多いに見られるので、一度決済をして様子を見る
というのもひとつ手だと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog