So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

5年で300億を手に入れられる時代・・ [最近の出来事]

藤沢先生メルマガシェアです。

TV離れのお話が記載されてます。

自分は、インターネットが流行る前から
元々TVをあまり見ない生活だったので
ピンときませんでした・・

それではどうぞ!!!
______________________
テレビ朝日の50代社員(ドラマP)が3年前、
心不全で亡くなり、労災認定されていたことが
発覚しました。

4月19日にも、報道局デスクの49歳の社員が
突然死したことが週刊誌で報じられたばかりです。

これらに加え、先日の女性記者を使った
政治家への異常な取材の方法を含め、
テレビ朝日に対する非難が続いています。

一時期は、
プロデューサー(P)の若返りに成功し、
業績も向上していたテレ朝ですが、
最も改革しなければいけない

「労働環境」や「報道のあり方」に

メスを入れられていなかったのです。

私は、会社員時代に
テレビ局との仕事が多かったですし、
親族や知人も勤めている業界ですから、
様々な真相を知っています。

だからこそ、
電通の過労死事件を報じていた各局は、
いつ、その牙が自社に向くかを
とても恐れていると感じていたのですが、
それが、いよいよ、現実になりました。

他局も今、戦々恐々としているでしょう。

インターネットの発展により、
本来であればテレビは、
もっと早くに弱体化していたはずです。

しかしながら、
既得権益を保持するために、
様々な施策でテレビを守ろうと
いう力が働きました。

そうして、無理に延命した結果が、
今のような自壊に結びついている
ように思います。

私は、映像の凄さを否定しません。

しかし、テレビは、電波料の極端な安さと、
競合排除の安全地帯の中で
利益を得てきたので、
ぬるま湯に浸かっていると、
生き残れません。

実際、Netflix、Amazonプライムビデオ、
AbemaTV等、
インターネットの映像放送サービスが
どんどん成長していて、
コンテンツの力も、
地上波を凌駕する勢いになっています。

10代、20代はテレビを見ない
のが当たり前で、
私が10代の頃は「テレビの見過ぎ」
が嘆かれていたのに、
今や、「テレビ離れ」が嘆かれているという
逆転現象が起きています。

日本は特に、テレビや新聞の情報を
鵜呑みにする国民で、
それにより能力低下が叫ばれていましたが、
さすがに、そろそろ、
危機意識を持った方が良いですね。

映像を作り込む力を身に付けたら、
Netflixのプロデューサーのように、
個人で5年で300億円を手にできる時代です。

私に近いテレビ局社員達は、是非、
そのような未来にチャレンジして
欲しいと思っています。

追伸;
「こどもの日」の兜をお掃除して箱にしまいました。

http://bed-ex.jp/Lcc67306/720251

すぐ片付けないと「嫁入りが遅れる」
と言われるお雛様に比べ、
兜はゆっくりでも大丈夫だという認識でしたが、
「出世が遅くなる」という地方もあるそうですね。

「そうなったらごめん!」と思いながら、
将来息子が選ぶ仕事は、
出世が必要な組織ではないでしょうから、
きっと大丈夫!かな?w

◆社長ブログランキング、
応援をお願いいたします!

http://bed-ex.jp/Lcc67306/820251

これからも、有益な情報を
お届けしていくことを誓います。

いつも、本当にありがとうございます!!



藤〇涼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。