So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
教育方針 ブログトップ
前の10件 | -

「集中する力」 を育てるタイミングの一つ [教育方針]

元電通社員!

藤沢先生メルマガシェアです。

教育に関する
非常に重要な事が記載されてました。

今の常識を子供に叩き込んだところで
5年後に
その常識は、真逆になっているかも・・・

子育て真っ最中の方、必読かも?

それではどうぞ!!!
_______________________
外遊びをすることで、子どもは、
自律神経、免疫、内分泌など、
生きていくために大切な身体の機能すべてを
安定化させるのです。

「鬼ごっこが遊びだと思う方は、
手を挙げてください」

私は挙手してしまったのですが、
天野先生は、
「この時間は鬼ごっこをしなさい!」

と、親や先生に言われてやる鬼ごっこは、
遊びでも何でもないと言います。

子どもが自発的にやりたいと思ったことを、
時間を忘れてやり続けることでこそ、
子どもの世界が拡がっていくからです。

そして、その中で夢中になる経験が、
大人になってから「集中する力」
を育てるのです。

ですから、大人の都合で時間を決めて、
その中でやることを決めることは
可能な限り避けた方が良いとのことです。

最近は、学校に加えて、
塾やその他の習い事など、
「大人のシステム」
に押し込まれる子どもが
どんどん増え続けています。

しかし、大人に教わる
その時代の常識なんて、
あっという間に変わっていきます。

「1人を殺せば犯罪者、100万人を殺せば英雄」

チャップリンが映画で引用して風刺した通り、
戦争の時代、ユダヤ人大量虐殺の時代には、
多くの人を殺した人が、英雄だったのです。

これから、日本では「18歳から成人」
となりますが、これをきっかけに、
日本の価値観も
何かがひっくり返ってしまうかもしれません。

永遠に、絶対的に、
普遍的な「正しさ」なんて無いのです。

教育で教えているのは、
「善悪」、「正誤」などの価値観ですが、
これらは、時代とともに
変わり行くということです。

親や先生がどんなに教えても学べないことを、
子どもは「外遊び」を通して、
「遊育」で学んでいきます。

それでは、
外で遊ばせるだけで良いかと言うと、
そんなに単純ではありません。

たとえば、砂場で、
「それはあなたのシャベルじゃないでしょ?
 その子に貸してって言いなさい!」

と言う親がいます。

せっかく、子どもが他の子どもとの境界線を学び、
コミュニケーションで問題解決能力を
養うという機会を、親が奪っているのです。

「大人の関係不全が、子供を引き裂いている」

と指摘され、私は胸が痛かったです。

私も、少なからず相手の親の視線を意識して、
社会全体が嫌っていることを感知した言動を
してしまっていたからです。

「子どもが主役になれる時間を増やしてください。
 やってみたい!と自ら感じる情動は、
 幼児期に急成長して、9歳までに完成します。

 その時期に、大人の都合で、
 大人の期待に応える子に育ててしまうと、
 思春期以降、無感動な人間になります。

 死にたいと言い始める子の親の大半は、
 そういう育児をしています」

息子が「息子の世界」を拡げ、
「私」を捨てずに生きていけるように、
父親としての向き合い方を
真剣に見つめ直したいと思います。

追伸;
息子が「ラーメンを食べたい!」と言うので、
近くにできた新しいラーメン屋に行きました。

http://bed-ex.jp/Lcc67306/820681

女性客が8割のDue Italian
「らぁ麺 フロマージュ」、
美味しかったですー^^

◆社長ブログランキング、
応援をお願いいたします!

http://bed-ex.jp/Lcc67306/920681

これからも、有益な情報を
お届けしていくことを誓います。

いつも、本当にありがとうございます!!




藤〇涼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

nice!(0)  コメント(0) 

遊ばないと、〇〇〇が死んでしまう!? [教育方針]

藤沢先生メルマガシェアです。

子育てにおける
大切なポイントが記載されてました。


大切か?大切じゃないか?

を決めるのは、人それぞれです。

私は大切と思いました。

それではどうぞ!!
______________________
「日本冒険遊び場づくり協会」
の事務局長であり、
「プレーパークせたがや」
の生みの親の1人でもある
天野秀昭先生の講演を、
息子の幼稚園で拝聴しました。

私は、池尻の「世田谷公園」や
駒沢の「緑泉公園」にある
手作りのブランコや滑り台などが
並ぶプレーパークに、
子ども達と頻繁に遊びに行きますので、
本日のお話をとても楽しみにしていました。

天野先生は、
「遊ぶことからしか学べないことがある」
とお考えで、それを「遊育」
という言葉で示しています。

「教育」は、「教えて」「育てる」のですが、
「遊育」は、「遊んで」「育つ」のです。

子どもが遊びながら、
主体的に育っていくことの大切さが、
この言葉に詰まっていると感じました。

最近の公園には、
「危ない!汚い!うるさい!」
と、子どもを叱る親もいらっしゃいますが、
そのような親は、これらの言葉の頭文字の通り、
「AKU=悪」です。

小さい頃に、
禁止事項を課さずに遊ばせることで、

「生きる力の根っこを育む」

ことができるようになるのです。

たとえば、
高いところに登ろうとする子どもがいた時、
AKUの親はこう言います。

「そんな高いところ、
 まだ登ったことないでしょ!?
 危ないからやめなさい!」

しかし、子どもはこう反論します。

「登ったことないから、登りたいんだよ!!」

子ども達は、
「僕は育ちたいんだ」
「世界を広げたいんだ」
「だから挑戦しているんだ」

という意識を持って、
全力で、自分の世界を拡大しています。

その過程では、痛い思いもするでしょうが、
それこそが、学びになり、成長につながるのです。

本日は、さらに、深い深いお話をお聞きして
とても感動しましたので、
もっと書きたいのですが、
息子の幼稚園が終わったので
お迎えの時間になりました。

息子も、私も、天野先生がご指摘の通り、

「遊ばないと、心が死んでしまう」

ので、続きはまた明日、
書かせていただきますね^^

追伸;
遅くなってしまった「父の日」。

昨夜は感謝を込めて、
京都料理をご馳走しました。

http://bed-ex.jp/Lcc67306/820671

3度目の正直で母を守ってくれて
、ありがとう!!
(写真では、両親の顔は隠しております)

◆社長ブログランキング、
応援をお願いいたします!


http://bed-ex.jp/Lcc67306/920671

これからも、有益な情報を
お届けしていくことを誓います。

いつも、本当にありがとうございます!!





藤〇涼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

nice!(0)  コメント(0) 

可愛い子には旅をさせろ? [教育方針]

藤沢先生メルマガシェアです。

てんやわんやしている内に・・
250万ゲット・・・

嘘そのような現実のお話が記載されてました・・・

それではどうぞ!!!
___________________
最近は、様々な場所へ息子を連れて行き、
父親の仕事姿、トレーニング姿を見せ、
息子の成長の機会にしつつ、私自身も、
誇らしい姿を息子に示せるよう、
襟を正す日々です。

そして、一昨日は、TAKA先生のトレード実践会、
昨日は、kei先生のセミナーと、それぞれ3時間、
息子と一緒にFXを学ぶ日が続きました。

途中でスマホのゲームをしたり、
私の膝に寝っ転がったりしながらも、
息子は何とか、最後まで騒ぐことなく、
静かにしてくれていました。

ところが、昨日はセミナーの終盤、
うたた寝をした息子を抱きかかえ、
皆さんと一緒にお食事に行ったところ、
パッと起きた息子が、

「ママに会いたい!」

「ママのご飯が食べたい!」

「もう帰る!!!」

と、急に泣き出してしまいました。

「つっくんが大好きなお肉だよ!」

となだめても、もう、涙が止まりません。

お店にいらっしゃる他のお客様にもご迷惑なので、
外に出て、妻に電話をして、
一生懸命説得してもらったのですが、

「ママ、早く会いたい!迎えに来て!」

と、一向にご機嫌が直らず、慌てて、
帰宅することにしました。

ただ、トヨタの東京五輪用
「JPN TAXI」に乗り込むと、
さっきまでの涙が嘘のように笑顔になり、

「このタクシーは初めてだね!
 新しい車の匂いがするね!!」

などと上機嫌に。

南国のスコールのような急変に
振り回されましたが、
さすがに2日連続、長時間、
私に付き合わせたのは失敗だったと
反省した次第です。

さて、保有していたFXポジションの利益は、
深夜に「100pips以上」まで到達。

こうして育児でバタバタしている間に、
「250万円以上」のお金が
勝手に生み出されていること、
なんだか当たり前に
感じてきている私がいますが、
本当に凄いことですよね^^

息子もスーパートレーダー
になってもらいたい!と願い、
FXの学びの場には,
積極的に息子を同伴してきましたし、
その時間に妻の育児の負担を
少しでも和らげられたら、
と考えていましたが、昨日のようになって
周囲の方にご迷惑をお掛けしないよう、
十分に、注意したいと思います!!

◆お食事中の不機嫌な息子と、
タクシーでの上機嫌な息子の写真です!w

「100pips」以上の証拠写真もアップしています^^

http://bed-ex.jp/Lcc67306/820331

社長ブログランキング、
応援をお願いいたします!

これからも、有益な情報を
お届けしていくことを誓います。

いつも、本当にありがとうございます!!



藤〇涼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
nice!(0)  コメント(0) 

勉強:パッション [教育方針]

藤沢先生メルマガシェアです。

今日いう方針の大きな違い?

どっちが正解とかという話でもありません!

子育て真っ最中の方にとっては、
面白い記事だと思います。

それではどうぞ!!!
__________________________

全米の女子高校生が、知性や才能、そして、
リーダーシップなどを競う「大学奨学金」コンクール
「全米最優秀女子高生」で優勝したボーク・スカイさんの
お母様・ボーク重子さんの本が話題になっています。

タイトルは、「世界最高の子育て」。

同コンクールで、アジア系の学生が優勝したのは
過去60年の歴史の中で、たった3回だそうです。

お母様は、日本の教育の良さも理解しながら、
アメリカの教育の素晴らしさを
積極的に家庭にも取り入れています。

一番の違いは、

「宿題をやりなさい」

「九九を覚えなさい」

「言われた通りにしなさい」

「それはダメ」

などという日本的な教育をやめて、

「私はこうしたけど、あなたはどうしたい?」

と考えさせる習慣を付けさせたことです。

その上で、学校の先生からの
様々なアドバイスに素直に従い、たとえば、
家庭の中で「20分間の空想」をさせたそうです。

空想をすると、自然に笑顔になって、
想像力が豊かになっていく。

そして、空想に飽きたら、
好きなことを見付けて、それに果敢に取り組む、
そういう好循環につながったとのことです。

そのようなプロセスで、
スカイさんは、バレエをやり始めて、
自ら、どんどん熱中していったのです。

さらに、家庭の中では「今日の成功ノート」を
お母様が積極的に書いて、お嬢様にも、
今日あった良いことを書き綴らせました。

日本の学校は「勉強」

アメリカの学校は「パッション」

好きなことに情熱を持って取り組むことの大切さを、
日本の教育との対比で深く理解できたからこそ、
その良さを最大限に発揮できたのだと感じました。

「他人と比較するのではなく、 
 その子の基準を見つけて見守る」

「子どもにとって、いちばんの安心できる場所が
 家族になりますように」

「幸せな子どもに育てたかったら、
 まずは親が自分を幸せにするように」

ボークさんのご見解、共感することがとても多いです。

我が家の子育てでも、早速、取り入れたいと思います。

追伸;
本日の写真は、1歳11ヶ月になった娘のお祝い会と、
また家族で見に行った桜の写真です^^

http://bed-ex.jp/Lcc67306/719701

◆社長ブログランキング、応援をお願いいたします!

本日も「1位」の攻防戦が続いております!

あなたの貴重な一票をお待ちしております^^

http://bed-ex.jp/Lcc67306/819701

これからも、有益な情報をお届けしていくことを誓います。

いつも、本当にありがとうございます!!




藤〇涼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
nice!(0)  コメント(0) 

ホームステイの辛さ知ってますか? [教育方針]

七★社長メルマガシェアです。

教育について、
本当に尊敬してます!!

中々お金があってもできない教育を
されている気がします・・・・

見習わなければ・・・

それではどうぞ!!!
______________________
七★です。

15歳の娘が、海外に2週間のホームステイに行ってます。

そしたら、うまくなじめなくて苦しんでいるみたいです。

下記にSOSのLINE画像公開

なんか今すぐに助けに行きたいのですが、
学校の先生が言うには、連絡を返してはダメなそうです。

その学校の卒業生が新卒にうちの会社にいるので、
どうだった?って質問したら、

ホームスティ先で、全然待遇が違うみたいで、
つらい子はつらいそうです。

でも、これで少しは親の有難みがわかるかな?

下記で、娘からのSOS LINEを公開!

http://expnh.jp/Lb152953/130551

24時間限定リンクです。


裏だから、こんなプライベートな画像も公開できますね。




nice!(0)  コメント(0) 

カラオケの採点機能 [教育方針]

元電通社員!

藤沢先生メルマガシェアです。

子育てのほっこりするお話が記載されてます。

それではどうぞ!!!
_____________________________
妻の体調不良が長引いてしまっていて、
妻を自宅で寝かせ、子供達2人を連れて、
3人で外出する日々が続いています。

児童館や公園などにも行くのですが、
息子がすぐに飽きてしまい、

「カラオケに行きたい!」と、、、

ついに、娘もカラオケの楽しさを知って、
親子3人カラオケが定着してきました。

そして、息子が最近覚えたのが、「採点機能」です。

自分の歌が自動で評価されることに驚き、
1曲ごとに、私と勝負しています。

もちろん、私はまだまだ負けないのですが、
息子は、自分の点数が出る度に、本気で悔しがっています。

私に負けることだけではなく、
全国平均の点数よりも低いことに、

「なんで!?こんなに大きな声で歌ってるのに!!」

などと言いながら、負けず嫌いを発揮します。

私は、息子が歌を嫌いにならないように配慮しながら、
「音程」のこと、「リズム」のことを少しずつ教えて、
遊びの中で、音楽教育を始めています。

「5歳でこんなに上手に歌えるんだから、
 これからどこまで上手になるか、楽しみだね!!」

そう言うと、息子もその気になって、
早く、全国平均以上になって、その先に、
私に追い付き、やがて、私を追い越す日を
心から楽しみにしています。

最近は、テレビでもカラオケの番組が多く、
小学生や中学生が、採点で100点を取る様子を見ます。

息子も、今からカラオケに通い続ければ、
あの子達のように上手になるかな、、、

そんな期待をしながら、今後、息子が望めば、
YouTubeやSHOWROOMを活用させていただき、
歌で表現するようなことにも、
一緒に挑戦していきたいと考えています。

さて、今回もカラオケの動画を撮ったのですが、

「上手に歌えていないからダメ!」

と、息子からまさかの公開NGが、、、

「でも、写真だったら良いよ!」

と、写真だけは許可してくれました。笑

こうして、自意識が芽生えていく変化を見られるのも、
育児の醍醐味ですね!

追伸;
息子の「小さな世界」:64.905点と、
私のMr.children「Sign」:91.124点の画像を
現時点の親子の実力差としてアップします^^

http://bed-ex.jp/Lcc67306/718631

いつ、抜かれる日が来るのか、、、

楽しみです!!

◆社長ブログランキング、今日も「1位」に感謝です^^

しかし!「2位」の方との差が僅かになってきました!

引き続き、「1位」を維持したいので、

是非、こちらからバナーをクリックして、応援してくださいね!

http://bed-ex.jp/Lcc67306/818631

これからも、有益な情報をお届けしていくことを誓います。

いつも、本当にありがとうございます!!


藤〇涼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

nice!(0)  コメント(0) 

理想の父親? [教育方針]

元電通社員!

藤沢先生メルマガシェアです。

自身の家庭環境が悪く、非行時代もあったというこの方が、
現在立派な子育て真っ最中のようです。

私からしたら、彼は、十分すぎるくらい立派な父親だと思います。

皆さんはどう思いますか?

それではどうぞ!!!
_______________________________
息子が生まれてきてくれてから「5年」が経ち、
妻のお義父さんと私の両親にも駆け付けてもらって、
私の自宅でお祝いをしました。

妻とお部屋のデコレーションの構想を練り、
手作りのお祝い空間での、アットホームな会。

「お金」よりも貴重な「時間」を掛けて、
息子にお祝いと感謝の気持ちを伝えたいと願い、
妻と一緒に企画しました。

こうして、夫婦が協力し合い、
支え合っていくことの大切さも、
息子には感じ取り、学んで欲しいと考えています。

5歳は、様々なことをスポンジのように吸収する、
とても重要な時期です。

だからこそ、スポーツや音楽などの素養も
どんどん身に付けさせたいのですが、
我が家において最も優先順位が高いのは、
家庭での「愛の教育」です。

妻と何度も話し合い、
愛の土台を築き上げることこそが
私達の使命だと確かめ合ったのです。

ただ、育児に関して、
偉そうなことを言える立場ではありません。

以前も、息子の育児における私の悩みを
吐露させていただいたのですが、実は、その延長線上に、
息子をどうしつけるかを、悩み続けています。

というのも、私は息子に対して、
厳しくすることができません。

たとえば、
「5歳になったら、自分で靴下をはこうね!」

「5歳になったら、おトイレは1人で行こうね!」

「5歳になったら、ご飯を1人で食べようね!」


このような約束を息子として、
妻と、このタイミングでしっかりしつけようと
少し前からカウントダウンしていたのですが、、、

私は、息子が5歳の誕生日を迎えた後も、ついつい、
甘えられると手伝ってあげてしまいます。

妻は、心を鬼にして、
「約束したんだから、ちゃんと自分でやるんだよ!」

と、しっかりしつけてくれているのですが。。

親が2人とも手伝わなくなってしまい、
パパもママも急に遠くに行ってしまったように感じて
泣いてしまう息子が、とても可哀想で、、、

約束を自ら破ってしまう有様です。

「ルールを守る大切さ」

も、今のうちに教えてあげたいのに、
子離れできない、甘い父親。。

まだまだ精進しなければなりません!!

年末年始は、また育児書に向き合い、
息子をどうしつけるか、
これから私が、どう子離れしていくか、
思案することになりそうです。

未熟な親ではありますが、
こうして悩むことができるのも、
息子が5年前に生まれてきてくれて、
元気に、健康に育ってくれているからこそ。

心から、息子に感謝するクリスマスです^^

◆5歳の誕生日を迎えた息子と、
お部屋のデコレーションの写真はこちらです!

http://bed-ex.jp/Lcc67306/618431

社長ブログランキング、応援をお願いいたします!

これからも、有益な情報をお届けしていくことを誓います。

いつも、本当にありがとうございます!!




藤〇涼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

nice!(0)  コメント(0) 

一蘭・九十九といえば、じゃん〇ら・・・ [教育方針]

電通脱出成功者!!

ご存知、藤沢先生メルマガシェアです。

仕事に出かけようとすると寂しくて不機嫌になる息子?

逆に言えば、それだけパパに魅力があるという事!!

私、西野ももっともっと魅力的なパパにならなければ・・・・

そんな内容が記載されてます。

それではどうぞ!!
______________________________
昨夜は、ある方との会食の予定だったのですが、
先方が体調不良で急遽キャンセルとなり、
夜が突然、「オフ」となりました。

(Aさん、くれぐれもお大事にしてください!)

そして、私が出かけることに不機嫌だった息子に、
そのお仕事が無くなったことを伝えると、
笑顔になって、跳ね上がって喜び、

「パパ、ドライブしよう!」

という展開に。

行き先も決めないまま、

「どこかで夕食を食べようか?」

と、渋谷周辺を走っていました。

すると、息子が何かを思い出したように、

「あっ、そこの信号、右!ここは左!」

と指示し始め、辿り着いたのが、
恵比寿の「九十九ラーメン」。

ここまでの道中、私や妻が、何度か、

「つっくん、どこに行きたいの?」

と聞いても、微笑むだけで、何も言わなかった息子。

心の中に描いた「目的地」に、
自分の力で辿り着いてみせたことに
とても驚きましたし、その成長を、心から喜びました。

息子は、1ヶ月半前に、ここに初めて来たばかりで、
その後は、私は息子と一緒の時に
恵比寿周辺を走った記憶が無いので、
息子の記憶力の凄さに圧倒されます。

そんな息子が選んだのは、
この前と同じ「魚介醤油とんこつラーメン」。

「この前とは違うラーメンにしたら?
 もっと美味しいかもよー!?」

と言ったのですが、断固譲らず、
目的の食べ物に一直線なところも、
なんだか男らしく感じました^^

私は浮気者なので、
今度は「トマトチーズラーメン」に!

爽やかなイタリアン料理のような味わい、
これもクセになるのですよねー!!

ということで、4歳にして完全に、「九十九」にハマった息子。

前回、ここに来た時に書いた記事では

「インフルエンサー」を取り上げましたが、
息子がこのペースで成長すれば、
そのうち、YouTube等をフル活用して、
ラーメンの「食レポ」をするなど、
あっという間に私を超えたインフルエンサーに
なってくれそうです!

不法就労で逮捕者を出してしまった「一蘭」も、
私は個人的には大好きな味なのですが、
息子にはまだ、あの空間は早いかなー?

息子の中では今、「九十九」一択!でしょうが、
私は、一緒に色んなところに行きたいと考えております^^

◆「九十九ラーメン」での家族写真はこちら!

http://bed-ex.jp/Lcc67306/1118132

社長ブログランキング、「1位」争いが続いております!

引き続き、応援をお願いいたします!

いつも、本当にありがとうございます!!


藤〇涼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

nice!(0)  コメント(0) 

教育方針の違い・・・ [教育方針]

電通脱出成功者!!!

藤沢先生メルマガシェアです。

今回の話題は、教育方針について記載されてます。

それではどうぞ!!
_____________________________
妻「パパ、翼が幼稚園のお友達を引っ掻いて、
  血が出るほどの怪我をさせちゃったんだって!」

私「あらら、、、でも、集団で行動すれば、そういうこともあるでしょ。
  自己主張の始まりなんじゃない?」

妻「ちょっと、、、パパは甘過ぎるよ!もっと、しつけに協力してよ!」

先日、久しぶりに夫婦喧嘩のようになったのが、
最近の育児の悩みのきっかけです。

私は、母子家庭で育ち、父親の愛が不足したことに
大きなコンプレックスを持っています。

ですから、息子を「叱る」ことができません。

この子の「心」は、決して傷付けたくない、、、
と思うので、どんなに悪いことをしても、

「いいよ、いいよ、そういうこともあるよ」

と流してしまいます。

一方、妻は、高校生の時に母親がいなくなり、
父子家庭になった家庭で、母親が家庭のことを

「しっかり見てくれなかった」ことに
コンプレックスを抱いています。

ですから、子供達のために、「しつけ」を含めて
真剣に向き合いたいと考えているのです。

同じ片親の私達でも、「存在しなかった」のと、

「存在したけど、関わりがなかった」

という大きな違いがあるのです。

今回のケンカのことをきっかけにして、

「おしり」「うんち」「ちんちん」

のこと、「パパなんて、大っ嫌い!!!」

のことなど、振り返って疑問に感じていたことを
皆様にご意見いただきました。

そして、そのすべてに、妻と一緒に目を通して、
夫婦で改めて、育児に対する思いを合わせることができました。

私の媒体ですから、私を擁護していただくご意見が
多かったと思いますが、そのバイアスを勘案して、
妻と共有しながら、一歩進むことができました。

ケンカのことに関しては、
妻の立場としては、怪我をさせてしまったお友達の
親御さんとの関わりや、クラスの先生や校長先生との
コミュニケーションにおいて、矢面に立つのが妻なので、
私は、もう少し妻を慮った言動をすべきだったと反省しています。

一昨日、昨日、本日と、私の育児の悩み
「3部作」のようになってしまいましたが、
また何か、ご意見・アドバイスをくださいますと幸いです^^

追伸;
本日の写真は、有馬温泉でゆったり湯につかる息子です!

http://bed-ex.jp/Lcc67306/1018052


このように「のんびり」「ゆったり」育てたいのですが、

そろそろ、心を鬼にして、
しつけをしてあげるべきなのでしょうか??

◆社長ブログランキング、応援をお願いいたします!

http://bed-ex.jp/Lcc67306/1118052

これからも、有益な情報をお届けしていくことを誓います。

いつも、本当にありがとうございます!!


藤〇涼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
nice!(0)  コメント(0) 

「おしり」「うんち」「ちんちん」 [教育方針]

電通を脱出成功者!!

藤沢先生メルマガシェアです。

教育方針について、
夫婦で全く違うベクトルに向いちゃっている家が
私の家です・・・・

そんなこんなで、
今回は、教育に関する悩みが記載されてます。

それではどうぞ!!
____________________________
最近、育児で少しだけ悩んでいることがあります。

息子が面白がって言い始めた、

「おしり」「うんち」「ちんちん」などに、

どう反応してあげれば良いのか、、、ということです。

これらの言葉を大きな声で叫んで喜ぶのは、
子どもが言葉を「コミュニケーションの道具」として
認識した証だと捉えています。

言葉が自由に使えるようになったからこそ、
誰かを笑わせたり、気を引こうとして、
わざと言っているのも、理解できます。

ただ、これらに寛容になり過ぎて、
下品な言葉ばかりを使うようになってはいけないと、
時々、ふと我に返るのです。

昨今、ブームになっている「ウンコ漢字ドリル」は、
280万部を超える驚異的なセールスになっており、
子どもにとって「下品な言葉」がどれだけ愛されるのか、
証明されたように思います。

「勉強」と「エンタメ」を融合させたことで、
漢字の学習に、間違いなく、革命を起こしたのです。

(迷惑に感じている親御さんもいらっしゃると思いますが)

その功績は凄いのですが、「ウンコ」と、
家庭で堂々と使って良い言葉なのか?
それを笑い続けて良いのか?

疑問に思うことがあります。

特に敬遠するのは妻の方で、
たとえば、私が息子と一緒に、

「ちんちん!」

と言いながら遊んでいると、
嫌悪する表情で見ていることがあります、、、汗

私自身は、未知の世界に対する好奇心で一杯の頃、
思いっきり好奇心を満たす言動をさせることが、
大人になってからも、好奇心に溢れた活動的な人間に
育つのではないかと考えているのですが、、、

楽観的過ぎるでしょうか?

育児書を多読してきた私ですが、
この疑問への「正解」はあまり見当たらず、
各家庭の中で方針を固めていくべきことなのだと
感じています。

お子様をお持ちの皆様は、
どのように対応されているでしょうか?

4歳の息子を持った父の素朴な質問として、
アドバイスくださいますと幸いです^^

◆息子の「やんちゃ」が全開の写真です^^

http://bed-ex.jp/Lcc67306/918031

社長ブログランキング、応援をお願いいたします!

これからも、有益な情報をお届けしていくことを誓います。

いつも、本当にありがとうございます!!




藤〇涼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 教育方針 ブログトップ